K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】王者・髙橋直輝、挑戦者・横山朋哉ともに「絶好調!」高橋は「僕も挑戦者のようなもの」横山は「高橋選手を倒すだけ」

2024/02/23 16:02
 2024年2月24日(土)東京・後楽園ホール『Krush.158』の前日計量が、23日(金)都内にて13:00より行われた。  ダブルメインイベント第1試合(第7試合)スーパー・フェザー級タイトルマッチ3分3R延長1Rで対戦する、王者・髙橋直輝(若獅子会館)は59.75kg、挑戦者・横山朋哉(リーブルロア)はリミットちょうどの60.0kgで計量をパス。  調印式を終えた横山は「明日、最高のリングで超満員の後楽園ホールで勝って王者になりたい」、高橋は「超満員の中で僕も盛り上がって絶好調でやっていきたいと思います」とそれぞれコメント。  計量で顔を合わせた印象を、横山は「調子いいのかなって印象です。あとは想定内」、高橋は「ほぼ同じで調子良さそうやな、あとは楽しみやなってくらい」と互いに相手の調子の良さを感じたようだ。  どんなことを強化してきたかとの質問には、横山は「特にないですね。どの試合も今の全力を出すための練習しかしていないのでこれを特にやってきたというのはないです」、高橋は「パンチが何々~と言ったらネタばれになるので秘密で」と、それぞれ答える。  横山はタイトルマッチに挑む心境を聞かれると「今のところは何も感じない。一人の高橋選手を倒すことだけしか考えてないです。タイトルマッチどうこうはない」と、高橋を倒すことしか考えていないとする。  初防衛戦の心境を聞かれた高橋は「初防衛とかは気にしていなくて。僕も言うたら挑戦者みたいなものなので。(横山は)有名人じゃないですか。挑戦もされて挑戦も出来てええ感じですね」と、独特な答え。  今日と明日の調子は? と聞かれると、両者とも「絶好調!」と笑顔。  横山は「自然と勝ってきてチャンスをもらえて、自然とベルトが僕に寄ってきた感覚でいます。王者になりたいのは変わらず、一番強いことはベルトが証明してくれる」と、タイトルマッチになったのは自然であり、一番強い自分が王者になるのも自然だと言ってのける。  自分が王者であることにはどういう意味があると思っているか、と聞かれた高橋は「ここも階段の途中。最強を目指しているのでベルトは途中の副産物。そこからもう一個あるのでそれを目指していますね」と、自分はK-1のベルトを目指すだけと答えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント