キックボクシング
ニュース

【KTK】鈴木万李弥がエネルギッシュなマッスルトレーニングで躍動、14日に釜山でアジアタイトルマッチ

2024/07/10 12:07
【KTK】鈴木万李弥がエネルギッシュなマッスルトレーニングで躍動、14日に釜山でアジアタイトルマッチ

脚だけでなく全身のワークアウトも出来るエクササイズバイクで鍛える鈴木(C)鈴木万李弥

 2024年7月14日(日)韓国・釜山のBEXCO国際コンベンションセンターで開催される女子キックボクシング大会『KTK CHAMPIONSHIP 16』に、鈴木万李弥(クロスポイント吉祥寺)が参戦する。

 イ・ジウォン(韓国/Team DS Bimoo)とライト級(-58kg)ASIA CHAMPIONSHIP3分5Rで対戦。



 鈴木は空手のバックボーンを持ち、2016年にキックボクシングでプロデビュー。MMAでは2勝3敗の二刀流ファイターとして活躍し、エキシビションマッチながら中井りんとも対戦経験を持つ。流血もいとわない激しいファイトを信条とし、付いたキャッチフレーズは“流血のマドンナ”。そのルックスも含めて多くのファンからの人気を集めている。K-1 GROUPには2022年3月から参戦。クロスポイント吉祥寺に移籍して2023年7月に1年1カ月ぶりの試合を行ったが、☆SAHO☆に敗れK-1グループで初黒星。10月の「第6代Krush女子フライ級王座決定トーナメント」では準決勝で麻央に敗れ連敗を喫した。戦績は11勝(3KO)7敗。

 ジウォンは小学6年生からアマチュア大会に出場し、2009年大韓ムエタイ協会新人賞、2011年大韓キックボクシング協会国家代表選抜戦金メダルなどを獲得し、2010年10月に韓国のE.M.A PROMOTIONが開催した『J-GIRLS KOREA』にてJ-GIRLS韓国-50kgトーナメントを中学3年生で制した。2010年12月には『J-GIRLS』に初来日し、三堀美弥子に判定勝ち。2013年には『K-1 ASIA MAX』で“世界一美しいキックボクサー”として話題となったエカテリーナ・ヴァンダリーバと対戦。それまで20勝無敗だったが初黒星を喫した。

 2014年8月には17歳でシュートボクシングに再来日し、『GirlsS-cup2014 World Tournament』の1回戦でロレーナ・クライン(一時期RENAのライバルだった)に勝利。準決勝で女子ムエタイ戦士のティーチャーに敗れた。その後は『クンルンファイト』を経て『GLORY』に参戦。3戦して全て敗れているが、サラ・ムサダック、アネッサ・メクセンといった世界トップファイターと拳を交えた。その後、活動を休止していたが2023年7月に復帰して小倉えりかに勝利している。


【写真】バトルロープに励む鈴木(C)鈴木万李弥

 契約体重は58kgで、鈴木の最近の試合では重い体重となる。18戦行っている鈴木だが適正階級はまだ探っている段階で、58kgは試すという意味もあるようだ。

 その鈴木が自身のSNSにて、エネルギッシュなフィジカルトレーニング中の動画を公開。バトルロープとエクササイズバイクのトレーニングだが、どちらも全身運動でまさに全身の筋肉が躍動している動画だ。普段より重い階級ということ、対戦相手が韓国人ファイターということでパワーを必要とする。

 トレーニングの成果を発揮し、強豪を破ってアジア王座を手にすることが出来るか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア