MMA
ニュース

【PANCRASE】『格闘代理戦争』で活躍したギレルメ・ナカガワがバンタム級でプロデビュー、原田惟紘と対戦。ボンサイ柔術・佐藤ゆうじも参戦=6月30日(日)『PANCRASE344』昼大会

2024/06/04 12:06
 2024年6月30日(日)東京・ニューピアホールで開催される『PANCRASE344』(昼大会/U-NEXT配信)に『格闘代理戦争』で活躍したギレルメ・ナカガワ(ボンサイ柔術)がプロデビュー。バンタム級(5分3R)で原田惟紘(G-face)と対戦する。 ▼バンタム級 5分3R原田惟紘(G-face)2012年NBTフェザー級優勝・12勝7敗2分ギレルメ・ナカガワ(ボンサイ柔術)プロデビュー  ボンサイ柔術のギレルメ・ナカガワは、幼少時より柔術を習い、色帯時代にボンサイ柔術に移籍。2022年のJBJJF全日本紫帯フェザーで優勝するとオープンクラスではチームメイトのムリーロ・タケシ・ソウザとクローズアウトし、大会後に茶帯に昇格している。ASJJFドゥマウインターナショナルで茶帯デビューし、階級&無差別でWゴールドとなると、11月に黒帯に昇格し、MMA転向を決意。  DEEP浜松など、アマチュアMMAルールで連戦連勝で、2024年3月から『格闘技代理戦争』にクレベル・コイケ&ホベルト・サトシ推薦選手として参戦。  初戦を69kg契約で諸石一砂を1R 腕十字に極めると、準決勝のフェザー級戦ですでにプロ4勝1敗の中村京一郎を相手に、先にギレルメがダウンを奪いながらも、3R TKO負け。その後優勝を果たす中村と『格闘代理戦争』史上に残る名勝負を繰り広げた。5月の前戦では、金原正徳推薦の佐藤藏ノ介を1R ストレートフットロックに極めてタップを奪っている。  アマチュア13戦12勝1敗、10試合で一本勝ちを収めているギレルメだが、『格闘代理戦争』は「3分3R」のフェザー級以上の戦いだった。今回のプロデビュー戦はユニファイドと同じ「5分3R」のバンタム級戦。  本人は、かねてからプロでは一階級下げてバンタム級で戦う意思を示しており、体格的に階級上に挑んでいた『格闘代理戦争』から、適正階級であるバンタム級の5分3Rでどんなパフォーマンスを見せるか。  対する原田は、MMA12勝7敗2分のベテラン。2009年にプロデビューし、2010年のPANCRASEデビューから怒涛の5連勝。2014年に牛久絢太郎に判定負けも、2016年のPANCRASEでは清水俊一に一本勝ち、COROに判定勝ちで連勝。その後、福島秀和、合島大樹相手に連敗も、2023年11月の福岡『BLOOM.01』で5年ぶりに復帰し、上田祐起にフルマークの判定勝ちを収めている。  当初は、同大会で10位の谷内晴柾と対戦予定だった原田だが、谷内の負傷欠場で試合は中止に。今回のギレルメ戦を受ける形となった。オーソドックス構えでトップからの寝技を武器とする37歳の原田は、23歳と若い柔術家を相手にMMAのキャリアの差を見せるか。チームメイトの上田将年とともに九州からチャンスを掴む参戦となる。  また、ギレルメのセコンドには、サトシ&クレベルがつく可能性もあり、豪華な顔ぶれがニューピアホールに揃いそうだ。 ▼プレリミナリー バンタム級 5分3R渡邉泰斗(サツキジム横浜)0勝1敗佐藤ゆうじ(ボンサイ柔術)1勝0敗  渡邉泰斗は「2023アマチュアMMA全日本選手権 フェザー級 オープントーナメントA優勝」。2024年2月の「第30回ネオブラッドトーナメント一回戦」でプロデビューし、宮下将に腕十字で敗れている。  対する佐藤は、ボンサイ柔術のギレルメの盟友。2023年8月の全日本ノーギ柔術選手権アダルト青帯オープンクラス優勝後、2023年9月のDEEP浜松でアマチュアルールながらトクナガ・ディエゴを1R ニンジャチョークで極めて、2024年5月のDEEP浜松大会でプロデビュー。夏目涼祐(禅道会豊橋)を1R、ヒザ十字に極めて初陣を飾っている。 [nextpage] PANCRASE 344(昼)決定カード 2024年6月30日(日)12時30分開始ニューピアホール  ▼フェザー級 5分3Rキム・サンウォン(KOREAN TOP TEAM)2位中田大貴(和術慧舟會HEARTS/武蔵村山さいとうクリニック)7位 ▼フライ級 5分3R上田将年(G-face TEAM緒方道場)眞藤源太( KINGCRAFT) ▼フェザー級 5分3R糸川義人(TURNING POINT MMA)#12位 3勝3敗 2022年NBT同級優勝小森真誉(ロータス世田谷)13勝8敗 ▼フライ級 5分3R大野友哉(THE BLACKBELT JAPAN)小林了平(SONIC SQUAD) ▼バンタム級 5分3R原田惟紘(G-face)2012年NBTフェザー級優勝・12勝7敗2分ギレルメ・ナカガワ(ボンサイ柔術)プロデビュー ▼第30回ネオブラッドトーナメント フライ級準決勝 フライ級 5分3R饒平名知靖(K太郎道場)山崎蒼空(マッハ道場) ▼ストロー級 5分3R渋井宏行(パラエストラ千葉)※デビュー戦日向優希(新潟イエローマンズ) ▼プレリミナリー バンタム級 5分3R渡邉泰斗(サツキジム横浜)0勝1敗佐藤ゆうじ(ボンサイ柔術)1勝0敗 [nextpage] PANCRASE 345(夜)決定カード 2024年6月30日(日)16時45分開始 ニューピアホール ▼ミドル級 5分3R内藤由良(リバーサルジム横浜グランドスラム)第15代同級王者 5勝ディラン・オサリバン(米国/キルクリフFC)佐藤天推薦 5勝1敗 Dylan O'Sullivan ▼フェザー級次期王座挑戦者決定戦 5分3R平田直樹(トライフォース柔術アカデミー)2位・7勝2敗Ryo(グランドスラム/RINGS)3位・第3代THE OUTSIDER 70-65kg王者・5勝4敗 ▼ライト級 5分3R西尾真輔(宇留野道場)10位神谷大智(BRAVE GYM)11位 ▼フライ級 5分3R大塚智貴(CAVE)4位山崎聖哉(BRAVE GYM)6位 ▼ウェルター級 5分3R渡邉ショーン(暁道場)武者孝大郎(マスタージャパン東京) ▼バンタム級 5分3R友寄龍太(パラエストラ西東京)鈴木陽介(今成柔術) 【中止】▼バンタム級 5分3R谷内晴柾(Blue dog gym)10位 ※谷内が負傷原田惟紘(G-face)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント