MMA
ニュース

【UFC】平良達郎、アレックス・ペレスがともに計量パス!「UFC日本大会を開くのは僕の夢。そこでもメインイベントで戦いたい」(平良)

2024/06/15 07:06
 2024年6月15日(日本時間16日)、米国ラスベガスのUFC APEXにて開催される『UFC Fight Night: Perez vs. Taira』(UFC Fight Pass/U-NEXT配信)メインイベントのフライ級(5分5R)で対戦する、同級5位のアレックス・ペレス(米国)と、13位の平良達郎(THE BLACKBELT JAPAN)が14日(同15日)、同地にて前日計量に臨み、両者ともに無事、計量をパスした(※平良インタビュー)。 ▼フライ級 5分5Rアレックス・ペレス(米国/チーム・オーヤマ)5位 25勝8敗(UFC7勝4敗)126ポンド/57.15kg平良達郎(日本/THE BLACKBELT JAPAN)13位 15勝0敗(UFC5勝0敗)※UFC5連勝中 126ポンド/57.15kg  平良、ペレスともに126ポンド(57.15kg)と、フライ級の王座戦以外で許容の+1ポンドのリミットちょうどでパス。  大きく両腕を広げてガッツポーズを見せた平良に対し、ペレスは小さく胸の前で両拳を握ってガッツポーズを取った。  前日の会見では、ラスベガスのUFC APEXでの試合が多いことについて、「海外での試合は多いですが、もう慣れています。“家に帰って来た”ような感じで試合に集中しています」とリラックスした表情で語っていた平良。  ペレスについては、「経験のあるオールラウンダー」と評し、「どの局面でも、どの作戦でも戦えるようにしてきました」と、MMA25勝8敗(UFC7勝4敗)でスタンドも組み技も強いベテランとの対戦に向け、沖縄とコロラド・エレベーションファイトチームでのキャンプで万遍なく練習してきたという。 「試合を決める鍵」を「気持ち、ジャパニーズサムライソウル、サムライスピリッツ!」と答えた平良は、試合展開を「世界に僕の実力を見せて、衝撃を与えたいと思います。ノックアウトかチョークで勝ちたい」とフィニュシュ決着を予告している。  フライ級5位のペレスとの試合を「ステップアップになる」と位置づけ、7月28日の『UFC 304』で行われる同級のムハンマド・モカエフとマネル・ケイプ戦を「モカエフvs.ケイプ、その勝者とやりたいです」。もちろん「希望はパントージャ」と、ペレスに勝利すれば、次が次期挑戦者候補同士の試合、あるいはパントージャが持つ王座に挑戦したいとした。  目指すは、「日本人初のUFC世界チャンピオン」だ。  日本ではRIZINバンタム級王者の朝倉海が、王座を返上し、UFCと契約したことをリング上で報告したばかりで、平良のライバルが増えることになる。そのことについて問われた平良は、「まあまあ日本人のファイターが増えて、自分も負けじと頑張っていきたいと思います」と、負けないように頑張ると語るにとどめている。  その目標の過程で、もうひとつ夢がある。2017年9月の『UFC Fight Night: Saint Preux vs. Okami』以来、7年間開催されていないUFC日本大会の再開だ。 「UFCの日本大会を開くのは僕の夢でもありますし、そこでメインイベントファイターとして戦いたいです」──大きく、そして確かな夢を背負って、平良は日本時間16日(日曜・朝8時開始)にUFC APEXのメインのケージに上がる。 「今年1発目の試合なので楽しみにしていてください。僕自身、明日、自分がどんな戦いをするのか楽しみですし、期待に応えます。押忍! 明日、やってきます!」(平良)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント