キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】龍聖と久井大夢が激突!山田彪太朗の負傷欠場で“切り札カード”発動「とてつもないパワーのある試合をしたい」(龍聖)

2024/06/18 19:06
 2024年6月23日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催されるKNOCK OUTのビッグマッチ『KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT“BLAZE”』(U-NEXT配信)の緊急記者会見が、18日(火)都内にて行われた。  今大会のセミファイナル、スーパーファイトのKNOCK OUT-BLACK -56.0kg契約3分3R延長1RでKNOCK OUT-BLACKフェザー級王者・龍聖(MAJESTIC/Team KNOCK OUT)との対戦が決まっていたシュートボクシング日本フェザー級王者・山田彪太朗(シーザージム)の負傷欠場が発表された。  14日の深夜にシュートボクシング協会から山口元気KNOCK OUT代表に連絡が入り、山田が仕事中(小学校の給食調理員)にスライサーのようなものに手が巻き込まれ、指が切れて切断しかけたほどの重傷(左中指不全切断)を負ったことが知らされたという。全治1カ月だが、組織壊死する可能性や感覚障害を残す可能性が高いとの診断を受けた。 「本人は『出たい』と言っていたようですが、1日待ってみたがとても出られる状態ではない。KNOCK OUTとしてはビッグイベントなので、セミファイナルの龍聖が欠場というわけにはいかないと思い、考えた中で久井選手が6月に出たいとアピールしていたことを思い出し、お父さん(会長)に電話したところ『ちょうど電話しようと思っていた』と。いつでも行けるように体重調整もして練習もしていたとのことで、お願いしますと急遽出場が決まりました。  龍聖サイドにも伝えたところ『やりたい』と言っているとのことで、KNOCK OUTにとって意味のある試合になりました。両選手に感謝します。REBELS、KNOCK OUTで育ってきた2人がセミファイナルでタイトルマッチをやるのは意義深い試合になったかと思います」と山口代表。  代替選手として白羽の矢が立ったのは、KNOCK OUT-BLACKライト級王者&元KNOCK OUT-REDスーパーフェザー級王者の久井大夢(TEAM TAIMU) 。  久井はKNOCK OUTアマチュアで3階級制覇を達成後、2022年4月大会でプロデビューしてKO勝ち。12月の王座決定戦に大抜擢されると新田宗一朗に2RでKO勝ちし、わずか3戦目でKNOCK OUT-REDスーパーフェザー級王座に就いた。2023年7月にはK-1に乗り込んでBigbangフェザー級王者・龍斗から勝利を収め、9月には大谷翔司に判定勝ちでKNOCK OUT-BLACKライト級王座に就いて17歳にして2階級制覇を達成。  12月にはトンミーチャイに判定勝ちするも、2024年2月のチュームーシーフー戦で敗れ2度目の黒星。6月にはNJKFにてテーパブットに延長戦で勝利し、プロ戦績を9勝(3KO)2敗とした。また、8月4日の『KNOCK OUT 2024 vol.3』ではクンクメールのチョット・サレイヴァントン(カンボジア) との対戦が発表されていた。  試合は【AMON Jewelry Presents】KNOCK OUT-BLACKスーパーフェザー級王座決定戦3分3R延長1Rで行われる。  久井は「タイトルマッチで相手も龍聖選手なのでめっちゃ気合い入っています。必ず勝ちます」との意気込み。龍聖は「試合まで1週間切って受けてくれたのは久井くんのおかげなので感謝したい。今までにない感情というか、対戦相手は好きじゃないけれど久井くんは嫌いじゃないので、新生・龍聖の凄いパワーのある試合を見せられるんじゃないかなと思っています」と話した。  フェザー級からスーパーフェザー級に階級を上げることになる龍聖は「57.5kgは前回もキツくてパフォーマンスがよくなかった。今回は減量も無理ないですし、いい感じではあります」とスーパーフェザー級転向も視野に入れていたというが、「とりあえず今回やってみてですね。(フェザー級で)いろいろな夢のカードもあると思うので。57.5kgに落ちないわけではないですし、これから100%スーパーフェザー級でと決めているわけではないです」と、今回やってみて決めたいとした。  KNOCK OUTが誇る若き王者同士、“切り札”とも言えるカードが緊急事態できられたことになるが、久井は「今回この大会に出たかったので。最近、減量失敗も多いじゃないですか。だからいつでも出られるように父と身体を作ってきていて、今回のオファー自体は驚いたとかはなく、相手が龍聖選手でタイトルマッチということでより気合いが入りました」といつでも出られるように準備していたから問題ないとし、龍聖も「僕も常に練習していますし、久井くんも練習していると思うので、身体の問題はないのかな。対策の問題はあるかもしれないけれどお祭りの大会だし、それは関係なく2人で吹っ飛ばしたい」と意気込む。  2人の交流は普段あったのかとの質問には、久井は「控室で喋ったりはしていました。あと最初のタイトルマッチの時に名前を出してもらったのが初めてかな」、龍聖は「特に練習したりメシに行ったりはないけれど、久井くんの試合は見ていたし、K-1で試合をした時は応援も行ったし、個人的にファイトスタイル、目つき、生意気な感じが昔の自分と被ると思って見ていました」という。  互いの印象を聞かれると、久井は「強いと思っています。自分がデビューして2年、ずっと上におった存在やったので乗り越えたいと思う」とし、龍聖は「一番の印象はサウスポー。現代スタイルというか、ムエタイ、空手、ボクシングなどいろいろないいところを取った今どきの旬の戦い方をしている。あと身体がデカいと思うので長い左ストレート、サウスポーらしい攻撃に気を付けたい」とする。  ビッグマッチのセミファイナルでどういう試合をしたいかと問われると、久井は「僕は勝ちに徹したい」と龍聖に勝つことだけに専念したいと答えたが、龍聖は「僕は勝ちに徹しないし、久井くんが徹するなら俺は倒せないのかなと思う。2人ともKNOCK OUTの生え抜きの選手なので、いろいろなカードがあるけれどとてつもないパワーのある試合をしたいですね」と、そんな意気込みでは自分に勝てないとすると共に生え抜き同士で凄い試合をしようと言い放つ。  久井は以前から龍聖と戦いたいと「思っていました」と言い、「今回急なオファーでもずっとイメージしていたのがあるので問題ない」と、戦う日が来るのに備えてイメージしていたという。対する龍聖は「僕はあまりなかったですね。僕は57.5kgだったし、久井くんが60kgだったのでこれからもっと身体が大きくなるのかなと思っていたので」と交わることはないと思っていたと対照的。  戦いたいと思っていたとはいえ、このタイミングで今なら勝てるという自信はあったのかとの質問に久井は「勝てると思っています」と答え、龍聖のこれまでの活躍を見て「自分もそうなっていかなあかんし、憧れているだけではあかんというのがあるので今回勝って超えようと思います」と超えていきたいとした。  龍聖は初めて下から追い上げて来る相手と戦うことになり、「感慨深いですね。僕は17でデビューして今23歳。気持ちは19歳で止まっているので(笑)。今までは自分がそういう立場だったので、そうなったんだなと思ってちょっとびっくりしています」とし、その相手と「真正面からぶつかりたいですね。これからのKNOCK OUTはもちろん、間違いなく日本のキックボクシング界・格闘技界を担っていく選手だと思うので。僕も負けじとそうなっていくつもりなので頑張ります。これだけではなくもう1回対戦があるかもしれないし、3度目もあるかもしれない。それは分からないですけれど、まだ早いぞっていうのは見せたいですね」と語った。  この試合に勝てば龍聖は2階級制覇、久井はREDルールとBLACKルール両方の王者となるわけだが、久井は「ベルトはその階級のトップの証明になるし、龍聖選手は現時点で日本のトップやと思っているので、そこに勝って僕がトップになろうと思います」と国内最強の証明になるとし、龍聖は「特に今回はベルトにはそんなに想いはなく、ラッキーくらい、おまけくらいにしか思っていないですね」とタイトル自体にはそれほど興味がないとする。  それにも関わらず、いつになく嬉しそうな表情をしているのは「給食当番(山田)より全然燃えますね。認めている選手の一人ですし、ワクワクします。お祭りだなっていう。楽しいです」と、久井と戦うことにワクワクしているからだと答えた。  とはいえ、山田に関するコメントを求められた龍聖は「大きな怪我で気の毒な想いです。自分の身体が一番なので、しっかり休んで回復させて欲しいですね。体を労わって欲しいです」と気遣った。  2人のコメントを聞いていた山口代表は「メインが鈴木千裕と五味隆典のボクシンググローブという変化球なので、実質龍聖の試合がKNOCK OUTを代表するキックボクシングのメインだと思っていたけれど、さらにこうなったことで観てくれる皆さん、選手の皆さんに“これがKNOCK OUTだ”というものを見せられる試合になった。純粋なキックボクシングのメインだと思っています」と、両選手に期待をかける。  途中「勝ちに徹する」と発言していた久井だが「一番盛り上げたい。一番見ている方が楽しい試合をしたい」と龍聖の想いに呼応した。  最後に山口代表は「選手の欠場というアクシデントからこの短い期間で、KNOCK OUTとしては一番いいカードを決めることが出来たと思っています。デビューからREBELS/KNOCK OUTでやっている生え抜きの2人なので、その2人が代々木のビッグマッチでタイトルマッチで対戦を迎えるのは、スクランブル発進ですが何かいいものを見せてくれる予感がします。龍聖も言っていましたが、この後またやるかもしれないというストーリーが出来てくるのかなと本当に楽しみにしています」と総括。 「本当に良かったです。金曜日は五味選手が『俺はもう試合をしない』と言いだして、東林間に行って説得した帰りに山田選手欠場の連絡を受けて泣きそうになりましたからね。その中で五味選手も試合をしてくれることになり、龍聖も最高の形で試合を組むことが出来て嬉しいです」と語った。  なお、両者が現在保持している王座については「現時点ではそのままで、今回獲った後どうするかは本人と話し合って決めたい。元々、久井選手は龍聖とやりたいと目標にしていた。57.5kgで交わることはなかったが、ここで交わるのは縁があるのかなと思っています」と、両方保持するのか返上するのかは本人たちの意思に任せるとのこと。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント