MMA
インタビュー

【INVICTA】日本人2人目の快挙! 村田夏南子が目指す“金メダル”「泥臭い試合だったけど、自分が決めた道を全うしたい」

2019/11/05 15:11
2019年11月1日(日本時間2日)米国カンザスシティで開催された「Invicta FC 38」にて、日本の村田夏南子が、米国のエミリー・ドゥコッティを相手に「Invicta FC世界ストロー級(-52.2kg)王座決定戦」5分5Rに臨み、判定2-1(48-47,47-48,49-46)で勝利。同級王座を獲得した。 試合では、桜庭和志から直に許可をもらったカナコマシンのマスクと『Speed TK Remix』で入場した村田は、ドゥコッテイの右インローや左ハイを受けながらも打撃で打ち負けず、序盤からテイクダウンを奪い、ヒジ&パウンドを当て、5Rの激闘の末、判定勝利。戴冠を果たした。 同団体でベルトを巻いたのは、元Invicta FC世界アトム級王者で現RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加に続いて日本人では2人目で、村田は2016年4月の「RIZIN.1」でのプロデビューから12戦目で快挙を成し遂げたことになる。 中学まで柔道で国際大会で優勝するなど活躍した村田は、高校ではレスリングに転向し、2011年ブカレスト世界ジュニア選手権55kg級で優勝。同年12月の全日本選手権では吉田沙保里に敗れたものの、第一ピリオドにおいて2ポイントを奪うなど健闘。2012年12月の吉田が欠場した全日本選手権では初優勝を果たしている。 かつてのライバルたちが東京オリンピックを目指すなか、総合格闘技(MMA)で世界一を目指すと決めた村田は試合後、王座戴冠を「最低ラインはクリアした」と、語った。 ──王座戴冠、おめでとうございます! 「ありがとうございます」 ──まずはタイトルマッチを終えた、率直な感想を教えてください。 「うーん、5分5R、すごく泥臭い試合だったと思うんですけど、5分5R戦えたことをプラスに考えたいです」 ──事前の作戦で出来たこと・難しかったこともあったかと思います。 「打撃とタックルを組みあわせてテイクダウンに行ってたんですけど、相手のタックルのデフェンスが思った以上に出来て──自分が焦った部分もあったなかではありますが──自分は思ったよりうまくいかず、でも、うまくいかなかったことのときも想定しながら練習をやってきて、試合中にも考えることができたので、そこは想定外でも想定内でした」 ──コーナーマンとしてついた山崎剛Me,We代表やキリアンコーチの声が音声にも入っていました。村田選手も聞こえていましたか。 「はい。みんなの声は聞こえていたんですけど……言われていたことをやれた部分もあったんですけど、やるのを躊躇った自分もいました」 ──右クロスを当て、左の蹴りなどもいつもより当てていたかと思います。やるのを躊躇った部分というのは? 「左の蹴りをもっと出せと言われていたんですけど、相手のカウンターが来るという先入観があって、行けなかったところもありました」 ──ドゥコッテイは前戦で相手の右ローにカウンターの右ストレートでダウンを奪ってパウンドアウトしてますから、勇気がいる蹴りだったと思います。5R、ドゥコッテイの腕十字をまたいではいましたが少し深く入りました。あのときヒジは大丈夫でしたか。 「大丈夫でした。大丈夫だったんですけど……反省点もあって、自分のヒジ打ちが効いていたのは分かっていたので、ヒジを打ちたい・打ちたいと思うばかりに前に手が出すぎてしまって十字に持っていかれたのはよくなかったです」 ──試合後、両コーチとハグをしました。会場からは「カナコー」という声援もありましたが、日本からも会場に駆け付けた応援団がいたようですね。 「はい。お母さんが来て、Me,Weで一緒に練習している方々も応援に来てくださいました。ありがとうございました」 ──試合後、お母様とは会えましたか? 「お母さんが……ベルトを肩にかけてくれて……写真を撮りました」 【写真】Invicta FCのシャノン・ナップ代表とチャンピオンベルトとともに。 ──よかったですね……。こうしてInvictaのベルトを獲ってこれからどんな目標を持っていますか。 「ただでさえ満足できる試合ではなくて、泥臭い試合だったんですけど、ベルトを獲るという最低ラインはクリアできました。でも、ここで満足してたら上には登っていけないので、もっと上を目指して練習して頑張っていきます」 ──「もっと上」というのは、試合前に「ベルトを獲って世界一のUFCで戦いたい」と話していた、その舞台ですか。 「そういう舞台でしっかり戦っていけるような選手にどんどんなっていきたいです」 ──2020年には東京オリンピックが開催されます。柔道、そしてレスリングで村田選手も金メダルを目指していました。今回、MMAでチャンピオンベルトという金メダルを獲得したわけですが、当時凌ぎを削っていた選手たちの活躍は刺激になりますか。 「自分の後輩たちや練習してきた仲間たちが、東京オリンピックを目指している姿は刺激になるし……自分は、レスリングからMMAを始めた時、世界一になりたいと思って始めました。もう、このMMAをやろうと決めて、腹をくくってやっているので、自分が決めた道を全うしたいなと思っています」 ──試合後にありがとうございました。いまは大きな痛みとかないですか。少し顔が腫れていましたけど。 「フフフ、顔腫れてますよね。大丈夫です。計量後も腫れてるって言われましたから。食べ過ぎ、飲みすぎで(笑)」 ──試合が終わったのでリカバリーする必要ありませんから、あまり祝勝会で食べすぎないように、お気をつけください(笑)。 「はい、大丈夫です!」 試合後、村田は「キリアンコーチ、山崎さん本当にありがとうございます! これからもご指導よろしくお願いします! みんなの応援のおかげでインヴィクタのチャンピオンなることができました!」とあらためて周囲に感謝の言葉をツィートすると、「これからはもっともっと強くなってモンスターなるんでこれからも応援よろしくお願いします!」と、王者としてさらなる怪物化を約束している。通行手形を手にした村田の次の舞台は、どこになるか、注目だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.326
2023年5月23日発売
MMAフェザー級特集。表紙の斎藤裕からクレベル・コイケ、鈴木千裕、金原正徳、UFCホロウェイらが登場。注目のフライ&バンタム級、6.3 K-1 WGPミドル級T、7.9 ラジャ2階級制覇に挑む吉成名高も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア