MMA
インタビュー

【RIZIN】どうなる!? フライ級GP、堀口恭司「(神龍は)絶対に海外で練習したほうがいい」「2試合契約は聞いてない」×神龍誠「絶対やり返すので、それまでは絶対にATTに行かない」

2024/01/03 22:01
 2023年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナ『RIZIN.45』のメインイベントで、堀口恭司(アメリカントップチーム)が、神龍誠(神龍ワールドジム)を、2R 3分44秒、リアネイキドチョークで極めて一本勝ち。初代RIZINフライ級王者に輝いた。  試合では、空手ベースの飛び込みの打撃から、組み技の比重が増えてきている堀口に対し、神龍も組み技で対抗。2Rに堀口が打撃を効かすも、打たれ強さも見せる神龍がテイクダウン。しかし、徐々に被弾の数が増え、スクランブルでも最後に上を取り始めた堀口が、最後は神龍がこの日決めていた巻き込み前転を潰してバックテイク。リアネイキドチョークを極めた。  試合後、堀口は神龍を、「身体の柔らかさとか粘り強さがすごい強い選手」と高く評価。ATT入りを勧誘したが、神龍は「絶対やり返すので、それまでは絶対に行かないです」と固辞。試合展開について、「一瞬展開を握らせてしまったら結構詰められるっていうか。そこら辺は、経験値の差を感じました」と、振り返った。  また、大会後、榊原信行CEOは、噂される2024年、RIZINフライ級GPについて、「今日の結果を踏まえて堀口恭司が圧倒的な強さを見せたわけで、フライ級世界最強と名乗ってもおかしくないくらいのレベルだと思います。堀口を頂点にフライ級でGPというのもひとつあるし、堀口という選手がいることで日本のフライ級のレベルがもっともっと上がっていくんじゃないかという期待も込めて考えています。GPを今年はどこかで、どの階級でかはまだ漠然としていますがやれたらいいなという考えがあります」と語っている。 国内の主なフライ級ファイター ◆RIZIN堀口恭司(王者)扇久保博正ジョン・ドッドソンラマザン・テミロフメイマン・マメドフ竿本樹生中村優作征矢貴山本アーセンヒロヤ ◆DEEP神龍 誠(王者)福田龍彌(暫定王者)本田良介(ONE FF)宇田悠斗伊藤裕樹村元友太郎安谷屋智弘柴田“MONKEY”有哉KENTA駒杵嵩大 ◆修斗新井 丈(王者)山内 渉関口祐冬(1.28 vs.ヤックル真吾)鈴木木崇矢宮城友一ヤックル真吾内田タケル ◆PANCRASE鶴屋 怜(正規王者・2.4 ROAD TO UFC)伊藤盛一郎(暫定王者)ムハンマド・サロハイディノフ有川直毅濱田 巧秋葉太樹(2.18 vs.松井斗輝)松井斗輝(2.18 vs.秋葉太樹) ◆GLADIATORニャムジャルガル・トウメンデムベレル(UFC)NavEチェ・ドンフンイ・スンチュル ◆GRACHAN松場貴志(王者・2.4 vs.御代川敏志)御代川敏志宮内拓海児玉勇也天野哲宏金井一将 ◆Fighting Nexus荻窪祐輔(王者)浜本“キャット”雄大(王座返上) ★海外平良達郎(UFC)若松佑弥(ONE)1.28 vs.キンガッド和田竜光(ONE)藤田大和(UAEW)仙三(ONE) [nextpage] 堀口恭司「ATTに渡ってからずっとレスリング、柔術を強化していたので、練習では結構極めている」 ──試合後の率直な感想を。 「神龍くん、すごい強くて、粘り強い選手だなと思いましたね」 ──実際に戦った神龍選手のイメージは戦う前と違うところはありましたか。 「戦う前のイメージとほぼ一緒でしたね。で、まあ組み合ってみないと分からないものってあるんですけど、組み合ってみて、なんて言うのですかね、身体の柔らかさとか粘り強さがすごい強い選手だなと思いましたね」 ──フライ級初代王者となり、今は奥様の川村那月さんとも並んでいますが、来年の抱負をお願いします 「格闘技をもっと面白いものだよと世界に発信して知らしめたいなと思っています、自分は。それで、まあ結婚生活は、明るい楽しい家族を築きたいなと思っています、はい」 ──神龍選手について、自分が23歳だった頃と比べて自分のほうが強いと仰っていました。実際に手を合わせて改めて比べてみて完成度などはどのように感じましたか? 「自分はUFC時代、打撃の選手だったので、もしかしたら(当時戦っていたら)負けてたかもしれないし、もしかしたら勝っていたかもしれない、何とも言えないですけど、自分くらいのレベルの選手なのかと思いますね」 ──昨年、Bellator対抗戦後、日本と世界の差を語っていました。武者修行で海外に行く選手も増えています。この1年を見て、その差は開いているのか・縮まっているのか。神龍選手のような若手の有望株とも拳を交えてどう感じていますか。 「そうですね、正直、差は開いていると思っていて。だから、より日本の選手だったりをどんどんATTにも呼んでいきたいし、神龍くんにも『ぜひATTに来てください』と言っていたんですけど、彼はすごい悔しそうにしていたので絶対来ないと思うけど、絶対に海外で練習したほうがいいと自分は思います」 ──本人も先ほど「絶対行かない」ということでした。 「ガハハハハ」 ──今日ギロチンチョークを、尻をついた状態からセットし直して仕掛けていました。練習でよく極めていますか。 「練習で結構極めていて、入った感じちょっと浅かったのであまり力を使わず、ただそのポジションをキープして、スイープとか狙っていたんですけど、それは神龍くん、分かって対応していたので、ちょっとホールドして違うポジションに変えようと、繋ぎでやっていました」 ──これまで組み技の強さを知られている堀口選手ですが、柔術の強さも今日知らしめられました。リストコントロールしたときに、神龍選手の巻き込み前転をもらいながら、最後はそれをさせずに、リアネイキドチョークを極めていました。ご自身の柔術の進化についてはどうとらえていますか。 「この試合というより、アメリカに渡ってからずっとレスリング、柔術っていうのを強化していたので、練習では結構極めているんですよ、チョークだったりを。だからまあ、いつでも使える自信があったから、ああいう形で取りにいきましたね」 ──Bellatorとの契約の今後について、今回かけたベルトが初戦はBellatorのベルトだったものが、今日はRIZINのベルトだった点も含めて伺えますか? また新婚生活はアメリカで送るのでしょうか。 「Bellatorの契約はどうなるか自分もまだ分かってなくて、PFLがフライ級やるのかどうかも分からなくて、自分もまだ全然先が見えてなくて。これでリリースなのか、どうなるかっていうところなので、それが分かってから動こうと思っていて。 ──今のお話ではリリースの可能性もあるのですね。 「多分あると思います、PFLにはフライ級とか軽い階級が無いので多分そうなると思いますが、まだ分かりません。あと、新婚生活は基本的にアメリカでしたいけど、ビザとか彼女が無て、その手続きなどをしっかり済ませて向こうで暮らせればいいかなと思っています」 ──神龍選手から2試合契約と聞きましたが、再戦の時期はどのくらいで考えていますか? 「2試合契約ですか? 俺、それ聞いてないな。うーん、だから分からないっスね。すみません。それ、神龍くんのRIZINでの試合が2試合契約ってことじゃないんですか? 俺と2試合やるって言ってました? 本当ですか?俺、それ聞いてないな(苦笑)」 [nextpage] 神龍誠「絶対やり返すんで。そこまでまた這い上がるだけ」 ──試合後の率直な感想を。 「やられました。悔しいです」 ──どういったところが具体的にやられたと感じましたか。 「1Rやったときに“勝てるな”と思ったんですけど、2R序盤にパンチか何かで効いてバランス崩して、“うわーっ”てなって焦ってしまって、“取り戻さないと”というところで結構スタミナを使ってしまって疲れてしまいました」 ──堀口選手のパンチをもらったが決め手になってしまったということでしょうか。 「そうですね、そこからの詰め方が上手かったのですかね」 ──実際に戦った堀口選手のイメージは戦う前と違うところはありましたか。 「いや、うーん……。組んだ時に何か『すごい怪力だ』と、いろんな人が言うじゃないですか。そこは組んでみてそういう風には思わなかったし、全然勝てると思ったので、そこは想定内だったという感じです」 ──勝敗を分けた一番のポイントは 「一番のポイント……まあ僕が焦っちゃったことですかね。あとはそのバックチョークが入らないと思っていたのですけど、汗で滑って入ってきちゃったので、そこは想定外だったっスね」 ──どのくらい練習を重ねたら堀口選手に勝てると思いますか。 「どれくらい? うーん本当に戦い方とか、経験ですかね、はい。どこが足りないというのは試合であまり思わなかったので。そうですね、戦い方が相手は上手かったので、またそこをちょっと勉強して頑張ります」 ──試合前には「堀口選手を倒して世界に進出したい」と。打倒・堀口を目指していくのであれば来年以降もRIZIN中心に戦っていくのでしょうか。 「うーん、まあそうっスね。とりあえず堀口選手がRIZINチャンピオンなので。そこのベルトは獲らなくちゃいけないので。勝ち続けてまたやります」 ──試合前に堀口選手について、「おそらくフライ級で世界最高クラスではないか」という発言をされていました。実際戦ってその印象はやはり感じましたか。 「うーん。まあ、最強なんじゃないですか?僕、負けてるんで。信じられないです、自分が負けたことが」 ──この会見も含めて、試合前からも自信があるように思えましたが、それは意識的にそう振る舞っていたのではなく素直にそう思っていたからですか。 「はい、自信はありました。絶対俺が勝って時代を変えると思っていました」 ──試合を終えてもその自信には揺らぎはないですか。 「そうですね、うーん、でも負けているので何とも言えないですね、まだ僕が一番じゃないので。やり続けてやり返して一番になるしかないのんで、そこを目指します」 ──具体的な技術やフィジカルで通用するとか、ここは自分のほうが上回っていると思った箇所はありましたか? 「1Rは多分取っていたと思うので。何だろう、でも一瞬展開を握らせてしまったら結構詰められるっていうか。そこら辺は、経験値の差を感じました」 ──堀口選手から「一緒にATTで練習しないか?」と呼びかけられて言ました。将来的にもう1回対戦したいとしても、あえて練習してみることはありますか。 「行かないです、絶対やり返すので、それまでは絶対に行かないです」 ──試合を終えたばかりですが、今後の展望・来年の目標などを教えていただけますか。「うーん。まあ、そうっすね、絶対やり返すんで。そこまでまた這い上がるだけですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント