K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】連続秒殺KOの空手出身・大石昌輝「1Rで決めたい」、6勝(5KO)のブハリ亜輝留「圧倒的にKOするのを見せるだけ」

2023/09/28 20:09
 2023年9月29日(金)東京・後楽園ホール『Krush.153』の前日計量が、28日(木)都内にて13:00より行われた。  第7試合のKrushミドル級3分3R延長1Rで対戦する、ブハリ亜輝留(WSRフェアテックス幕張)は74.85kg、大石昌輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)も74.85kgでそれぞれパス。  2015年から2017年までJKJO全日本一般重量級で3連覇を達成、KWF国際オープントーナメント世界カラテグランプリ2020男子85kg未満で優勝するなどフルコンタクト空手界にその名を轟かせ、Krushでプロデビューしてからは連続初回KO勝ちを飾っている大石は「この試合のためにしっかりフィジカルもスパーリングもいろいろ練習してきたので、準備万端なので明日は全力を尽くします」と挨拶。  6勝(5KO)2敗1分と高いKO率を誇るブハリは「このカードが決まった時の会見で、僕は元々6月のミドル級トーナメントに出場したメンバーとの試合を希望していたので不本意だと言っていたが、大石選手の映像を見れば見るほど、大石選手との試合を考えれば考えるほど、空手世界王者で凄い経歴を持っているので相手にとって不足無しだと思うようになりました。ここで倒せばファイターとしてもう一段階上がれる。全力を尽くしてきました。明日は空手王者を倒します」と意気込む。  最も強化してきた点は何かを聞かれると、大石は「得意技を磨いてきました。全てを高めてきました」、ブハリは「過去最高の自分を作るために全てにおいて強化してきました。今は身体もしぼんでいますが、明日はビックリするくらい大きくなるように調整もしてきました」と答える。  大石が「ミドル級らしくスピードとパワーを見せたい。絶対KO決着になると思うのでそこを見せたい」と言えば、ブハリも「今までの僕の試合を見ている通り圧倒的にKOするのを見せるだけです」と、両者ともにKO宣言。 「蹴りが入れば1Rで倒せる自信もありますが、倒される可能性もあるので1Rでどっちにしろ決めたい」と蹴りで初回KOするという大石に対し、ブハリは「僕も同じです。空手王者の蹴りを喰らわずに僕の圧力で蹴りを止められるのか。止められなければ僕のパンチで倒れると思います」とパンチでKOするとした。 「空手は素手素足で打たれるので打たれ強さと、厳しい稽古をみんなやっているのでメンタルも強いと思う」と空手家の強さをあげる大石。「毎週顔面ありのスパーリングをしているので、そこは自信がついているので大丈夫です」と顔面パンチへの対応も問題ないとした。  そして「この試合のために準備してきたので、ブハリ選手も準備をしてきているとのことなので倒したいです」と、改めてKO決着を誓う大石。ブハリは「計量というキツい山場が終わったので、大石選手と明日戦えるのが楽しみです。兄貴と呼んでいるMOMOTARO選手(第6試合に出場)と一緒に勝てるように頑張ります。明日は別人のようにデカくなっているので、それも楽しみにしていてください」と予告した。 [nextpage] ▼第6試合 Krushフェザー級 3分3R延長1R MOMOTARO(OGUNI-GYM/元WBCムエタイ インターナショナル フェザー級王者)=57.5kg 「フェザー級に下げて2戦目で稲垣選手に敗れましたが、このルールでまだ成長できていると思うので明日の試合をお楽しみに。このルールで圧力には負けないように、自分により大きい選手と対人練習を重ねてきました。銀次選手は打たれ強いイメージがあるので、その選手を倒して勝ちたいと思います。ONEからK-1へ来て連敗してまだ結果を残せてない。33歳ですがまだこのルールで成長できていると思うので、しっかり明日勝って、ブハリとは仲がいいので勝利のバトンをつなぎたい」 銀次(VAINQUEUR GYM/初代KPKBフェザー級王者)=57.45kg 「前回の試合が直前でなくなったので今回はその分も爆発したいです。いつも通り攻撃とディフェンスのレベルを上げてきました。スタイルが正反対だと思うので明日はどちらの日になるのか、明日のお楽しみに。明日は気負わずに気楽に自然体で戦う。明日は僕が倒します」 ▼第5試合 Krushバンタム級 3分3R延長1R〇白幡裕星(K-1ジム総本部チームペガサス/初代KNOCK OUT-REDスーパーフライ級王者)=52.94kg不戦勝×齊藤龍之介(ドージョー☆シャカリキ/K-1甲子園2021 -55kg準優勝) ※入江が減量中に脱水症状となり、ドクターストップがかかったため計量に不参加・欠場に。白幡は計量をパスしているため不戦勝となった。 ▼第4試合 Krushバンタム級 3分3R延長1R 吉岡ビギン(team ALL-WIN/9+ nine plus lab./第6代Krushバンタム級王者)=52.8kg 「前回バンタム級に戻しての初戦だったが自分が思うような動きを発揮できなかった。今は何も言わない。明日を楽しみにしてください。自分の持っているものを最大限に出せる練習をしました。(再起へ向けて強化したのは)日々の体重管理です。自分は一番バンタム級を盛り上げられる自信があるし、2強(現K-1王者の黒田斗真、現Krush王者の池田幸司)にも勝っているので僕が王者に一番ふさわしいと思っているので何が何でも勝ちます」 板橋武留(健成會/初代Bigbangバンタム級王者)=52.9kg 「前回の試合は1月で間が空きましたが、ここで勝ってタイトルマッチを組んでもらえるように頑張ります。自分の持っているものを磨いてきました。Bigbangでベルトを獲らせてもらって王者という立場になって負けられない気持ちがあるし、ここで止まっていられないので1試合1試合を大事にして勝てたらいいなと思っています。圧倒的に勝って会場を盛り上げます」 ▼第3試合 Krushバンタム級 3分3R延長1R藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)=52.95kg 「去年の8月に石井一成選手と11月にフランスで負けて自分に足りないところを練習してきたのでそれを出します。自分の持っているものを磨いてきました。Bigbangでベルトを獲らせてもらって王者という立場になって負けられない気持ちがあるし、ここで止まっていられないので1試合1試合を大事にして勝てたらいいなと思っています。納得できる試合をして勝って普通に倒します」 鵜澤悠也(RIKI GYM)=53.0kg 「藤田くんは凄いつまらない感じの静かな子で。特につかみどころがないので、僕が王者になるための踏み台として一方的な試合になります。前回同様、自分のパンチで倒すためにもそれ以外のことをやってきました。いろいろやってきましたが、強いて言うならタイミングとディフェンスですね。(藤田のコメントを聞いて)こういうのがつまらない。だったら記者会見なんてやる必要ない。こんなヤツに負けていたらこの先が見えなくなるので、しっかり勝って池田の首を狙って行けるようにします」 ▼第2試合 Krushスーパー・バンタム級 3分3R延長1R黒田勇斗(K-1ジム心斎橋チームレパード)=54.95kg紫苑(KIZUNA田川本部道場)=54.85kg ▼第1試合 Krushフライ級 3分3R延長1R長野 翔(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)=51.0kg東虎之介(都城大叶ジム)=50.8kg ▼プレリミナリーファイト第3試合 Krushスーパー・バンタム級 3分3R村田健悟(ALONZA ABLAZE)=55.0kg宮本拳聖(K-1ジム総本部チームペガサス)=54.85kg ▼プレリミナリーファイト第2試合 Krushフェザー級 3分3R安晟太(サクシードジム team EXCEED/K-1カレッジ2021 -60kg優勝)=57.4kg関口功誠(ALONZA ABLAZE)=57.45kg ▼プレリミナリーファイト第1試合 Krushバンタム級 3分3R井上海山(POWER OF DREAM)=52.7kg呼良(K-1ジム福岡チームbeginning)=52.85kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.329
2023年11月22日発売
「UFC30周年/RIZIN大晦日を読む」特集は平良達郎と鈴木千裕のSP対談から! 金原正徳、クレベル、斎藤裕、平本蓮らフェザー級勢も。30P超えの「UFC特集」「立ち技vs.世界」も必見
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント