MMA
インタビュー

【RIZIN】太田忍、芦澤竜誠に屈辱の「マザーズミルク」を予告。「一発も被弾しないで一方的な展開で極められればいい」=大晦日『RIZIN.45』

2023/12/11 18:12
 2023年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナ『RIZIN.45』のバンタム級(-61.0kg)5分3Rで、芦澤竜誠(フリー)と対戦する太田忍(パラエストラ柏)が11日、都内KIZUNA BASE GYMで公開練習。  芦澤の顔写真を貼り付けたサンドバッグに「だっふんだ」と声を上げながら腰を入れずにパンチ、キックを打ち込んだ。  太田によれば、「いつも通り」の練習とのことで、「面白いシャドーだと思って。どっかで見た事ある人を真似してみました」と芦澤の打撃を模倣した動きであることを示唆した。  2018年の第2代K-1スーパー・フェザー級王座決定トーナメント3位の芦澤の打撃について「K-1で活躍してました? 打撃……どうなんですかね」という太田は、「キックボクシング、K-1で通用していたかしていなかったか。いずれにしてもMMAにどれだけ順応しているかは分からない」と疑問符をつけた。  自身の打撃では、2023年4月の 『RIZIN LANDMARK 5』で倉本一真に1R、右フックでKO勝ち。7月の『超RIZIN.2』では、ストライカーの瀧澤謙太にもスタンドバックからのパンチ連打で瀧澤を場外逃避させ、1R TKO勝ちしている。  スタンド面で「成長しているかどうかは自分で評価するものではないですけど、打撃でも倒している」と自信をのぞかせる太田は、芦澤による「太田は背が低い」の言葉に「格闘技なんでリーチの差はアドバンテージになると思いますけど、彼はそれ以外で僕に勝てる要素を挙げられなかったのかなと思います。何をとっても僕が優っている、勝てる要素が無いから、唯一リーチの差を挙げたのかなと」と反論。 「僕は自分より身長やリーチのある選手ともやっています。2戦目の久保選手は彼よりもリーチがあって打撃が強い。瀧澤選手もリーチがあって、佐藤将光選手もそう。初めてそういう選手とやるなら話は変わりますが、しっかり経験しているので、うーん、ちょっと何を言っているか分からなかったですね」と、会見での芦澤の言葉を一蹴した。  前戦では、ONEなど海外でも活躍する佐藤将光に判定負け。周囲から「善戦した」と言われたが、「善戦じゃない、完敗だな。コントロールしてたのは僕、フィニッシュを意識していたのは佐藤選手。あの試合後、壁レスリングでかかと(蹴り)は採り入れました。軽くちょんとやるだけでも相手が嫌がる。それに課題だった、寝かせてからコントロールすることも出来ている。足りないものを補える姿勢になれた試合」と収穫があったとする。 「RIZINの中ではレスリングで僕より強い選手はいない。自分にレスリングのバックボーンがあって、相手は警戒してきてくれるので、何もしなくてもレスリング力がプレッシャーになる。ただ、MMAレスリングという意味ではもっと上を目指していかないといけない」と言う太田が今回、取り組んでいるのは、MMAに置いての「テイクダウン、コントロールの“その先”」だ。 「正直、佐藤選手を極めたりKOするヴィジョンが浮かばなかったので、あのときはあれでいいと思ってやってたんです。終始コントロールするのが目的で、僕もそんなに目に見えるダメージはなかったけど、あれじゃ勝てないと分かったんで、しっかりフィニッシュを狙う姿勢を見せないといけない。RIZINルールで戦うにはそこを理解しておかなくてはいけなかった。改善が必要だと思ったので、いまはそのテイクダウンの先だったり、壁での攻防だったり、フィニッシュを狙うような練習は出来ていると思うので期待してください」  芦澤戦では組んで投げて倒して押さえて削って「極める」。そのフィニッシュ技を「マザーズミルク」と予告した。 「マザーズミルクで極めようと思います。決まり手の名前も屈辱的じゃないですか。あれ、結構極まりますからね。ヤバいですよ。あまりMMAでの決まり手にないので、外国人の骨格の大きな選手がグラップリングで極めていますけど、軽量級でしかも上半身裸の状態で、マザーズミルクが極まったら、ちょっと盛り上がるんじゃないですか」と、マウントから胸で赤子に乳を吸わせるように圧迫して極める、近年、再び流行りだしたグラップリングテクニックでタップを奪いたいと語る。  理想の勝利の形は「一発も被弾しないで1Rで極められればいいかなと。2連勝したときと同じ一方的な展開が理想」だという。  懸念点は、リングでの場外エスケープだ。 [nextpage] タイトルマッチにからむ試合ではないけど── 「リングでもケージでもどちらでもいいんです。RIZINで『リングはやめろ』という声も聞きますが、前もってどちらでやるか決めてもらえれば、それ用の練習をするので。ただ、リングはテイクダウンしたときに、(足を伸ばしたり、頭を出したり)下から逃げられる。元谷友貴戦の序盤で、テイクダイウンに行って『リングから落ちればスタンドから再開』が痛かったので、そういうのが無ければいいんですけど……僕のタックルは(相手が)飛んじゃうんで、そうなったら中に引っ張り込もうと。中で中でやろうかなと思います」と警戒した。  海外挑戦も視野に、「2024年内にRIZINでチャンピオンになる」と目標を立てている太田にとって、今回の芦澤戦は「そこにからむ試合ではないけど、大晦日には、井上(直樹)選手もたぶん出来ないのでオファーを受けた」という。  10月の佐藤戦前には、平本蓮のヘアスタイルを揶揄して「万が一負ける事があったら、この世界で5番目くらいに恥ずかしい髪型で1日中過ごす」と公約し、実行した。  今回は「芦澤君のYouTubuでも何でも1日、言うことを聞きますよ。負けたときのことを言うのは何ですが、SNSでつまらないことをやってもしょうがない。僕が勝ったら社長がご飯に連れて行ってくれるというので」と、絶対の自信を持って、大晦日に臨む。  本誌の取材に「MMAでテイクダウンを警戒したらそんなに打撃は出せない」とストライカーの芦澤を斬り捨てた太田は、「僕とやった後に、『もうMMAはやらない』と泣いてしまうんじゃないか」と圧勝を予告しており、最後は「自分のやるべきことをやるだけ」と気を引き締めた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント