シュートボクシング
ニュース

【SHOOT BOXING】MISAKIが再起戦でNJKF王者MARIと激突。村田聖明の弟・村田義光が石本裕一と対戦=2月11日(月・祝)『SHOOT BOXING 2019 act.1』後楽園

2019/01/25 10:01
【SHOOT BOXING】MISAKIが再起戦でNJKF王者MARIと激突。村田聖明の弟・村田義光が石本裕一と対戦=2月11日(月・祝)『SHOOT BOXING 2019 act.1』後楽園

(C)SHOOT BOXING

 2月11日(月・祝)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2019 act.1』の追加対戦カードが発表された。
 SB日本女子ミニマム級1位MISAKIが参戦、NJKFミネルヴァ ピン級王者MARI(ナックルズGYM)との対戦が決定した。


 MISAKIは昨年7月に開催されたGirls S-cup 48kg世界トーナメント一回戦でイシス・バービックに判定勝ち。準決勝でイタリアの強豪イリアーナ・バレンティーノに判定で敗れ、世界トーナメント初出場ながらベスト4入り。9月には地元・愛知でタイ強豪ラットチャプロンから完封勝利したが、11月には、保持していたJ-GIRLSミニフライ級タイトル初防衛戦で寺山日葵に接戦で敗れ、王座陥落。今回が再起戦となる。


 対するMARIは右ストレートを得意とし当時キャリアが浅いながらも2015年に開催されたGirls S-cup 48kg日本トーナメントの出場メンバーに大抜擢。一回戦でベテランの紅絹に敗れたが、追い込む見せ場も作った。
 MISAKIは他団体王者を撃破し、再びMIOの持つタイトル挑戦をアピールするのか、それともMARIが番狂わせの勝利を起こすか。


 その他、前SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明の弟、村田義光(シーザージム)が昨年12月に初KO負けを喫してからの再起戦、石本裕一(GONG-GYM坂戸)と対戦する。
 なお、出場を予定していた笠原友希(シーザージム)はケガのために欠場となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事