K-1K-1
K-1
インタビュー

【RISE】政所仁、今回は妖怪ではなく“勇者”「とりあえず花岡選手の顔がムカつくんで、ボコボコにしようかなと思ってます(笑)」

2023/11/08 20:11
 2023年11月18日(土)東京・後楽園ホール『RISE 173』にて行われる4人制ワンデートーナメント「RISE NEW WARRIORS スーパーフライ級トーナメント」に出場する、同級1位・政所仁(魁塾)のインタビューが主催者を通じて届いた。  政所は準決勝で同級6位・花岡竜(橋本道場)と対戦。優勝者には賞金100万円と同級王者・大﨑一貴(OISHI GYM)へのタイトル挑戦権が与えられる。 花岡選手との試合も僕がすぐ終わらせる ――試合まで3週間弱となりましたけど調整はいかがですか? 「めちゃくちゃいい感じです」 ――噂によると魁塾の中ではかなりのクラッシャーぶりを発揮して、一緒に練習してる人がよく怪我をしてるという話を聞いたんですが。 「スパーリングを週一回ぐらいやってるんですけど毎回怪我人出てるかもしれないですね」 ――そんなにハードにやってるんですか? 「スパーリングの日はしっかりヘッドギアもして防具をしっかりつけて、試合みたいな感じでがっつりやってます」 【写真】トーナメントに出場する(左から)HIROYUKI、政所、花岡、長谷川――先日RISEの会見に出席した聖愛選手も鼻を赤くしたり目の上にアザを作ったという噂を聞いたんですが。 「聖愛も次の対戦相手が女子のパワーじゃないと思うんで、ちょっと強めに殴ったりしてたら結構アザとか作っちゃいました(笑)」 ――それはジムメイトとしての愛で強く殴ったって感じなんですね。 「完全に愛の鞭です」 ――最近の政所選手というとやっぱり大親友の風音選手の引退は避けて通れないと思うんですけど、気持ち的にはどうですか? 「聞いた時は正直びっくりして止めるというか結構話し合いみたいな感じはしたんですけど、話を聞いたらネガティブな引退じゃないというか。しっかり自分の中で決めたことだったんで今はちょっと寂しい気持ちはありますけど、その分僕がチャンピオンにならないとなっていう感じです。背負うものが増えました」 ――でしたら風音選手の分もっていう気持ちはありますか? 「風音は自分でも戦績を残してたんですけど引退したので、僕がそれを引き継いでやっていきます」 ――今回のワンデートーナメントは一日2試合となりますがいかがですか? 「前回の時は風音に負けて一回しか出来てないので、1日に何試合かするのはプロでは初になるんですけど問題はないかな。多分花岡選手との試合も僕がすぐ終わらせるので」 ――今そこまで実力差が開いてるっていう考えですね。 「マジですぐ終わっちゃうんじゃないですか」 ――去年一度辛酸をなめさせられたことも今はもう全く関係ない? 「もちろんあの膝は警戒してますけどもう貰うことないですね」 ――そのすぐ終わっちゃう攻撃のヒントをちょっとだけでも教えてもらえますか? 「マジで何でも倒せます。蹴りでも倒してますしパンチでも倒せるんで」 ――もう一方のブロックからはどっちが勝ち上がってくると予想しますか? 「どっちなんですかね? 全然分かんなくて。でも長谷川選手も勢いあって終わらすなら早い段階で終わらしちゃうかなと。僕的には3Rやってほしいですけど、早く終わる場合は長谷川選手が勝つんじゃないですかね。だからサウスポー対策も入れて両方ともやってます」 [nextpage] RISEに怒ってます ――公開練習なんですが、いつものネタがなかったんですけど、これはネタ切れと考えてよろしいですか? 「いや、今回はRISEに怒ってたのでやめとこうかなと思って、普通のミット打ちにしました」 ――その怒ってる理由は? 「理由はこのトーナメント自体ですね。今は切り替えてるんであんまり怒ってないんですけど(笑)、ネタ切れです」 ――トーナメントに不服があるというのはどういうことですか? 「僕、今ランキング1位なんで。WWORLD SERIESの-54kgトーナメントのリザーブもやってて、会見でも軽くは言ったと思うんですけど、リザーブも2回やって勝ってリザーブはとりあえず置いといて今回のトーナメントに出てって。HIROYUKI選手とかはRISEに一回ぐらいしか出てないので、そこと同じスタートラインにまた立たないと駄目なのかなっていうので不満はありました。それも会見で言った通り出ることに決めたので、あとは全員倒すだけです。花岡選手もうるさいんで、パッと倒して黙らせようかなと思っています」 ――じゃあ試合ではRISEへの怒りも当然ぶつけるわけですね。 「そうですね」 ――花岡選手に関して膝をもらわなければっていう話がありましたけど、あの膝(カットによるTKO)をもらわなければあの試合では自分が勝てたという確信がありますか? 「1Rか2Rにダウン貰ったんですけどそれも効いたダウンじゃなかったので、そういうところも試合中に見直して、これから倒しに行こうかなっていうところでちょうど膝をもらっちゃったんで。自分の中の焦りとかもあったと思うので、あの試合は負けで認めてますけど、もう一回やったら全く負ける要素がないなって感じです」 ――風音選手との2度目の試合があってから政所選手が覚醒したなって感じがあったんですが、何か自分の中でも最近違うなって変わったなって思ったり、変わるきっかけってありましたか? 「風音の時は一回やってたこともあって、戦ってる時に周りからどう見えてるかみたいなのを意識しながらやってました。自分の中でもらってなくても印象悪かったらポイントを取られたりするとか、そういう見た目とかも考えながらやってましたね。去年、滉大選手と戦って勝ちはしたんですけど骨折して、試合ができなかった期間があったので、そこで自分の苦手な部分を克服したり左の強化をしたりして、こないだもほとんど左で倒して勝ったのでそれはあるかなと思います」 ――前回も聞いたんですが、相手は「怪物」ということで政所選手はRISEの何でしょう? 「これ、キャッチコピーとかになりますもんね(笑)? RISEの『勇者』とかでいいんじゃないですかね(笑)。この間『妖怪』やったからあんま良くなかったかもしれないですね。敵みたいじゃないですか」 ――勇者とはどのようなイメージですか? 「全然イメージはしてなかったです。とりあえず花岡選手の顔がムカつくんで、ボコボコにしようかなと思ってます(笑)」 ――最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。 「次はワンデートーナメントなんですけど挑戦者決定トーナメントなので、大﨑選手に勝てるのは僕しかいないし、それもこの試合で全部わかるんじゃないかなと思うんで、皆さん期待して見ててください」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント