キックボクシング
インタビュー

【REBELS】HIROYAが送り込む18歳の秘密兵器・龍聖「1発で終わらせたいです。自分が普通にやれば、相手になんないと思うんで」

2019/08/07 13:08
2019年8月10日(土)東京・後楽園ホール『REBELS.62』の第1試合で、渉生(=しょうい/アントジム)と対戦する龍聖(TRY HARD GYM)。  TRY HARD GYMがREBELSに初参戦。HIROYA代表代行が自信を持って送り込むのは18歳の高校3年生、龍聖である。まだプロ2戦目ながら、7月13日の大会1カ月前会見では「倒したい相手がいる。ポエマーです」と同じフェザー級の栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)を挑発する度胸を見せた。龍聖とは一体、どんな選手なのか。そして、REBELSに旋風を巻き起こすのか。(文・撮影 茂田浩司) HIROYAと大雅の影響でプロ志望に「スーパースターを見てて『こっちに行きたい!』」  龍聖がキックを始めたのは小学1年生。K-1が大好きだった父親の影響だった。 龍聖「ちょうどHIROYAさんがK-1甲子園で優勝した頃にキックを本格的に始めたんです。まだTRY HARD GYMはできてなくて、近くのジムに入って。そのころ、一緒に写真を撮ったんですよ」HIROYA「ディファ有明だったかな。大雅がアマチュアか何かに出て、僕が付き添いで行ってて、小学生の龍聖と写真を撮ったんです」  小3から3年間は、サッカーと並行してキックをやっていたが、TRY HARD GYMに移籍してからキックにのめり込んだ。 龍聖「トライハードに入門したのは、小6か中1だった気がします。子供のころは憧れた選手もいなかったけど、HIROYAさん、大雅さんたちスーパースターを近くで見てたら、こっちに行きたくなるじゃないですか(笑)」HIROYA「小さいころから『上手いな』と思ってましたけど、こっちに来てから体が一気にデカくなって、どんどん強くなったんです」龍聖「他のジムでは『新しく入ってきたら、最初にボコボコにして』みたいのがあると聞きますけど、トライハードはHIROYAさんもノップ(トレーナー)も『そういうのは良くない』という考えで、そういうことはないです。 よく覚えてるのは、大雅さんに遊んで貰ってたんです。大雅さんは手を出さず、俺が一方的に打ってて、全然当たらないんですけど、やってるうちに何かを掴んだんですよ。ジュニアのころはパンチが当たらない、蹴りしか蹴れない感じだったのが、勝手にパンチも当たるようになってきて」  TRY HARD GYMでは、元ムエタイ王者のノップトレーナーの指示のもと、HIROYA、大雅、松倉信太郎、堀尾竜司ら所属のプロ選手や、出稽古に来るプロ選手たちに揉まれて、龍聖は急速に実力を伸ばしていく。 HIROYA「龍聖は頭が良くて、吸収するのがものすごく早いです。大雅や松倉とか自分より実力が上の選手と一緒に練習してても、引かないで、いろいろと試しながらやってるんですよ。だから、自分の技術が身につくし、向上していく。あと、いい意味で『ムエタイかぶれ』じゃないけど、ノップの言うことをよく聞いて、すぐできるようになったり。去年の夏はタイに3週間合宿しに行って、もともとできなかった首相撲の基本を覚えて、帰ってきたらできるようになってたんです。今は(緑川)創さんとやっても、そんなに負けないぐらいできますよ」龍聖「人間性も変わりました(笑)。TRY HARD GYMに入る前、ジュニアでも結構試合してるんですけど、同じ階級の中では背が高かったんですけど体がすごく弱くて、首相撲でぶん投げられたり、試合前から気持ちで負けたり(苦笑)。小さいころはいじめられることもあったし。でも、今は体も強くなって、組んでも負けないし、負けん気も(笑)」HIROYA「気の荒さはすごく大雅と似てるんですよ」  4月のプロデビュー戦は3RでKO勝利を収めたものの、持ち前の気性の激しさが試合中に出てしまった、という。 龍聖「『俺、何やってるんだろう?』みたいな感じでした(苦笑)。自分のスタイルじゃない『殺す!』みたいなことしか考えられなくなってて、いつもの自分と真逆な感じで空回りして(苦笑)」HIROYA「試合で感情を出すことはいいんだけど、冷静にコントロールしながら出せたら最高なんだけどね。この前の龍聖は、感情的になって、大振りになって。そうなると穴も出てくるし」龍聖「あの後、ずっとノップにいじられて(苦笑)。自分は、大雅さんみたいな元々持ってる野性的な、ババババーン、っていうタイプじゃないんですよ。HIROYAさんみたいに、しっかりと相手を見て、テクニックで戦っていくタイプなんです」HIROYA「いくら感情的になっても、ノップがいつも言っている基本的なことさえ忘れずにやれたら間違いないよ」 [nextpage] ポエマー(栗秋祥梧)を食ったら美味しい  今回はヒジありルールだが、ヒジあり、なしには特にこだわりはない、という。 龍聖「昔、ノップに言われたことがあるんです。『団体が10個あって、そのうち3個がヒジなしだと、ヒジなしに絞るとその3個しか出られないでしょ。でも両方できたら、お前、どこでも出れるじゃん』って。それがすごく響いて、なんでもできる選手になりたいんですよ」HIROYA「龍聖ならどちらもやれると思います。それで自分の方向性が見えてきて『あのベルトが欲しい』となれば、そこを目指せばいいんじゃないかな」  龍聖の目下の課題は「学業」。今回の試合が終わると、11月までは試合をせず、学業に専念するという。 龍聖「中学の時は結構勉強ができて、学校で一番頭が良かったんですよ(笑)。でも、どっちも中途半端というか、かみ合わない時期があったりして、高校では今、ちょっとまずいっす(苦笑)」HIROYA「勉強はした方がいいし、大学も行った方がいいってずっと言ってるんですけど(苦笑)」――高校に入ってからは全然勉強してこなかったそうですけど、大丈夫ですか?龍聖「多分、俺、やればできるんですよ(笑)。やったヤツはブアっと成績が上がったりしてるんで。だからやったらできるっす」HIROYA「やりなよ(苦笑)」龍聖「気合いっす(笑)。やらないと、熊谷家をクビになりそうなんで(苦笑)。11月まではしっかりと勉強して、12月に試合をしたいですね」  学業専念の前の今回のREBELS。納得した試合をすることが目標だ。龍聖「1発で終わらせたいです。自分が普通にやれば、相手になんないと思うんで。レベルは普通に違うと思うし、しっかりと見て、穴が見えたらバーン、と1発で倒したいです」HIROYA「龍聖は技術的に上手いんですけど、倒しに行くときは上手さをパワーに替えられるんです。そういう強さ、倒す力を持ってるので、僕も楽しみです」  ちなみに、REBELS恒例の大会1カ月前会見で、龍聖は「ポエマーを倒したい」と栗秋祥梧を挑発したが、ちゃんと事前にHIROYAに許可を取ったという。 龍聖「いきなり俺が煽って、HIROYAさんに『ジムをクビだ!』と言われたら困るので(笑)。ちゃんと確認しました」HIROYA「注目を集めることは大事だと思うし、煽るのもいいんですけど、ちゃんと節度を持ってやらないとダメ、ということは言ってます。そうしないと、格闘技自体が『程度が低い』と思われたり、親が『子供に格闘技はやらせたくない』ってなると思うし。それでジムや格闘家自体が否定されるようなことになったら、意味がないと思うんです」龍聖「上品に、頭のいい感じでやりたいです(笑)。ポエマーは注目度が高いじゃないですか。試合数がすごい多いことだけは認めますけど、テクニックなら負けないと思うし、食ったら美味しいじゃないですか(笑)。自分、注目されたいので(笑)。 自分は結構器用で、スムーズにできるタイプだと思うんですけど、すごい飽き性なんですよ。何やってもすぐ飽きちゃうんですけど、キックだけはずっと楽しくて続いてるんです。キックはまだできないこともあるし『ノップの言ってることをもっとできるようになりたい』とか。そういうのがずっとあって、今は本当に楽しいです。 大学に行きながら、選手としてはこの先もずっとやっていって、どこまで行けるかは分からないんですけど、行けるところまで行きたいです」 「TRY HARDの秘密兵器」龍聖は、REBELS初参戦でいったいどんなインパクトを残せるのか。8月10日は第一試合から目が離せない。 <プロフィール>龍聖(本名、熊谷龍聖)2001年4月11日、神奈川県相模原市出身。18歳。172cm、61kg(通常時)。2019年4月プロデビュー。1戦1勝(1KO)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント