シュートボクシング
レポート

【シュートボクシング】海人が延長戦でペットモラコットに敗れる、山田彪太朗が必殺左ボディでKO、ダウン奪われた笠原がハイキックで逆転KO、手塚翔太がCOMBATE GLOBALとの対抗戦で初回KO勝ち、イモトは敗れる。都木航佑・風間大輝・翼がSBを体現

2024/02/10 18:02
シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2024 act.1」2024年2月10日(土)東京・後楽園ホール※U-NEXTにて配信 ▼第8試合 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジあり×海人(TEAM F.O.D/SB世界スーパーウェルター級王者)延長R 判定0-2 ※9-10×2、10-10○ペットモラコット・ペッティンディーアカデミー(タイ/元ONEムエタイ世界フェザー級王者)※本戦の判定は29-29×2、29-30。  SBの絶対的エースの海人は2014年2月にデビュー。2017年11月にSB日本スーパーライト級王座を獲得し、2018年11月にはS-cup2018 -65kg世界トーナメント優勝。その活躍はSB内だけに留まらず、2016年以降はRISE、RIZIN、KNOCK OUTで全勝。2022年6月の『THE MATCH 2022』では野杁正明をも破った。12月にはGLORY世界ライト級1位ストーヤン・コプリヴレンスキーに判定2-1で勝利。  2023年3月にはイ・ソンヒョンに判定勝ちでRISEミドル級王座を奪取し、6月にサモ・ペティとの再戦を制してSB世界スーパーウェルター級王座を獲得と驚異の18連勝をマークしたが、8月のGLORYで世界王者ティジャニ・ベスタティに敗れ王座奪取ならず。11月の再起戦ではマサロ・グランダーを、12月にはRISEでジェームズ・コンデも初回KOに仕留めた。戦績は54勝(24KO)7敗1無効試合。   ペットモラコットはタイのビッグマッチ常連の超一流選手として活躍し、ルンピニースタジアムではミニフライ級王座とスーパーフェザー級王座に就いた。2015年4月には初来日し、梅野源治の挑戦を退けている。2020年2月、初代ONEフェザー級ムエタイ世界王座を獲得。同王座は3度の防衛に成功した。その後はONEを離れ、『ラジャダムナン・ワールド・シリーズ』に参戦。イラン、モロッコ、トルコなどの選手と対戦して5連勝を飾ったが、前戦となる2023年9月のタナンチャイ・シッソンピーノン戦ではスプリット判定で惜敗している。  1R、サウスポーから左ミドルを蹴るペットモラコット、その音に場内からどよめきが起きる。海人は左カーフを蹴り、ジャブを突いていく。組むと簡単に海人をコカすペットモラコット。互いにジャブを突くため拳が合わさる。ペットモラコットが左ミドルを蹴ると海人はすかさず左ボディ。ペットモラコットの左ミドルには右ミドルを鋭く返す。左ミドルで海人の右腕を蹴っていくペットモラコットに、海人も右ミドル、右ローを返す。  2R、ジャブから右ローを蹴る海人にペットモラコットは左ヒジを見せて左ミドル。組むとヒジとヒザを繰り出すが海人は防ぐ。左ミドルを蹴って組んでくるペットモラコットに海人は左フック。左ミドルからの左ヒジを狙うペットモラコットは、完全に組み狙いで海人を削っていく作戦か。左ミドルを蹴られては組み付かれる海人は攻撃が当たらない。どんどん組んでいくペットモラコット。  3R、海人は下がりながら右ミドルの連打、ワンツーを打ってペットモラコットに組ませまいとするが、ペットモラコットは射程距離の長い左ミドルから組み付いてヒザを蹴る。海人は首相撲から首投げにいこうとするがこれはペットモラコットが防ぐ。ペットモラコットの左ミドルに右の三日月で応戦する海人へペットモラコットが右ヒジ。左ミドルを蹴られ、組まれる海人。  本戦の判定はドロー。延長戦へ突入する前、タイ陣営は全員総がかりでペットモラコットに檄を飛ばす。始まるとすぐに組み付いてヒザを蹴り、海人を崩すペットモラコット。海人は組まれる前に右ミドル、左ボディを打つ。左ミドルをキャッチした海人が右フックから左ボディ。それでもしつこく組んでくるペットモラコット。  ヒジを打つペットモラコットに海人は右フック。前蹴りから縦ヒジを繰り出す海人にペットモラコットは左ミドルを蹴るが、かなりの消耗が見える。組まれる前にパンチを一発当て、組まれてもヒザを蹴り返す海人。右ミドルにペットモラコットは強い左ミドル、海人はジャンプしてのヒジ打ちで印象を良くしたが、判定2-0でペットモラコットが勝利をつかんだ。 [nextpage] ▼第7試合 58.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R○山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級王者)KO 1R 2分49秒 ※左ボディ×ペットシートーン・ソー・サクナリン(タイ/True4U 54kgトーナメント優勝)  山田ツインズの兄・彪太朗は2019年8月にプロデビューすると4連勝(無効試合を挟む)を飾ったが、2021年4月に翔に初黒星を付けられた。2022年11月の次期挑戦者決定トーナメントで優勝。12月のRISEとの対抗戦で門口佳佑戦に逆転負けを喫したが、2023年4月に川上叶に勝利してSB日本フェザー級王者となった。その後は6月にオートー、11月にヨードタノンとムエタイを相手に2連勝。戦績は14勝(4KO)3敗1無効試合。  今回対戦するペットシートーンはタイの人気TVマッチ『True4U』の54kgトーナメント優勝者。  1R、左ミドルを蹴るペットシートーンに山田は距離を詰めて左ボディ、右ロー。左ミドルを蹴りたいペットシートーンに山田は距離を詰めて強いパンチを打って来るためペットシートーンは蹴りを出せない。ならばとヒザで迎え撃つペットシートーン。  左ミドルを蹴るたびに左ボディを打たれるペットシートーン。ロープを背にするペットシートーンへ山田が飛び込むようにして左ボディを深々とめり込ませ、ペットシートーンはたまらずダウン。そのまま立ち上がることが出来ず、山田の鮮やかなKO勝ちとなった。  山田は弟の虎矢太を呼び込むと「2人合わせて山田ツインズです」と自己紹介。「タイ人3連戦ということで、今回は今までと違うタイ人だったので緊張したんですが皆さんの応援のおかげでKO出来ました。2024年、煽りVでもありましたが全勝はマスト、あとは倒すだけ。とりあえず1KOめやりました。最近、日本フェザー級が盛り上がっているので、山田彪太朗を忘れるなよと。それと弟・虎矢太が3月のRISEに出て戦います。俺の弟、まあまあ強いんで」と言うと、虎矢太は「まあまあじゃなくてかなり強いので」とツッコミを入れて笑いをとる。  そして「SBの看板背負って大暴れしてくれると思います」と彪太朗は虎矢太にバトンを渡した。 [nextpage] ▼第6試合 60.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R○笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)KO 2R 1分10秒 ※左ハイキック×ソン・ジェミン(韓国 /K-COMBATライト級王者)  笠原は2019年6月に国内55kg級トップクラスの小笠原瑛作をヒジ打ちによるカットでTKOに破る大番狂わせを演じ、2020年7月には那須川天心の対戦相手に選ばれたが初回KO負け。再起戦では手塚翔太と大激闘の末、KO勝ちでSB日本フェザー級王座に就き、2021年12月にはスーパーフェザー級王座決定戦を制してSBで2階級制覇を達成した。  2022年3月にはRIZINに初参戦し、豪快な飛びヒザ蹴りで初回TKO勝ち。6月の『THE MATCH 2022』ではKrush王者の中島千博から勝利を奪ったが、9月にRISEランカーの常陸飛雄馬にKO負けを喫した。その後は再び連勝街道を突き進み、前回11月はスナイ・ミフターにTKO勝ちしている。戦績は27勝(12KO)3敗のサウスポー。  ジェミンはテコンドー&散打出身で韓国のMMA団体『ROAD FC』での実績も持つ立ち技とMMAの二刀流ファイター。  1R、両者サウスポー。笠原は序盤から左ローを狙い撃ち、パンチを交換した後も必ず左ローを蹴る。ジェミンはステップを刻んで様子を見ていたが、笠原が前に出ようとしたところで左フックを命中させてダウンを奪う。左カーフを蹴り、飛びヒザを放つジェミン。離れた距離から伸びるジャブも。笠原は前に出てバックハンドブローを放ち、組み付くと投げ。  2R、笠原は左右フックからヒザ蹴り。ジェミンはステップを踏んで動き回り、笠原がそれを追っていき左フックから右フック。ジェミンは距離をとって長いジャブを伸ばす。しかし、ジェミンの左ストレートに笠原が左ハイキックを合わせてダウンを奪い返す。立とうとするジェミンだが身体が持ち上がらず、レフェリーがストップ。笠原の逆転KOとなった。  笠原はマイクを持つと「今日は何もさせず自分の試合を見せようと思っていたんですが、まだまだ練習して強くなってくるのでまたよろしくお願いします」と語った。 [nextpage] ▼第5試合 65.5kg契約 オープンフィンガーグローブマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R×イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーライト級王者)判定0-3 ※28-30×2、27-30○パトリック・ルヘイン(アイルランド/COMBATE GLOBAL)  イモトは2017年4月にプロデビュー。一時は鈴木千裕、与座優貴らに泥沼の5連敗を喫するも、村田義光、モハン・ドラゴンを撃破して2021年12月のSB日本スーパーライト級王座決定戦で村田聖明との5Rに亘る大接戦を制して王座に就いた。2022年7月にシンパヤックに敗れて5連勝はストップ。2023年6月の再起戦では元DEEPフェザー級王者でRIZINで活躍する芦田崇宏を延長戦で破り、9月には樋沼朝光にも判定勝ち。戦績は13勝(3KO)9敗。  ルヘインはMMA戦績8戦6勝2敗。  1R、前に出るルヘインはジャブ&ロー、長いリーチから右フックと右ボディを打つ。イモトは右ストレートを空振りさせると首に腕を回してフロントチョークを極めかけるがルヘインが足を掛けてのテイクダウンで阻止。近距離で左フック、右ストレートをヒットさせるルヘイン。キックボクシングの距離でパンチを当てていく。イモトはジャブ、左右フックの強振。手数、ヒット数ともにルヘインが上回った。  2Rも前に出るルヘインが左フック、右ストレートを当てていく。イモトは頭を振ってルヘインのパンチをかわしての右フックを狙うがルヘインのジャブが的確にヒット。余裕が出て来たルヘインはノーガードになってロープを背負うイモトを挑発。右カーフを蹴り、右ストレートをボディと顔面へ打つルヘイン。イモトは右フックを強振するが、ルヘインの的確なパンチが目立つ。右ストレート、左フック、右ボディストレートとロープを背負うイモトへ連続ヒットさせるルヘイン。イモトは投げを狙うが防がれる。  3R、ワンツーで打ち合う両者だが、ロープを背負うイモトへルヘインの右ストレートが強烈ヒット。さらにジャブでペースを作るルヘイン。イモトは左ミドル、左前蹴り、右ボディとボディを攻める。ルヘインはジャブをしっかり当てて右ストレートを顔面とボディへ。かなり打たれ疲れが見えるイモトをルヘインは足をかけて簡単に転倒させる。イモトの左ハイが軽くヒットも逆転ならず。パンチをしっかり当てながら前へ出るルヘインへイモトは右フックを返すも、ルヘインの的確なパンチをもらってしまう。  ヒット数も手数も多かったルヘインが判定3-0で勝利。マイクを持つと「この試合を見に来てくださったみなさん、ありがとうございました。この試合は僕にとって意味のある試合でした。何よりもアイルランドを代表して勝てたことを誇りに思うし、また日本に戻って来たいと思います」と継続参戦をアピールした。 [nextpage] ▼第4試合 60.0kg契約 オープンフィンガーグローブマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R○手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本スーパーフェザー級1位)KO 1R 2分57秒 ※右フック×ミハエル・レイズ(アメリカ/COMBATE GLOBAL)  手塚はアマチュアを経てDEEPでプロデビュー。2戦目からSBを主戦場とし、13戦目で笠原友希とSB日本フェザー級王座決定戦を争ったが敗れた。2021年12月に笠原とSB日本スーパーフェザー級王座決定戦で再戦するも王座獲得ならず。その後は4連勝を飾り、昨年12月には初の海外遠征試合で香港Energy Fightスーパーフェザー級タイトルを獲得し、勢いに乗る手塚は2024年初戦でどんなインパクトを残すか。  レイズはMMA戦績16戦9勝6敗1無効試合。  1R、サウスポーのレイズは左の蹴りを多用しつつ、やや離れた距離から飛び込んでのパンチを繰り出す。1回転しながらのフックも打つ。手塚は距離を詰めつつ右ストレートを放つが、レイズは左右フックを回転させて打ち返す。  レイズが飛び込んできたところで手塚は右フックからの左フックを返し、これをクリーンヒットさせてグラつかせる。手塚は一気に連打をまとめて最後は押し倒すようにしてダウンを奪う。  最後は右フックがモロに決まり、左右フックの連打、そして右フックでダウンさせたところでレフェリーがストップした。  興奮気味の手塚は「後楽園ホールで初めてマイクを持つので大めに見てください。自分も中国で試合をして海外で挑戦する難しさを学んだので、海外から来てくれたミハエル選手をリスペクトします。今の俺マジでヤバいので見ててください、今年、やるので!」とアピールした。 [nextpage] ▼第3試合 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R×RYOTARO(龍生塾/SB日本スーパーウェルター級1位)判定0-3 ※29-30×2、28-30○都木航佑(キャピタルレイズ/SB日本ウェルター級1位)  RYOTAROは高校まで野球一筋で来たが、甲子園出場の夢破れてキックボクシングに転向。2020年末の『ACCEL』でJAPAN KICK INNOVATIONランカーの高木覚清にKO勝利してACCELミドル級王者に。2021年12月にRISEに初参戦すると、国内ミドル級のトップクラスに君臨する緑川創からダウンを奪って番狂わせの勝利を収めて一躍名を挙げた。2022年8月にはT-98から2度のダウンを奪うも延長戦で逆転KO負けを喫している。2023年9月からSBに参戦し、風間大輝に判定勝ち。戦績は15勝(8KO)2敗。  都木は新極真空手出身で2015年の全日本ジュニア大会、2016年の全関東空手道選手権大会・中量級で優勝して頭角を表し、2017年には全日本フルコンタクト空手道選手権大会(JFKO)中量級でベスト8に入賞した。2021年2月にはDEEP☆KICK-70kg級王者の稲井良弥との無敗王者対決で判定負けを喫し初黒星となったが、9月の『Bigbang』では第7代Krushウェルター級王者・山際和希を3R TKOで下し再起を果たしている。前戦はSB初参戦で村田義光に判定勝ち。戦績は7勝(4KO)2敗。  1R、サウスポーの都木は距離をとって左ロー、左ミドルから左ストレートを狙う。RYOTAROは前へ出て行って右インロー。都木はオーソドックスになると右ロー、組み付くと首投げを決めてまたもキックボクサーがシュートボクサーからシュートポイントを奪った。  2R、スイッチを繰り返す都木はRYOTAROが前へ出てくるところへ左フック、RYOTAROはバックへ回って投げを狙うがこれは不発。都木は左ミドルからテンカオを放つがローブローに。再開後、サウスポーから左ミドルを蹴る都木は、オーソドックスになると右ロー、またすぐにサウスポーに構えると横蹴りでRYOTAROの左足を蹴る。RYOTAROは左ボディを強打もヒット数は断然都木が上だ。  3R、前に出るRYOTAROに左ミドルを蹴る都木。組むと投げも狙う。スイッチを繰り返して左右のジャブを打つ都木にRYOTAROはパンチを当てようと近付くも先に都木に当てられ、組まれると投げを狙われる。都木が右フックから左ヒザ。軽快なステップを踏んで縦横無尽に攻める都木にRYOTAROは左フックから左ボディを強打も、都木ペースは変わらず時間切れ。  シュートポイントを奪った都木がSBでの連勝を飾った。都木はマイクを持つと「階級を上げての挑戦で言われた瞬間はワクワクしながら、1カ月の間、充実した時間を過ごすことが出来ました。怖い気持ちもあったんですが、投げもシュートボクサーらしい試合も見せられたと思います。なので今年SBのベルトを狙っていきたいと思います。押忍」と、SB王座を狙っていくと宣言した。 [nextpage] ▼第2試合 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R※ヒジあり○風間大輝(橋本道場/SB日本スーパーウェルター級3位)判定3-0 ※29-24、30-24、30-23×小原俊之(キング・ムエ/HOOST CUP日本EXミドル級王者)  風間はSB初参戦となった昨年2月の竹山和貴戦では大腰で2度のシュートポイントを奪うだけでなく、最後にスタンディングのフロントチョークでKO勝ちを収めた。4月も有馬伶弍にKO勝ちしたが、6月にRYOTAROに判定負けでSB初黒星。11月にはJETペットマニーイーグルに判定勝ちで再起。セコンドにはK-1王者・与座優貴とRISEの花岡竜が就く。  小原は国内ムエタイ名門のキング・ムエ所属。HOOST CUP王者チューチャイには延長戦で惜敗しているが、NKB元王者のスラッガー・村田聖からパンチでダウンを奪って勝利し、NKBトーナメントでは村田清吾にもKO勝利している。2022年12月にはHOOST CUP日本EXミドル級王者となった。前戦は2023年11月に元WMC王者に判定負け。国内ミドル級のベテランファイター。戦績は14勝(8KO)12敗2分。  1R、サウスポーの小原は完全なムエタイスタイルで左ミドルと左ローを蹴っていく。風間は左へ回り込みながらジャブを突く。小原のワンツースリーはバックステップでかわす風間。右の三日月をヒットさせた風間は距離を詰めて右ストレート、小原は左ミドルを返してヒジを放ったが風間はバックステップでかわす。風間は左カーフを蹴って右ローへつなぐ。  2R、風間はジャブを突きながら右ローで奥足を蹴り、投げを狙ったがロープに引っかかって不発。しかし、すぐに首投げで4連続してシュートポイント(1点×4)を獲得。どっと沸く場内。しかし、この投げの連発でスタミナを使ったか口を大きく開ける風間に小原はヒジを繰り出して追い詰めていく。  3R、ワンツーで前へ出る小原はヒジを振り落とす。風間はヒジをブロックして組み付くと首投げ2連発でさらにシュートポイント(1点×2)を追加。ジャブ、右インロー、三日月で距離をとる風間にヒジで飛び込む小原。風間が右ローからのワンツーでヒットを奪い、ヒジで飛び込む小原に組んで投げを狙う。ヒジでの逆転を狙う小原だが風間は防ぎ切った。  投げまくった風間がシュートボクサーとしての進化を見せ、大差の判定勝ち。マイクを持つと「今日はヒジありルールだったんですけれどSBルールだったら俺の土俵なので負けないです。今日、日本人70kg組まれてて日本タイトルが空いているので、7月大阪予定なんですかね? 次RYOTAROくんに勝ってもらって7月やりましょう」と、第3試合に出るRYOTAROと空位の日本スーパーウェルター級王座を懸けて再戦したいとアピールした。 [nextpage] ▼第1試合 53.0kg契約 オープンフィンガーグローブマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R×小林大樹(龍生塾/SB日本バンタム級3位)判定0-3 ※27-30、25-29、25-30○翼(TARGET/RISEスーパーフライ級5位)  小林は2022年6月にSBでプロデビュー。デビュー戦は笠原直希に敗れたが、その後は4連勝を飾っている。戦績は4勝(3KO)1敗の18歳。  翼は2019年11月に流血戦を制してジャパンキックバンタム級王者となり、デビュー以来9戦無敗を誇っていたが、2020年11月にWBCムエタイ日本統一&NJKFバンタム級王者の一航に判定で敗れ初黒星。2022年2月にジムを移籍してRISEに初参戦すると10月に花岡竜との対戦を迎え、2R負傷判定ながらも下馬評を覆す勝利を収めた。しかしその後は3連敗中。戦績は11勝(6KO)6敗1分。  1R、サウスポー同士。前へ出て圧をかけてくる翼に小林は左ローと左カーフ。下がって迎え撃つ小林と前へ出てロープ際へ詰めていく翼。小林は思い切りのいい左右フックを回転させていき、打たれても構わず打ち返す。翼は打ち合いの中にヒザも混ぜる。翼は右を当てると一気にラッシュ、ヒザもボディに突き刺し首投げにつなぐコンビネーションを見せた。  2R、口を大きく開ける小林に翼が右ミドルを蹴るが、小林は思い切った左右フックを回転させる。翼は組むとヒザ蹴り。このヒザで削られる小林に翼がスタンディングフロントチョークでキャッチ(1ポイント)を奪う。足を掛けて翼を倒し、極められるのは防いだ小林に翼が左ストレートで襲い掛かる。明らかなスタミナ切れも強気に打ち返す小林に、翼が再びフロントチョークでキャッチを奪った。  3R、ワンツーからヒザ、さらにフロントチョークと流れるような動きを見せる翼。前蹴りでボディを攻め、右ストレート。さらに連打からバックに回ってのリアネイキドチョークとシュートボクサーのお株を奪うシュートボクシングの戦い方だ。打ち合いになると小林も強気に打ち返すが、翼がボディへのヒザを突き刺すと一方的に。さらにフロントチョークでキャッチを追加。逆転を狙ってバックハンドブローを放つ小林だが翼はバックを奪って投げの体勢に。コーナーへ追い詰めての連打から投げも放つ翼。  打・投・極を駆使し、シュートボクシングを体現したキックボクサーの翼が大差の判定で勝利した。翼は「SBルール3回目でやっと勝てて、最後の勝利から1年ちょっと過ぎてていて連敗の僕を使ってくれたSBのみなさんありがとうございます。何が何でも勝ちたくて思い詰めていた試合でした。勝ててほっとしております。またSBで使ってくれるのであれば応援してください」と、この試合に懸けていた気持ちを打ち明けた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント