キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】古村光と壱・センチャイジムがタイトルマッチで3度目の決着戦、壱は究極打撃格闘技ルール挑戦にも意欲

2024/02/20 16:02
【KNOCK OUT】古村光と壱・センチャイジムがタイトルマッチで3度目の決着戦、壱は究極打撃格闘技ルール挑戦にも意欲

5試合連続でベストバウト賞を獲得してきた“ベストバウター”壱が王座奪還に挑む

 2024年4月27日(土)東京・後楽園ホール『MAROOMS presents KNOCK OUT vol.2』の対戦カード発表記者会見が、2月20日(火)都内にて行われた。

 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級タイトルマッチ3分5R延長1Rとして、王者・古村光(FURUMURA-GYM)に壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム)が挑戦する。


 古村はタイ・ラジャダムナンスタジアムのリング(新人戦)にも上がり、勝利を収めている。2019年に選手発掘のため行われた『K.O TRYOUT』でTRYOUT生に選ばれたサウスポー。国内の戦績は星野航大にTKO勝ち、森岡悠樹に判定勝ち、2022年3月に壱・センチャイジムに判定負け、12月には大野貴志から初回KO勝ちを収めている。さらに2023年3月15日はラジャダムナンのリングに上がり、3RでKO勝ち。2023年8月、壱を判定2-1で破り王座を奪取した。戦績は8勝(6KO)3敗1分。


 沖縄出身の壱は空手をベースに持ち、ボクシングを経て上京してムエタイを始めた。2008年11月の『MuayThaiOpen』でLPJNバンタム級王座に就き、2019年12月に岩浪悠弥に敗れるまで14連勝をマーク。2022年11月に「第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント」を制して王者となったが、2023年8月の初防衛戦で古村に敗れて王座を失った。その後は片島聡志と古木誠也に2連勝。戦績は24勝(9KO)9敗1分。

 会見には壱のみ出席し、「古村選手とは3回目、同じ相手と3回もやるのは初めてです。1勝1敗で迎える決着戦なので勝っても負けてもこれで最後にしたいと思います」と、今回が最終決着戦だとする。


 前回の対戦も「負けたとは思っていない」と言い、「5R見てダウン以外は(ポイントを)取られていない。最終ラウンドは絶対に僕が取っているし、僕は自己採点ですが負けてないと思っている。僕に付けてくれたジャッジの方もいる(判定2-1)ので。でも、そこを言うと器として小さいので、前回のことは忘れてここで決着をつけて何も言わせないようにしたいですね。分かりやすい試合、KOか(ヒジで)斬るかですね」と今回はハッキリと決着をつけたいとした。


 壱は2023年にREDルール(ヒジ打ち、首相撲あり)、BLACKルール(ヒジ打ち無し、ワンキャッチワンアタック)、OFG-REDルール(オープンフィンガーグローブ着用のREDルール)の3ルールの試合に出て勝利を収めている。

「凄く細かいところで全然違う。バンデージだったりタイオイルがあるなしでも効いてくる場所が違ってきます。将来指導する時のいい経験になります。BLACKを経験してこのタイミングでヒジが打てるとか、ヒジのタイミングをもっと掴めたんじゃないかと思いました。それを会長に言ったら『なんで今さら分かったの』って怒られるので、個人的には分かりました(笑)。OFGは(パンチやヒジが)すり抜けるので、その経験も活きてくると思う。3つ経験できて強くなったと思います。差は出たんじゃないかと思いますね。今年はこのルールで頭角を現して、大きい舞台に出させてもらって自分を広げる1年にしたい。この1年はいろいろなルールで名前を出せていけたらいいなと思います」と、ルールにこだわらずやっていきたいとする。


 昨年12月にはKNOCK OUT-BLACKスーパーバンタム級王者・古木誠也と対戦して勝利したものの、「古木選手のパンチで眼窩底が折れて今でも横を見ると痛みます。それで3カ月試合が出来ませんでした。ベストバウターとしてベストバウトの代償です」と5試合連続でベストバウト賞を獲得してきた壱だが、「今年はベストKOかベストファイター賞を狙います。ベストバウトは身体に負担がかかるので」と笑った。


 会見で同席した古木の相手がK-1グループの選手になるかもしれないと聞くと、「ぜひやりたいです。僕はどのルールでも問題ないので」と対抗戦にも名乗りをあげたいとし、さらに「KNOCK OUT-UNLIMITEDルールでも大丈夫です」と全ての打撃が許される究極打撃ルールにも挑むと宣言。

「僕は全部適応できる。REDに限らずいろいろなルールで自分の名前を聞かせていきたい。どんなルールでも舞台でも戦っていきたい」と意気込んだ。

 山口元気代表は「ムエタイ系の選手がUNLIMITEDでどういう戦いをするのか興味あるので、それは実現させたい」と、ぜひ挑戦してもらいたいとした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント