MMA
レポート

【UFC】2週連続で女子フライ級がメイン。“6連勝対決”は松濤館空手王者マノン・フィオロが、EBI王者のエリン・ブランチフィールドにフルマーク判定勝利

2024/04/01 15:04
【UFC】2週連続で女子フライ級がメイン。“6連勝対決”は松濤館空手王者マノン・フィオロが、EBI王者のエリン・ブランチフィールドにフルマーク判定勝利

(C)Zuffa LLC/UFC

 2024年3月30日(日本時間31日)、米国ニュージャージー州アトランティックシティのボードウォーク・ホールにて、『UFC Fight Night: Blanchfield vs. Fiorot』(U-NEXT配信)が開催された。

 メインイベントは、女子フライ級2位のエリン・ブランチフィールド(米国)と、3位マノン・フィオロ(フランス)の「UFC6戦全勝対決」。

 松濤館空手王者のフィオロと、EBI史上最年少王者のブランチフィールドのフライ級無敗対決の勝者は、現同級王者のアレクサ・グラッソと前王者ヴァレンティーナ・シェフチェンコのTUFコーチ・トリロジー対決後の、次々期挑戦者になると目される。

 地元のブランチフィールドに大歓声の会場。ともに“冷血”の視線を中央でかわすなか、試合開始。

▼女子フライ級 5分5R
マノン・フィオロ(フランス)
[判定3-0] ※50-45×3
×エリン・ブランチフィールド(米国)

 1R、サウスポー構えのフィオロに、ブランチフィールドはオーソ。中央を取るフィオロに左ローはブランチフィールド。その入りに右前手ジャブをダブルでけん制するフィオロがワンツーで前に。

 会場からはブランチフィールドに「USA」コール。その声に後押しされて右から左の蹴りで押し戻すブランチフィールド。バックステップでかわすフィオロ。右ミドルを当てるブランチフィールド。

 押し戻すフィオロは左を突いて近くなったブランチフィールドを突き放す。ワンツーのフィオロ。右から左の長い蹴りを腹に突く。

 ブランチフィールドの左前蹴りの打ち終わりに先に組んでいったのはフィオロ! ボディロックテイクダウン! そこに右のギロチンチョークを合わせるブランチフィールドだが、左足を外に出しているフィオロ。ブランチフィールドは後方に回して互いに立ち上がりにがぶり。なおも首を取り続けるが、頭を上げるフィオロ。スタンドギロチンにレフェリーがのぞきこむと首を振るフィオロ。金網に押し込むフィオロが体を入れ替えると突き放す。

 スタンドに戻るとブランチフィールドが左の飛び込み。そこに実は利き手である前手の右で迎撃するフィオロ。

 ブランチフィールドの右の飛び込みをさばくと、サウスポー構えから左ストレート! 下がりながらも的確に当てて、右関節蹴りも。ブランチフィールドの前進に間合いを保つ。詰めて四つで組むブランチフィールドはヒザも離れるフィオロ。長い右ジャブを2度当てる。

 強引に詰めて左を当てて押し込むブランチフィールド。四つで体を入れ替えるフィオロに入れ替えて押し込むブランチフィールドはクラッチも切って離れるフィオロ。ホーン。

 2R、先に前に出るブランチフィールドに、右のサイドキックのフィオロ。右ジャブを突き、ワンツーから左ハイのブランチフィールドをさばく。

 フィオロの右ジャブの打ち終わりにボディロックで組みつくブランチフィールド。左足で小外掛けテイクダウンはブランチフィールド。しかし左小手で左足でまたいだフィオロが上に!

 ブランチフィールドの立ち上がりに頭を押えて先に立って離れるフィオロ。右ジャブのフィオロ。そこに左で差して四つながらクラッチするブランチフィールド。ここで左腕を張ってクラッチを切って離れるフィオロ。

 距離を詰めてくるブランチフィールドを突き放し、右の関節蹴り。ブランチフィールドの前進に、すっとかわして自ら組んで押し込む。

 右サイドキックのフィオロ。飛び込みのブランチフィールドは左の蹴りに繋ぎ、左右と手数を増やしてきた。打ち終わりに組んだフィオロにブランチフィールドも差し返し、離れ際に左ハイを打ち込むフィオロ。

 ワンツーから右ミドルのブランチフィールドに、フィオロも左ミドルを返す。疲れが見えるフィオロだが打撃数はフィオロが上。右サイドキック。ブランチフィールドの組みを剥がし、左ハイは空ぶりもブランチフィールドに組ませない。

 3R、先にワンツーのブランチフィールド。右ミドルも。右の関節蹴りのフィオロ。喧嘩四つのジャブの刺しあいは長いフィオロ。ブランチフィールドの組みつきをしっかり突き放す。

 ブランチフィールドの打ち終わりにワンツーのフィオロ。左の蹴りを突き、左ジャブから組んだブランチフィールドに押し返してケージに押し込むのはフィオロ。

 ブランチフィールドが前に出ると、フィオロはサウスポー構えから右ストレート。ブランチフィールドの突進をさばいてブランチフィールドは片ヒザを着く。ブランチフィールドの左ジャブを右に回ってさばくフィオロ。

 ブランチフィールドの前進に前手の右を突くフィオロ。ブランチフィールドは右ミドル。バックステップでかわすフィオロは右関節蹴り。ブランチフィールドに組みつかせない。長い左ハイをガード上に当てるフィオロ。

 右から左のワンツーのフィオロ。左アッパーは空ぶりも、ブランチフィールドの前進に左ヒザを突き上げ、右サイドキック、左から右をフィオロが当てる。

 4R、ブランチフィールドのジャブに右をかぶせて左のフィオロ。ブランチフィールドは右ミドルはヒットさせる。しかしワンツーのフィオロ。右関節蹴り。ブランチフィールドの突進を左右にさばき、右の関節蹴り。ペースを上げて前進のブランチフィールドを再三、突き放し。前に出るブランチフィールド。金網を背負わせてダブルレッグも、すぐに差し上げるフィオロ。スタンドからブランチフィールドの左右をかわしてボディロックもテイクダウンに固執せず離れる。

 右ハイのブランチフィールド。ブロックするフィオロが右ジャブ! ブランチフィールドは右ミドル。掴みかけたフィオロだが足を放し、左回り。要所で前に押し返し、右サイドキック。右ジャブで間合いを保ち、組みの動作から突き放し。ブランチフィールドは左ロー。

 ワンツーから右ミドルに繋ぐブランチフィールドにガードして左ハイのフィオロ。ブランチフィールドに圧力に自ら組んで突き放す。

 5R、フィオロが前手の右ジャブ、左ストレート。ブランチフィールドは右ハイでフィオロを崩すも、右に回って突進をさばいたフィオロは、右ジャブ。ブランチフィールドは右ストレートも遠い。右ミドルに自らバランスを崩したブランチフィールドは立ち上がり、ワンツー右ミドルで前に。

 フィオロは直進するブランチフィールドの左に右をかぶせに行く。さらに左アッパー、左ストレート。ブランチフィールドは左目頭から出血。フィオロの右前手のジャブ、サイドキックで詰めを止められる。

 ワンツーの右をかすめて右ハイも長身でブロッキングのフィオロ。ブランチフィールドの左ジャブをバックステップでかわして、一転、踏み込んでの左ストレートをヒット。ブランチフィールドはさばかれてもさらに3連打で右を届かせるが、ここも右回りでさばくフィオロ。ブランチフィールドの右ハイもブロックし、ワンツーの左でブランチフィールドのアゴを上げさせる。

 残り1分。ブランチフィールドが左で差して組んで押し込み。左ヒザを突くフィオロが差し返して突き放すと、左の跳びヒザ。前に出るブランチフィールドを右サイドキックで突き放して右ジャブのダブル。ブランチフィールドの右ハイをかわして、左ハイを空振り、そのまま右後ろ廻し蹴りに繋げる。

 肩口に受けたブランチフィールドが前に詰めるも突き放したフィオロ。ホーンが鳴った。両者手を挙げるが、笑顔はフィオロ。

 利き手の右手を前に、ジャブ、関節蹴りでブランチフィールドに組ませず、バックステップしてもケージも背にせずに一度もテイクダウンを許さなかったフィオロは左ストレートもヒット。ブランチフィールドは初回のフィオロのテイクダウンにギロチンを合わせたときが唯一の勝機だったか。時折、連打からの右、右ミドルは当てるものの続く打撃・組みに繋げれず。

 判定は3-0(50-45×3)のフルマークでフィオロが勝利し、UFC7連勝をマーク。腰に両手をあて、ベルト挑戦をアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント