MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来、平本蓮戦の作戦を公表「俺は簡単に平本からテイクダウン取れます」「もちろん打撃で倒しにも行く」「言ってもどうしようもない実力差がある」

2024/04/09 17:04
【RIZIN】朝倉未来、平本蓮戦の作戦を公表「俺は簡単に平本からテイクダウン取れます」「もちろん打撃で倒しにも行く」「言ってもどうしようもない実力差がある」

平本戦の作戦や分析結果を堂々と公表した自信満々の朝倉未来

 2024年7月28日(日)さいたまスーパーアリーナ『超RIZIN.3』にて、平本蓮(剛毅會)と対戦する朝倉未来(JAPAN TOP TEAM)が自身のYouTubeチャンネルを更新。試合へ向けて自信満々のコメントを残した。


 冒頭で朝倉は「最近はもっぱら格闘技漬けであまりYouTube撮影が出来てないんですけれど。最後の試合はケラモフ戦(MMA)、YA-MAN戦(OFGキックボクシング)ということでちょっと期待値が下がっている印象を受けるんですよね。でも俺がめちゃめちゃ強いってのを見せようかなっていう。けっこうね、すでに過去最高の仕上がりになってきていると思うんですよね。総合格闘家として全体的に向上しているというか」と、YouTube撮影よりも練習との姿勢ですでに過去最高の仕上がりになっているという。

「7月28日に平本戦ということで。けっこう世紀の…凄い注目されている試合になると思うし、もちろんRIZINの今までで一番PPVの売上も行くと思うんだけれど、俺の中では平本戦というのは格闘家としては準備運動というか。あまり重きを置いてないんですよ、実際」と、記者会見でも言った通り準備運動に過ぎないとする。


「3勝3敗のキックボクサー坊やですから、まだ。けっこう相性が悪いみたいなコメントも見かけたりとか、格闘技関係者の方でもけっこう言われているんですけれど、俺のテイクダウン能力とか寝技をあまり試合で見せたことがないので。だから言ってしまえば、総合格闘家で俺から寝技に持ち込む必要がある選手が今までいなかったというか。グスタボくらいかな。グスタボには何回かテイクダウンを獲ったと思うんだけれど。正直、平本は簡単にテイクダウン獲れると思っています。斎藤選手がけっこう苦戦していたじゃんとか、ドミネーター選手が苦戦していたじゃんって言うけれど俺は簡単に取れます、正直。って言うくらい俺はテイクダウン能力が高いので」と、テイクダウンと寝技の展開を狙うと明かす。

「平本に関してはけっこう急成長はしているとは思うし、キックボクサーにしては腰が強いと確かに思うんですよ。特に胴上って言うの? 四つ組とかケージレスリングの上半身に対するテイク。斎藤選手も四つ組だった。胴タックルだったりで。でも足筋はマジ弱いなと思って。簡単にテイク取れる。寝技になった時も立ち方がバックしかないのも分かっているので、もう分析済みなので」と、平本の弱点は分析済みだと断言。


 ストライカーの平本に対してテイクダウン&寝技で行くと作戦を明かした朝倉だが、なんと打撃でも勝負するつもりだということも公言する。

「打撃に関してはめちゃくちゃ速くて上手いけれど、まあ倒されないだろうなと思います。もちろん打撃で倒しにも行きます。狙っています。中間距離がめちゃめちゃ上手いので、ガンガンに攻めて行ってやろうかなと思っているので」


 待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢で行くという朝倉は「逆に中間距離で戦うとテイクダウンも成功しづらいと思うし、彼は中間距離で待ちで上手いんでね。近い距離でどんどんやったりプレッシャーもかけていったり…っていうのを言っても勝てるくらいの実力差があると思っているので」と、作戦を明かしても勝てると言い放った。

「言ってもどうしようもない実力差があると思うので。俺もMMA歴で言うと20歳からやっているので、11年やってるじゃないですか。柔術も紫帯を7年前くらいにとっているし。平本なんだかんだ言っても3年そこらなんでね、そこの組み技のスクランブルとか短期間では埋められない差があると思っています」と実力差は埋められないとし、最後には「平本、しっかり見て研究して練習頑張れよ」と愛弟子・西谷大成とのスパーリングなどの練習模様を公開している。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント