MMA
ニュース

【RIZIN】平本蓮と篠塚辰樹がリングイン、平本は朝倉未来戦に「凄い試合内容が面白いことになる。ボコボコにします」、朝倉未来「平本なんかと戦っている場合じゃない」、篠塚は「楽しみにしていて」

2024/06/09 17:06
 2024年6月9日(日)東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催中の『RIZIN.47』のリング上に、平本蓮(剛毅會)と篠塚辰樹(MASTER BRIDGE/剛毅會)が登場。  現地時間7月12日(金)米国カリフォルニア州テメキュラで開催される『BKFC FIGHT NIGHT PECHANGA』で、アメリカのケイリー・カプリオ(Cary Caprio)とベアナックル・ルールで対戦することが決まっている篠塚は「来月全米デビュー決まってるから楽しみにしていて。アメリカ遠いけれどPPVで見れるから応援よろしく」と挨拶。  7月28日(日)さいたまスーパーアリーナ『Yogibo presents 超RIZIN.3』にて、朝倉未来(JAPAN TOP TEAM)との対戦が決まっている平本は「7月は凄い試合内容が面白いことになるので楽しみにしてください。それだけです。内容で魅せます。ボコボコにします。楽しみにしてください」と宣言した後、「あとYA-MANと目が合うと不幸になるので、みんな気をつけてください」と悪態をついた。  一方、平本登場の後、後半戦の合間に朝倉未来が朝倉海とともにリングイン。 「まずこのRIZINチャンピオンの肩書きあるなかで海をUFCに送り届けてくれてありがとうございます。主催者からしたら、お金になる選手を出すのは大変なこと。すごい誇りに思います」と榊原CEOに感謝の言葉を述べると、「弟がUFCに行くなかで、俺は平本なんかと戦っている場合じゃないけど、本当に今JTT(ジャパン・トップ・チーム)凄い環境で、マジで強くなってます、俺。圧倒的に勝ちます。楽しみにしていてください」と、平本戦の圧勝を宣言。榊原CEOから「未来も『UFCに行く』って言わないよね」と、笑顔で心配されていた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント