AbemaTVAbemaTV
ボクシング
ニュース

メイウェザー来日、年末格闘技興行の開催は微妙になるも「2020年の最初にも大きなことができるかもしれない」

2019/09/13 16:09
メイウェザー来日、年末格闘技興行の開催は微妙になるも「2020年の最初にも大きなことができるかもしれない」

メイウェザー自身は年末開催を諦めていないようだったが、TMT JAPAN側は来年以降という意向のようだ

2019年9月13日(金)都内にて、プロボクシング世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(アメリカ)が記者会見を行った。

 メイウェザーは「また日本に戻って来られて嬉しく思っています。日本に来るのはいつもハッピーです。私と私の日本のスタッフには様々なプロジェクトの計画があります。昨年末、日本に来た時の興行(RIZN大晦日大会)がとても大きな成功になったので、次のレベルに進んでいけるのではないかと思います。ジャスティン・ビーバーとは友人なので彼のコンサートもできるんじゃないかと思います」と挨拶。


 前回来日の際には年末に『TMT』と題した格闘技イベントを開催すると発表したが、大柴哲TMT JAPAN代表取締役は「大きなイベントはタイミングもございますので、少しずつ計画はしていますがなかなか実現は…まだ時間がかかるかな」としたが、メイウェザー自身は「年末にできればいいなと考えています。スタッフと話はしています。タイミングが合えば実現する。私もエキシビションという形でなにか実現する可能性はある。2020年の最初にも大きなことができるかもしれないと考えています」と、年末開催を諦めていないとした。そのエキシビションマッチの相手については「名前は上がっていますが、ここではお話しすることはできません」と笑った。

 また今回、TMT JAPANのCMOに就任した徳弘浩平会長は「年末の可能性が全くないわけではないですが、会場の都合があります」と言い、対戦相手候補については日本人選手ではないとし「名前は言えませんが大物です」と話した。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事