ムエタイ
レポート

【RWS】石井一成がラジャダムナン王者にダウンを奪われ猛反撃も逆転ならず、竜哉も判定負け

2023/10/29 00:10
RWS:Ratchadamnoen World Series2023年10月28日(土)タイ・ラジャダムナンスタジアム ▼第4試合 115ポンド 3分3R×石井一成(ウォーワンチャイプロモーション)判定0-3 ※26-30、27-29×2〇パントア・ポー.ラックブーン(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者)  石井はジュニアキック出身で、アマチュアでは14冠王を達成。2017年2月にはTrue4Uフライ級タイトルを高校生で獲得。2018年12月、トーナメントを制してKING OF KNOCK OUT初代フライ級王座に就いた。WPMF世界フライ級王座、IBFムエタイ世界フライ級王座、BOMスーパーフライ級王座、WBCムエタイ世界スーパーフライ級王座も保持。K-1には2022年8月に初参戦を果たし、12月の「K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント」に臨んだが決勝で黒田に判定負け。2023年はK-1でヨーシラーとテクニカルドロー、7月と9月には『RWS』で連続KO勝利を収めた。戦績は43勝(24KO)13敗3分。  12月9日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 ReBIRTH 2』では王者・黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)とのK-1 WORLD GPバンタム級タイトルマッチが決定しており、その前に現役ラジャダムナン王者と対戦するという試練の2連戦に挑む。  パントアは現ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者で、元7ch王者、元オムノーイスタジアム王者。戦績は81勝21敗3分。  石井の刀でめった斬りにするワイクーを完全に無視する太々しいパントア。  1R、サウスポーのパントアに対して、左へ動きながら距離を詰めていく石井に、パントアは左回りを余儀なくされる。さっそくワンツーで距離を詰める石井。パントアは左ローを蹴っていき、石井は左ボディ。石井が右ミドルを蹴った直後、パントアが左フックでダウンを奪う。一度下がった石井だが、すぐに反撃を開始。左ボディと右ストレート、左右フックでパントアをコーナーへ詰める。しかし、パントアも左ストレート、左右ボディで猛反撃。左ミドルを連打するパントアに石井は右を打つが不発。バッティングで石井は左上をカットし流血した。  2R、右ローを蹴って前へ出ていく石井は右ストレート、左フック、ヒジの猛攻。パントアは下がりながらも左ミドルを蹴り、左ストレートを打つ。この左ストレートに石井は後退、前に出るパントアが前蹴りを連発して石井を下がらせ、左ストレートにつなげる。フルスイングのパンチを繰り出す石井だがヒットはならず、逆にパントアはジャブを当てて前蹴り、左ミドルを蹴る。流血がひどくなる石井。オープンスコアはパントアが10-9×2、石井に10-9を付けたジャッジが1人。  3R、もう後がない石井は序盤からワンツーの連打で仕掛けていく。その猛攻をしのぐと今度はパントアが前へ出て左右のヒジ打ち。石井は下がりながらローを蹴る。強烈な右ボディストレートを打つ石井だが、パントアは前蹴りを返す。前へ出る石井を左右のヒジで下がらせるパントア。石井は連打を放つがなかなかヒットを奪えず、パントアは頭を振ってかわす。最後に飛びヒザ蹴りで勝負をかけた石井だが不発。  1Rのダウンが決め手となり、判定でパントアが勝利。石井のラジャダムナン王者超えはならなかった。 [nextpage] ▼第3試合 112ポンド 3分3R×竜哉・エイワスポーツジム(=奥脇竜哉/エイワスポーツジム/元ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王者)判定0-3 ※27-30×3〇デッチャピチャイ(タイ/元南タイランドミニマム級王者)  竜哉は小学4年生でムエタイを始め、アマチュア時代は約100戦を経験して9本のベルトを巻いた。中1の時にタイでプロデビューを飾り、タイで試合(約20戦)・練習経験を積んで2018年4月に満を持して国内プロデビュー。いきなりWMC世界ピン級王座を獲得して世界王者となった。2019年7月にはタイでIBFムエタイ世界ミニフライ級王座決定戦を制して日本人3人目の同世界王者となり、9月には同じくタイ・ラジャダムナンスタジアムにて日本人として8人目の同スタジアム王者に。2020年2月にKO勝ちでWPMF世界ミニフライ級王座を獲得。怪我で戦列から離れていたが、2022年12月に約1年ぶりの復帰戦で秒殺KO勝ちした。2023年8月にはタイでスーパーチャンプから勝利を収めている。戦績は34勝6敗2分。  デッチャピチャイ戦績は37勝15敗。  1R、サウスポーのデッチャピチャイに竜哉は右ローを奥足と前足内股に蹴る。デッチャピチャイは左ミドルを蹴るが竜哉はキャッチしてパンチをボディに返す。ならばと左ローを蹴るデッチャピチャイ。竜哉の右ボディストレート、左ボディが決まると組み付きに来るデッチャピチャイだが竜哉は抑えつけてブレイクを誘う。離れると徹底的にパンチでボディ、蹴りでローを攻める竜哉だが、デッチャピチャイのミドルが評価されたかオープンスコアは10-9×3でデッチャピチャイ。  2R、デッチャピチャイがローを蹴ればローを返し、ヒジを出して来れば竜哉もヒジを返す。デッチャピチャイのミドルはキャッチしてすかさず左ボディ。前に出てくるデッチャピチャイに竜哉は下がって距離をとるが、デッチャピチャイは組み付いてヒザ蹴り。右ハイを軽くだが当てられる竜哉。右ハイをかわしたデッチャピチャイが左ミドルもヒットさせる。パンチで前へ出る竜哉に左ミドルを蹴るデッチャピチャイ。竜哉のワンツーをもらうとすぐに組み付いてヒザを蹴る。このラウンドも10-9×3でデッチャピチャイがとった。  3Rも左ミドルを蹴るデッチャピチャイに、竜哉は蹴り足をキャッチしてからの左ボディの返し、右ローの返し。このラウンドは前へ出る竜哉がワンツーで攻めていくが、デッチャピチャイは左ミドルを返していく。最後まで前に出た竜哉だったがパンチはヒットさせてもらえず、右ローを当てて試合を終えた。  判定は3-0でデッチャピチャイの勝利となった。 ▼第2試合 105ポンド 3分3R〇そうま(ロンポージム)KO 1R ※右フック×AYOUB ELAMGHARI ▼第1試合 132ポンド 3分3R×中村慎之介(ジッティジム)判定0-3〇JEREMY DEVRESE(フランス)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア