MMA
ニュース

【PANCRASE】溢れるZST愛とともにPANCRASEのベルトを争う伊藤盛一郎と有川直毅──「自分がどうなろうと、このベルトは絶対に獲ります」(伊藤)×「ZST王者の伊藤選手の背中を見て越えたいと思って来た」(有川)

2023/12/12 20:12
【PANCRASE】溢れるZST愛とともにPANCRASEのベルトを争う伊藤盛一郎と有川直毅──「自分がどうなろうと、このベルトは絶対に獲ります」(伊藤)×「ZST王者の伊藤選手の背中を見て越えたいと思って来た」(有川)

(C)ゴング格闘技

 2023年12月24日(日)神奈川・横浜武道館にて開催される『PANCRASE 340』で「フライ級暫定王者決定戦」に臨む、同級1位でZST第3代同級王者の伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/ZST)と、同級3位の有川直毅(K-PLACE)が12日、調印式に出席した。

 ともにZSTカラーであるブルーのスーツを直用して調印式に臨んだ伊藤と有川。

 伊藤は、16勝4敗2分。うち10試合で一本勝ちを誇るグラップラーだ。ZSTを主戦場に2017年にRIZINに参戦し才賀紀左衛門に勝利も、階級上のマネル・ケイプと58kgで、続けて59kg契約で神龍誠に敗れたが、その後、ZSTで浜本“キャット”雄大に1R TKO勝ちすると、RIZINで橋本薫汰に2R 一本勝ち。

 2022年12月にPANCRASEに参戦し、上田将竜、秋葉太樹をともにリアネイキドチョークで極めるなど、4試合連続のフィニッシュ勝利を飾っている。

 対する有川は、8勝4敗1分。伊藤と同じくZST出身で、2019年からPANCRASEに参戦し、3連勝。2023年4月のコルトン・キエルバサ戦では、ONE FFで藤沢彰博を秒殺している強豪キエルバサを相手に、ヒジでカットさせてTKO勝ち。今回の暫定王座戦を決めた。

 会見冒頭で有川は、「最高の相手と最高の試合ができるように頑張ります」と語ると、机上のベルトが、中央に置かれなかったことを指して「ちょっと伊藤選手寄りにベルトがあるんで、自分の腰に巻けるようにしっかり倒したいと思う」と笑顔で語った。

 対する伊藤は、「試合まで2週間を切って、ここ何年かで無いくらい怖いくらい調子いいので、過去最強の自分を見せられると思います。期待してください」と戴冠に自信を見せた。

ギラギラしてきて燃えています(伊藤)

──11月15日の会見では「あと2カ月、しっかり練習で仕上げたい」と語っていました。試合を12日後に控えた現在までの状況を教えてください。

有川 自分は打撃が得意なので、打撃のスピードがさらに増したことが自信になっています過去イチ速いかな。それくらい仕上げてきている。そして寝技も練習してきたんで、最近“また耳沸いてきたんじゃね?”っていうくらい練習してきました。

伊藤 5分5Rで、いつも1R、2Rで極まっていますが、今回、5Rいっても大丈夫。試合まで2週間を切ってギラギラしてきて燃えていますね。スピード感とかもかなり上がってきて、必ずフィニッシュできるんじゃないかと思っています。

──有川選手に伺います。組みを得意とする伊藤選手は柔道ベースで独特の投げも持っています。対柔道家対策はいかがですか。

有川 K-PLACEで一緒の大会に出る栁川唯人(vs.Ryo)もそうですが、柔道の組み技の練習もしてきましたので問題ないです。

──伊藤選手は、前回の有川選手の試合でコルトン・キエルバサ選手の強い組みを凌いで際の打撃でフィニッシュした有川選手の打撃にどんな印象を持っていますか。

伊藤 前回、ヒジ・パンチでカットさせて勝っているので、そのへんの際の動きは気をつけなきゃいけないし、自分もその際はチャンスだと思って意識しています。

──いま実際に目の前にベルトがあって、どのようなお気持ちでしょうか。

有川 日本一かっこいいベルトだなと。ちょっと今、伊藤選手寄りにあるので(笑)、自分の腰に巻けるようにしっかり倒したいと思います。

伊藤 有川選手も言ったけどすごいゴツゴツしていてかっこいいなって。自分のジム(リバーサルジム横浜グランドスラム)の後輩の内藤由良がミドル級のベルトを持っていて、それと比べると(フライ級のベルトは)ウエストとか細いなって。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント