MMA
インタビュー

【RIZIN】怒りのYA-MAN「心の底からボコボコにしたい」「アイツのパターンはほぼほぼ読み切っている」「一生嫌いなので」

2023/12/30 21:12
 2023年12月31日(日)『RIZIN.45』(さいたまスーパーアリーナ)に出場する全選手の個別インタビューが、29日(金)都内にて行われた。  第14試合のRIZINフェザー級(66.0kg)5分3Rで、平本蓮(剛毅會)と対戦する、YA-MAN(TARGET SHIBUYA)が出席。「早く試合がしたいですね。自分がどれだけMMAが出来るんだろうっていうのも気になりますし、早く平本をボコボコにしたい。トラッシュトークではなく本当に心の底からボコボコにしたいですね」と言い放った。 ――平本選手の試合の印象は? 「口では強気ですけれど試合では弱気だなって感じですね。つまんねえ試合ばかりしているなって」 ――どんな試合展開を予想? 「打ち合いになるんじゃないですかね。逆に向こうがテイクダウンに来てくれたらこっちとしてはラッキーって感じですね。向こうがスタンド一辺倒で来たら打ち合いになるんじゃないですかね。いつも通りな感じになると思います」 ――平本選手を父親より憎いと言っていた。なぜそこまで嫌いになった? 「自分に対する誹謗中傷とか悪口とかは何も思わないですよ。でも自分の周りの人を傷つけること、特に自分が世話になった人を侮辱したことに対して本当に許せないって感じですね」 ――平本選手が会見では大人しかったのを見てどう思った? 「あれは面と向かってはビビって言えないんじゃないですかね。陰キャだと思うので。SNSでは強いネトヤンですよね(笑)。面と向かったらビビっちゃうし、自分がリスクを背負ったらビビッて保険をかけちゃうし」 ――試合で100%を超えられるのはなぜ? 「それは自分でも分からないですよね。アドレナリンが普通の人より多く出ちゃうからじゃないですか。練習であんなに速く動けないですもん。試合になったら120%、それ以上出しているんじゃないかって。自分の試合を見たら自分でビックリしますもん。俺ってこんなに速く動けるんだって」 ――井岡一翔選手のジムでボクシングを練習して、そこで得たものは? 「一番は基礎です。ジャブの打ち方や足の使い方を学べたのと、あとは試合に対する考え方。格闘技はフィジカルのスポーツじゃなくて思考のスポーツだと井岡さんの試合を見て思ったので、そういう考え方をあそこのジムで学んでいます。戦略の立て方とか。それが一番大事だと思っています」 ――それは朝倉未来戦でも活きた? 「そうですね。ここ2年間くらいは井岡さんのジムで学んだことを活かして。あそこのジムに行ってなかったら、島田トレーナーにボクシングを教わっていなかったら今の自分はないなってくらいボクシングのトレーニングは活きています」 ――平本選手が朝倉未来と試合をしたいと言って、この試合をステップに考えているようだったことをどう思うか? 「この先を考えているヤツとこの試合に死力を尽くそうと考えているヤツがいたら、どっちが勝つか決まっているんじゃないですか。自分は平本に勝てれば後のことはどうなってもいいくらい、アイツにだけは勝ちたいですね」 ――FIGHT CLUBが終わった後に、朝倉未来選手との会話は? 「終わった後は未来さんがすぐ会場を出てしたので、その後のBreakingDownで会ったのが一発目ですね。あそこでビックリしました」 ――それ以降はジムなどで会った? 「会ってないです」 ――5月に対戦してその後に練習もした三浦選手が、平本選手のチーム入りしたことについては? 「格闘家としては全然アリなんじゃないかなと思います。自分がより強くなれる環境に行くのは、周りの目を気にしないでこっちに行ったら自分が成長できると思った方に行ったのなら、それは格闘家として正解じゃないですかね」 ――その後にまた三浦選手がYA-MAN選手と練習したいと言ってもOK? 「はい。平本が嫌いなだけであって平本チームの他の人たちは全く嫌いではないので、そこは何も思わないです。強くなるのであれば強くなる環境に行くのは何も間違っていないと思いますよ」 ――RISEの伊藤代表が、YA-MAN選手はリング運を持っていると評したが、自分でも持っていると感じる? 「リング運はあまり感じたことがないですね。運とか神頼みはあまりしない。それが全部実力だと思うので。運とかはそんなに信じてないです」 ――逆境を引っ繰り返す力は持っている? 「それは持っています。気持ちの問題ですね。さっき言った100%を超えられるっていうのが、120なのか150になるのかっていう。逆境になったら多くなっていくのが自分の力かなと思っています」 ――伊藤代表が順当にいったら平本と予想していたことの感想は? 「(笑)。でも、相手は実績があるので普通に実績で比べたら世間の人はそう思うんじゃないですかね。でも自分は今までそういう実績のある選手から覆してきた。絶対負けるだろうって言われてこの2~3年間ずっと逆境を引っ繰り返してきたので。だから相手の想像を越えられる。相手はビックリすると思いますよ」 [nextpage] アイツのパターンはほぼほぼ読み切っている ――重点を置いたトレーニングは? 「新しく取り入れたのは柔術ですかね。重点を置いてるのはあまりなくて。試合前だからと言ってルーティンを変えないんですよね。この1~2年くらいずっと同じル―ティンで練習しているので、試合前も試合後もそんなに変わらない。衣は着てないです」 ――得意なムーブは? 「それはありますね。そこは狙っているので言えないです」 ――試合は冷静に行くか、それとも怒りの感情をリング上に持っていくか? 「今回は感情に任せると思いますよ。それが多分、自分の100%を越えられる根源だと思っているので。今回はそんな冷静にいられないと思いますね。いこうとも思ってないですし。自分の感情の赴くままに試合をしたい感じです」 ――試合後のノーサイドはない? 「100%無いですよ。一生嫌いなので、あいつのことを。完膚なきまでにぶっ倒したいですよね」 ーー朝倉未来戦でのパンチ対策は島田トレーナーから伝授されたもの? 「そうですね。伝授というよりも2人で話し合ってこっちの方がいい、こうの方がよくないか、って2人で話し合って実践して、2人で一緒に作っていく感じです。戦略に関しては島田さんにほぼ任せています」 ――伊藤代表やRISEの他の選手からのアドバイスは? 「自分は聞かないですね。自分が信頼している人の言うことしか聞かないので、そこで信頼しているのは打撃に関しては島田さんを一番信頼しているので。島田さんがこれがいいねと言ったら試してみて感想を伝えて、戦略を変えていって…みたいな。戦略は2人で作り上げている感じです」 ――vs.平本に関しても戦略はもう出来ている? 「アイツのパターンはほぼほぼ読み切っているので。そこがジュニアからやっているヤツの弱みかなと。癖は絶対に抜けないので。だから何をやって来るか分かりますよね」 ――RISEでの伊藤戦、山口戦では先に一発もらって倒れることがあった。MMAではありえない? 「MMAではありえないです。ぶっちゃけ、キックボクシングの試合の時は倒れてもいいやと思ってやっているので。何回ダウン奪われても最後は倒せばいいやって。むしろ、もらいにいってる感もあるんですよ。でもMMAはまた違うので、そこはちょっと変えますね」 ――OFGでの倒し方はキックボクシングで身に付けたものが活きる、そこで差がつく? 「OFGでの打撃に関しては自分の方が熟知していると思うので。普通のグローブとオープンフィンガーでは効かせ方が全く違う。そこを自分は理解していますね。だから、そこの差はあるんじゃないですか」 ――ちゃんと準備をして試合に臨んでいるように見えるが? 「準備はめちゃくちゃしていますが、試合ではこれを当てようとかは何も考えていなくて、身体が勝手に動いてくれるんですよ。本当に何も考えない。その分、ハンドスピードや反社スピードが速いのかなと思います」 ――MMAのキャリアがないと言われるが、自分の中ではそんなことないとの想いはある? 「MMA選手の中で言ったらMMA歴は短いですが、それをカバーするだけの打撃のスキルがあるのでそんなに心配はしてないです」 ――得意な極め技を極めたい? 「ストライカーが極めたら、特に自分なんかが極めたらめちゃくちゃ盛り上がると思うのでやりたいですね。平本をタップさせるのはいいですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント