MMA
インタビュー

【RIZIN】ヒロヤと対戦する新井丈「倒すことに全振りしてるパンチャーは少ない」「ひっくり返すのが気持ちいい」=大晦日連続インタビュー(1)前篇

2023/12/22 10:12
 朝倉未来がYA-MANにOFGのキックルールで倒れた同日、後楽園ホールで年間ベストバウトとも言える死闘を生き残った男がいる。  新井丈(25・和術慧舟會HEARTS)──修斗史上初の二階級同時制覇王者は、MMA9連敗から、怒涛の11連勝で、修斗ストロー級(52.2kg)そしてフライ級(56.7kg)王座についた。  2022年から2023年の2年に7戦全勝。「年間MVP」候補としてのインタビューの最中、2023年の4試合目が決まった。RIZINでのヒロヤ(ジャパントップチーム)との57kg契約試合だ。  急転直下のRIZIN参戦。そして朝倉未来門下生の人気者とのフライ級戦。小学生の頃、ジョン・シナの逆転劇を“食らって”、公園の仮想リングで拳をかわしていた新井丈は、大晦日、さいたまスーパーアリーナのリングに立つ。  本来はストロー級が適正、まだフライ級の身体にはなっていない新井は、「みんな心配すると思うんですよ。本当に大丈夫なの? って。それをひっくり返すのが気持ちいいから、俺にはプラスになります」と語った。 【独占インタビュー】大晦日連続インタビュー(1)新井 丈大晦日連続インタビュー(2)斎藤 裕大晦日連続インタビュー(3)ヒロヤ大晦日連続インタビュー(4)新居すぐる大晦日連続インタビュー(5)YA-MAN大晦日連続インタビュー(6)皇治大晦日連続インタビュー(7)弥益ドミネーター聡志大晦日連続インタビュー(8)堀口恭司大晦日連続インタビュー(9)朝倉海 当日、相手が5、6kg重いのを覚悟して準備している ――11月19日の修斗世界フライ級タイトルマッチから約1カ月が経ちました。山内渉選手との「死闘」と言ってもいいかと思います。あの試合を終えていまはダメージなどいかがですか?(※取材は12月15日に行われた) 「いまはもう大丈夫です。自分がやりたいような試合、理想としてた試合になったし、それを見ている人も自分が 思った以上にパワーを感じてくれた。反響が一番デカかったから。それこそ『泣きました』とか、『おかげで本当力をもらって、明日から頑張ろうと思います』みたいなDMが飛んできたりしたので。そういう言葉のおかげでけ怪我も早く治ったのかなと思います」 ――修斗ストロー級世界王者として、フライ級王座に挑んだ。修斗のストロー級は52.2kgで、フライ級が56.7kgなので4.5kg差があります。軽量級でこの体重幅はキツい。実際の計量は56.6kgのアンダーで計量していましが、いまは通常体重はどのくらいですか。 「通常は59、いって60ですね」 ――では、練習したらリミット近くになってしまうくらい。ほぼ減量は無かったのでは? 「そうですね。練習後は下手したらリミットくらいになりますね。減量は、本当無いです。調整というか、追い込みだけして動ける身体にするというだけですね。当日、相手が5、6kg重いというのを覚悟して最初から準備しているので、辛いのは分かっているから。しょうがないなと」 ――向き合ったときにフレームの差を感じました。中央を取った新井選手に対し、一回り大きな山内選手もいきなり前蹴りから押し戻して圧力をかけてきて、ケージに下がらせられました。飲み込んでやろう、という風に感じました。 「そうなんですよね。蹴りとか前の詰め方が上手かったので、圧力を感じたんですかね。下がらざるを得なかったです。けど一発一発の威力というのは、自分が想定していたより軽かった。“これなら受けれるな”って。でも序盤はちょっと俺が手、出せないなという感じで、どうしたものかなというので考えてた感じですかね」 ――初回にダウンを奪ったシーンは覚えていますか? 「覚えてます。左で飛び込んで、右ボディ、相手の左に右。まあ流れではあるんですけど。特別狙っていたわけでもないです」 ――プレッシャーをかけられながらそれでも頭を振って当てた。2R、3Rと山内選手の蹴りとリーチあるパンチを被弾しながらも、3Rに右を当ててKOした。新井選手の拳はなぜ効くんでしょうか。 「最近になって考え始めたんですけど……本当に全身でブッ倒す気で殴ってるというのは、意外とみんなやってないことなのかなというか。“当てよう”とか、タイミングとかを気にしてると思うので、倒すということに全振りしてるパンチャーは少ないと思うんです。それをやってたら、昔はテイクダウンを簡単に取られてたけど、HEARTSの練習のおかげでほぼフルに近い感じで振っているけど、テイクダウンの反応ができるようになったんです」 ――山内戦で組みはほぼ切った。3月の関口祐冬戦でもパンチのタイミングでしっかり懐に入られているのに、組みを何度も切っていました。いったいどういうことかと感じていました。 「たしかに。俺も映像で見て自分ですげえと思いましたよ(笑)。振りながら相手が入ってきてるのは分かっていて、反応ができている」 ──「ほぼフルに近い感じで振っている」と言いましたが、たしかに決してフォームが綺麗ではないスイングもありながら、軸がしっかりしているから戻せる、反応が出来るんでしょうか。 「パンチは昔から人より強く打てたというのはあるんですけど──ちょっと話が脱線しますが、最近、野球を見るんです。やっぱ佐々木朗希って日本で一番速い球投げるじゃないですか(165キロ)。でも、佐々木朗希より筋肉量が多いピッチャーっていくらでもいるでしょう。なんであれだけ差があるかと考えたら、たぶん連動性だと思うんです。関節一個一個、地面から下からもう全部バチンって一点で力を出力する、身体の使い方が上手いじゃないかと思うんですよ。自分もそれに近いんじゃないかなって」 ――その感覚はいつから? 「感覚はたぶん昔から持っていたんだと思います、始めたときから。それにフィジカルがついてきたというのもあるんですよね、最近は」 ――新井選手はマッチョではないですものね。 「全然マッチョじゃないっすよ。もう憧れますもん、かっこいい身体に(笑)。普通にコンプレックスでした」 [nextpage] クラスから3人選抜で公園で殴り合った ――服を着ていると身体つきは普通の人に見えます。新井選手は格闘技を始める前は何かスポーツをしていたのですか。 「元々はちょろっとサッカーをやって、小中と。ポジションはサイドのハーフ。ウィングで動いたり、攻める系。当時は本当にパス回してゴールに向かって蹴っていくくらいしかやってなかったですね」 ――縦に行ったり来たり、運動量が必要ですね。 「まあでも身体能力も目立つほどでもなかったです」 ――サッカー少年だった。格闘技は? 「格闘技は小学校くらいからプロレス見てたんで。そのときから血だらけになっているような、金髪の高山(善廣)さんとか。あんな悪そうな人いるんだなと思って」 ――悪役が好きなんですね。そういえばジョン・シナのタトゥーを腿に入れていましたね。 「そうですね、悪役がやられてもやられても諦めずに逆転する姿を食らって。それが“NEVER GIVE UP”の原点なんですよ。最初は子供の頃にプロレスごっことかもしてたし。中学生くらいになったらグローブとかヘッドギアを買い揃えて、クラスで3人選抜を出して、俺ともう1人仕切りで、総合チックな地下格みたいなスパーをしてました」 【写真】新井がインスパイアされたという山本“KD”徳郁、トリプルH、ジョン・シナのタトゥー。 ――選抜? それは悪いやつですね(苦笑)。いったいどこで? 「ちょうどリングみたいな公園があったんですよ。そこに2人で閉じ込められて。下はコンクリで」 ──危ないからよい子は絶対に真似しちゃダメです。 「他のクラスのやつらが斜め上から見ててそれを判定するみたいな」 ――やんちゃ時代の梅野源治選手も同じことやってましたよ……。 「そうなんだ(笑)。それだけやりたくなっちゃうような、熱狂はしていましたね。素人ながら勝って、どっちかが肋骨いっちゃうときもありましたけど、調子良かったっすね」 ――路上スパーからキック経験も何もなく、キングダムに入った。 「高校1年生のときですね。中学まではサッカーをちょろっとやったり、途中で辞めたりしたんですけど、高校上がったタイミングで、格闘技をやってみようかなと。地元で家から近かったんで選びました」 ――入ってみて自分が思っていた通りでしたか。 「最初は圧倒されたし、自分もボコボコにはされたんですけど、ある程度プロとか選手でやっていこうって思い始めてからは、“ここじゃ厳しいのかな”と気づいて。というのもプロ選手がほぼいないから、トップに行くには限界があった。それで(和術慧舟會)HEARTSに移りました。キングダムから円満に移籍したので、それは大沢さんにも褒められますね」 ──だからこそ今でも自主練習では以前の仲間にキングダムでミットを持ってもらっているのですね。 「そうですね。昔からやっている相方と。HEARTSでちんちんにやられたことを持ち帰って、自分である程度自由に出来る環境で落とし込んでいますね」 ――キングダム時代からHEARTSには出稽古には来ていたのですよね。 「最後のほうに2、3回だけ。それこそいろいろ考え始めていたところなので、やっぱり日本で同階級で修斗とONEで王者にもなった最強の猿田洋祐さんがいて、しかも自分とは真逆のグラップラー。この人とマンツーでできれば強くなるなと思って、2、3回出稽古に来て、移籍を決めました」 ――出稽古でやられて気持ちは折れなかったですか。 「“こんなに違うんだ”って思いました。でも全然ネガティブではなくて、この人にボコられれば強くなるだろうと」 ――2022年7月に猿丸ジュンジ選手を1R KOに下してストロー級のベルトを獲ったときに、控え室で「もともと猿田(洋祐)さんのベルト」と言っていた言葉が印象的でした。同じ階級に猿田選手がいて、空手ベース、キック、レスラーと様々な選手がHEARTSにはいますね。そしてほとんどが新井選手より大きい。 「やっぱり自分より強い人に日々やられるというのはすごい大事かなと思います。猿田さんも含めて、ここでは俺が一番ちっちゃいんで。レスリングではライト級で江藤(公洋)さんがいて、三階級違うし」 ――それだけ階級差があったら普通は組まないですよね。みんな自分より大きい。江藤選手のクラスは……。 「対戦相手はあんな重くないし、身長もデカくないけど、試合の練習というより、“江藤塾”はメンタルの補強ですね。気持ちをズタボロに折ってもらう。そこにしっかりと気持ちを作るって、練習から挑んでいくというのが大事なんじゃないかなと思ってます」 ――大きな相手とやる、そのために日々の練習で「気持ちを作る」のは大変ですね。 「本当ですよ。日々積み重ねで、サボれない」 (※新井丈がヒロヤについて語る後篇に続く)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント