MMA
インタビュー

【RIZIN】アラン“ヒロ”ヤマニハ「所選手は日本のレジェンド、尊敬する気持ちは常に変わりません」

2023/10/02 00:10
【RIZIN】アラン“ヒロ”ヤマニハ「所選手は日本のレジェンド、尊敬する気持ちは常に変わりません」

(C)RIZIN FF/GONG KAKUTOGI

 2023年10月1日(日)愛知県・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)にて『RIZIN LANDMARK.6』が開催された。

 メインイベントでは、バンタム級(61.0kg)で、愛知をベースとするアラン“ヒロ”ヤマニハ(ボンサイ柔術)が、岐阜県出身の所英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)と対戦

 試合は、寝技師同志がスクランブルする展開のなか、バックを奪うヤマニハに正対から足関節で切り返そうとする所が独自の「UWFとZSTの寝技で」応戦。勝敗は判定3-0でポジショニングを制したボンサイ柔術のヤマニハが、勝利した。

 試合後、ヤマニハは、ポジションを奪いながらもフィニュシュに至らなかった原因を、「一本極めることができない格闘技の試合というのは、ゴールのないサッカーの試合と同じようなものです。みんな見たいのは一本・KOだと思いますので。ただ寝技の上手い、ハイレベルな対戦相手を前にして、それは困難なことです。自分は日本でナンバーワンの柔術のチームに所属していて、それができる能力があると思っています。ただ、対戦相手が強かった、つまりそれは所さんの功績だと思っています」と、所の寝技の動きが上手かったと振り返った。

 また、岐阜出身の所がピンチの際に、地元の観衆から「所」コールを受けたときに、愛知で格闘技を続けるヤマニハにも「ヒロ」コールが起きて、相手への応援を打ち消したことについて、「まず名古屋の皆さんに感謝したいです、応援してくれたこと、きょう自分が名古屋を代表できたこと、応援してくれた皆さんも名古屋を代表していた。それから岐阜は近所なので、岐阜の方が所選手を応援しているということも嬉しかったです」と、両者にとって“ホーム”での試合であったことも語っている。

 メインの勝者との一問一答全文は以下の通りだ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント