MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来が改めて大晦日不出場を説明「90%以上の確率で出ない」はファンへの誠意、来年夏に東京ドームで自主興行の計画も

2023/10/23 17:10
【RIZIN】朝倉未来が改めて大晦日不出場を説明「90%以上の確率で出ない」はファンへの誠意、来年夏に東京ドームで自主興行の計画も

大晦日格闘技大会に出場する意義が見出せないとした朝倉未来

 JAPAN TOP TEAMとして新体制でやっていくことを発表した朝倉未来が、2023年10月23日(月)に自身のYouTubeチャンネルを更新。SNSに投稿して話題となったRIZIN大晦日大会への不出場表明について説明した。

 朝倉は1週間前、自身のSNSに「大晦日必ず試合に出ないといけない流れ、地上波なくなった時点でもう古い考え方だよなあ」と投稿したところ「けっこう賛否両論でした。けっこう逆ギレ、格ヲタ」と、予想もしなかった反応が返って来たという。

 そのことについて「(格闘技を)地上波でやってたからこそお祭りだったわけよ、今まで。紅白とかガキ使とかに並んで大晦日やってたわけよ。地上波の良さって格闘技に興味のない人でもチャンネルを変える可能性があるわけよ。CM中とかに変えて『おっ、面白そうじゃん』って興味のない人が見る。PPVは間違っても興味がないやつは買わないじゃん。100%興味があるやつが買う訳よ。


【写真】2022年大晦日も出場せず、今年4月の牛久戦が発表された

 俺は総合格闘家でいま日本で一番有名だし、地上波じゃないなら別に出る必要ないよねっていう。別にいつでもいつでもいいじゃないっていう。試合自体。大晦日だから、お祭りだから出ないといけない考え方は意味が分からない」と、大晦日に出なければいけないという意見は意味が分からないと一刀両断。

 今も気持ちは変わっていないとし、「今回は出ないんですけれど、多分。分からないけれどね。気持ちが乗ったら出るかもしれないし」と、出ない可能性の方が高いとする。

 その理由は「出て欲しいって意見も分かるけどさ。今、自分のタイミングでやった方が、自分がやる気になってやった方が気持ちも乗るし、その方がやっぱり結果も出ると思うからさ」と、気持ちが乗らないのに出ても結果につながらないと説明した。

 なぜその投稿をしたかについては「俺がそういう投稿をしたのって、別に黙っておけばいいんだけれど、いま気持ち的に90%以上の確率で出ないって俺の中で思っているのを発信するのって誠意かなと思っていて。もしかしたら出るかもしれないって期待したまま直前に出ないっていう方がガッカリするファンの人が多いかなと思って」と、大晦日に次の試合があることを期待しているファンに対して伝えておきたかったという。

 朝倉はファンに対する「俺なりの誠意」だったと言い、「でも分からない。もしかしたら出るかもしれないし。(カード次第やオファー次第?)そうだね」と僅かに出る可能性はあると付け加えた。


【写真】2021年大晦日は斎藤裕との再戦という大一番に臨んだ朝倉未来

「気持ちが乗ったり、タイミング的に盛り上がる相手がいたら出るかもしれないけれど、今のところは多分出ないと思うので、来年の2、3、4(月)とかRIZINやるのか分からないけれどそこで試合をするのか。分からないけれど」

 さらに朝倉は「来年の夏にとかに自分の興行を開催したいと思っていて。会場がどこをとれるか。例えば東京ドームがとれるかどうかって問題があるけれど、そこに懸けてもいいし。めっちゃ仕上げて。東京ドームがいいかな。新しいものを作りたいというか」と、かねてから口にしているメガイベントを夏に東京ドームで開催したいという意向も明らかに。

 RIZINとは「全く違う物を作る」と言い、「有名なアーティストのライブを入れるとか」と、演出面も考えているとした。

 また、「タイ修行に行っていた。タイで(白川陸斗たちと)ずっと一緒に練習していた」ことも明かし、「もうちょっと気長に待ちましょうよ」とファンにメッセージ。

 最近は「酒をめちゃめちゃ飲み過ぎている。それは事実です。だから11月からやります、本気を出します、朝倉未来、やります」と11月から次戦へ向けて本格始動すると話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア