キックボクシング
インタビュー

【KNOCK OUT】栗秋祥梧、練習は週1回で2時間「やるべきことはやってるので。あとは試合中に狙って倒すだけ」

2023/12/06 20:12
 2023年12月9日(土)東京・後楽園ホール『MAROOMS presents KNOCK OUT 2023 vol.6』にて、KNOCK OUT-BLACK-59.0kg契約3分3R延長1Rで下地奏人(RIOT GYM)と対戦する栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)のインタビューが主催者を通じて届いた。  9月大会ではK-1 GROUPとの対抗戦で玖村修平を鮮やかな初回RKOで切って落とした栗秋は、次に用意されたのが沖縄の新鋭だったことに不満だったという。デビューから8戦全勝という相手を前に、栗秋はどう感じているのか? 圧倒して勝つのがもう見えてます ──今回の試合に向けて、今は追い込み期間というところですか? 「そう……らしいですね。みんなそう言ってます。僕は追い込みとかあんまりやらないんで」 ──ではこの試合に向けては、どれぐらいのペースで練習を? 「週1回…この前は2時間ジムにいたんですよ。だから週1回、2時間ってところですかね。前回、玖村戦の時よりはやってないですけど。全然気持ちが入らないので、別にいいかなと」 ──それは対戦相手が物足りないからということですか? 「まあ、そうですね。会見で山口元気代表から『デビュー戦を思い出してほしい』と言われて、『そういうことか』とは思ったんですけど、『今、それは自分に必要なのかな?」とも思います。まあ、試合があるのはとてもありがたいことですし、自分もそうでしたけど地方からもどんどん選手が出てきて、自分がその相手をする番が回ってきたのかなと思って、今回は頭を切り替えて受けることにしました」 【写真】9月大会でK-1 GROUPからの刺客・玖村修平を初回KOした──ここでいい勝ち方をして、発言権をもっと確かなものにしようと。 「そうですね。どうしても前回の試合と比べて、なかなか自分を奮い立たせるのが難しいんですけど、試合は試合だし、若い選手に『栗秋祥梧』っていう壁を越えさせるわけにはいかないので、キッチリ潰してやろうと思ってます。それを今回キッチリと証明して、次につなげたいですね。そうでないとやってられないので」 ──で、今回対戦する下地奏人選手なんですが、どういう印象ですか? 「お相撲さんみたいだなと。それか、坊ちゃんみたいな感じですかね」 ──それは見た目の話ですか? 「はい。だって、試合の印象って別にないじゃないですか。試合映像も見ましたけど、よくあれで勝ってきたなと。何で俺に当てたんだろうと思ってますけどね」 ──では余裕で勝てる? 「そうですね。KOにしろ判定になるにしろ、圧倒して勝つのがもう見えてます。油断はしてないけど、冷静に見れてますね。本当にここで勝って、次は玖村選手より強いヤツを連れてきてほしいし、対抗戦の方が燃えるし注目も集めるので。誰でも呼んできてくれたら、ぶっ倒しますから」 ──それを要求できるような勝ち方をすると。 「はい。というか、負ける要素を感じないですから。毎日、勝ってるイメージしか出てこないし。自然とそういう形になるんじゃないかなと思います」 ──周りからも「勝って当然」と思われていると思いますが、それがプレッシャーになったりは……。 「まあアマチュアの戦績とか、プロになっても8戦8勝とか、そういう戦績をぶら下げて『KNOCK OUT』に来てるんで、そういう面では文句はないけど、戦い方が気に入らないんで。『ちゃんと倒しに来いよ』って言いたいですね。いつも下がって下がってカウンター狙いばっかりみたいなんで。『KNOCK OUT』に来てるんだったら、闘志を見せろよと言いたいです。ぶっ飛ばしに来てほしいですよね」 ──最後はもちろん倒す? しかも、前以上のKOを期待されると思いますが。 「噛み合えば。まあ噛み合わなくても、3Rまでには相手は倒れてると思いますけどね。けっこう弱点もあったんで。いろいろ研究したので、そこだけ狙っておけば、遅くとも3R、早くても1R…後半かな。玖村戦は早すぎたんですよね。玖村選手の方が打ち合いに来てる印象があって、すごく熱くなれたんですよ。今回は真逆なタイプで、逃げられると面倒くさいかなと思ってて。もし相手が逃げても、3Rには仕留められると思ってますけど」 ──何かと引き合いに出るほど、玖村戦の手応えが大きかったということですよね。 「そうですね。周りから『コイツは強いよ』って言われてる相手の方が、自分を発揮できるんですよ。気持ちが違うので。余裕ぶりたいわけじゃなくて、緊張感が出ないというか。でも今は、練習量は少ないけどやるべきことはやってるので。あとは試合中にそれをガチ合わせて、狙って倒すだけですね」──では最後に、今回の試合で一番注目してほしいポイントはどこでしょう? 「圧倒的強さ。今回だけじゃなく、これから先も『栗秋祥梧』という強さを出していこうかなと思ってるので、圧倒的強さを見せたいですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント