AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【修斗】年間MVPは世界ストロー級王者・猿田洋祐が受賞! 年間ベストバウトは内藤頌貴vs小堀貴広に=2018年修斗年間表彰

2019/01/31 00:01
【修斗】年間MVPは世界ストロー級王者・猿田洋祐が受賞! 年間ベストバウトは内藤頌貴vs小堀貴広に=2018年修斗年間表彰

(C)サステイン

2018年に行われたプロフェッショナル修斗公式戦を対象に、マスコミ、関係者、そしてファンによるTwitterアンケートから「2018年修斗年間表彰」が選出された。各賞は以下の通り。

◆MVP(年間最高選手賞)

1位 猿田洋祐(世界ストロー級王者/和術慧舟會HEARTS)

2位 安藤達也(フリー)

3位 佐藤将光(世界バンタム級王者/坂口道場一族)
4位 斎藤 裕(世界フェザー級王者/パラエストラ小岩)
4位 箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)

《解説》年間最高選手には猿田が2位の安藤から3倍以上の票数を集めダントツの受賞。2018年は3戦2勝。階級変更後無敗の快進撃が続く。2階級制覇を目指した田丸戦では終始有利に試合を進めるも1発の後ろ廻し蹴りで負傷し3年振りの黒星。王者となっても積極的に試合出場を続ける猿田が初受賞。2位に選出された安藤は1年振りの戦線復帰から3戦全勝。

◆2018年 年間ベストバウト

1位 内藤頌貴 vs 小堀貴広(2018.12.15 新宿FACE)


2位 小巻洋平 vs 箕輪ひろば(2018.9.23 後楽園ホール)


3位 佐藤将光 vs 齊藤曜(2018.11.17 後楽園ホール)


4位 猿田洋祐 vs 田丸 匠(2018.7.15 後楽園ホール)


5位 小谷直之 vs キャプテン☆アフリカ(2018.11.17 後楽園ホール)

《解説》ファンからの後押しを受け、ダントツの選出となった年間最高試合賞。攻守が目まぐるしく入れ替わるシーソーゲームに会場も大声援を送った。熱い意地がぶつかり合った熱戦が受賞。2位にはインフィニティリーグ公式戦が選出。この試合箕輪はKO or 一本でフィニッシュしなければ優勝の可能性が潰え、小巻は引き分けまで持ち込めば優勝という状況にあった。しかし小巻は引き延ばす事は選ばず、開始から勝負を挑んだ。箕輪も必死にフィニッシュを狙い最後は箕輪が勝利!リーグ戦ならではの緊張感が生んだ熱戦が2位に選出された。

◆MIP(2018年を通して最も成長したと思われる選手)

1位 小巻洋平(リライアブル)※MOBSTYLESpresentsインフィニティリーグ2018優勝

2位 楳沢智治(AACC×SPIDER)


3位 倉本一真(修斗GYM東京)


4位 箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)


5位 平川智也(MASTER JAPAN)


5位 久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)

《解説》インフィニティリーグ2018を征した小巻が受賞。2位の楳沢から3倍以上の票数を集め選出された。2位の楳沢は同リーグ戦での奮闘が選出理由となった。42歳を迎えた鉄人は成長を止めない。特筆すべきはリーグ2位となった箕輪戦での完封勝利。もちろん今後、3回戦での再戦も今後考えられるだろう。その他の注目は2018年に5戦を戦った久保村ヨシTERU。長野で地道に活動する久保村は貪欲に試合に出場。その経験を地元の生徒に伝え、長野からプロ昇格選手を輩出する等、修斗普及に務めるている。この経験が実を結ぶ日は近いだろう。

【2019年サステイン主催大会】
プロフェッショナル修斗公式戦スケジュール

3月24日(日)東京・ニューピアホール
5月6日(月・祝)東京・後楽園ホール
6月8日(土)東京・新宿FACE
6月30日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場
7月15日(月・祝)東京・後楽園ホール
9月22日(日)東京・後楽園ホール
10月20日(日)東京・新宿FACE
11月24日(日)東京・後楽園ホール
12月22日(日) 東京・新宿FACE
※現在までに決定している日程

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事