MMA
インタビュー

【RIZIN】クレベル・コイケが予告一本勝ち「間違いない。三角絞めで絶対一本です」勝ったら「ベルトを持っている人と戦いたい」

2023/09/22 18:09
【RIZIN】クレベル・コイケが予告一本勝ち「間違いない。三角絞めで絶対一本です」勝ったら「ベルトを持っている人と戦いたい」

「絶対に一本勝ち」と何度も強調したクレベル

 2023年9月24日(日)さいたまスーパーアリーナ『RIZIN.44』に出場する全選手の個別インタビューが、22日(金)都内にて行われた。

 メインイベントとなる、第11試合のフェザー級(66kg)5分3Rで金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)と対戦するクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)が記者からの質問に答えた。

コンディションはバリバリ、100パーセント


――現在の心境は?

「また試合に戻れて、気持ちはとても嬉しいです。金原さんは凄く強い相手。彼が相手だったら絶対にいいファイトになる」

――どんな試合のイメージ?

「私のイメージだったら自分が一本で勝つ。間違いない。でも簡単な試合じゃないな。大変になるけれど、それでも私が勝つ」

――金原選手から一本取れる?

「間違いないです。三角絞めで絶対一本です」

――金原選手は、クレベル選手に勝てる日本人は自分だけと言っているが? 一番厳しい試合になる?

「私からすれば他の日本人選手と全然変わらない。彼はそう言っていたけれと私はそう考えてない。誰でも日本人でも日本人でなくても絶対に勝ちますよ。全然一番難しいことはない。全然普通です。心配はない。絶対にまた一本勝ちに決まってるよ」

――レベルの高い寝技勝負ができる楽しみはある?

「私が寝技をするのは当たり前。自分の一番のストロングポイントなのだから。いつもと同じです。寝技になる、私がまた一本勝ちする。みんながいつも言うのは、クレベルはキックボクシングはまあまあ、寝技もまあまあ。でも私は一本勝ちしている。次も変わらないです」

──6月に試合をしてクレベル選手が極めた鈴木千裕選手が、11月にアゼルバイジャンでまたベルトに挑戦することになりました。自分より先に、鈴木選手がベルトに挑戦することについてはどう考えている?

「それに関してはまず僕がミスしたから申し訳ない。僕のミスで隙間を開けてしまい結果がこうなった。でもみんな分かっていると思うけれど、僕はまだ試合には負けていないから、僕がまだチャンピオンだと思っています」

――朝倉未来選手と大晦日にやりたいと言っていたことがあったが、その朝倉未来選手はケラモフに負けて今は格闘技の意欲がないと言っていた。それを聞いてどう思う?

「とにかく誰だろうと、チャンピオンになっている人、ベルトを持っている人と自分は戦いたい。とりあえず僕の目的は金原選手に勝って、鈴木千裕だろうとケラモフだろうとベルトを目的にして行きたいと思います。朝倉選手のことは考えていないです」

――今回の減量は順調?

「コンディションはバリバリ、100パーセントです。体重はもうちょっとありますが、何も問題なく試合はできます」

――減量方法は変えた?

「ある程度調整はしましたけど、そんなに大きな変化はなくいつものパターンで落としました」

――ベテランでトップクラスの選手同士が、こういうタイミングで顔を合わせるのはどう思う?

「金原選手はとても経験があり、何をやっても彼はビビらない。やるべきことを全部わかってると思う。でも今は時代が変わっているから、今は僕のターンです。金原選手は大リスペクトしているけど、僕が勝つ。相手がケラモフだろうと誰だろうと勝つ目的しかないですね」

――ケラモフ選手の名前もあがっているが、朝倉選手が完敗しているケラモフともし戦うとしたら?

「私が絶対に一本で勝ちます。間違いないです。ケラモフもキックボクシングはまあまあ、フィジカルは強い、寝技は普通です。私はMMAの寝技はもっと強くなっている。ケラモフと戦うんだったら私が絶対に一本で勝ちますよ、間違いない」

――試合が決まってから時間が多くない中、金原選手はタイ、クレベル選手は日本で調整したことがどんな影響があると思うか?

「今回は特別。自分の地元、家族、生徒の近くで練習したかったんです。サトシ先生も怪我で練習に来れなくて、ヤマニハも自分の試合があったので、いろいろ
自分の練習のためには地元にいたほうが、強くなれると考えました」

――金原選手はスタンドと自分から先手を取ることがキーポイントだと言っていた。クレベル選手は?

「僕は短い期間しかなかったけど、ベストコンディションが出来ました。何をやっても僕は負けないので、彼が特別だとは思っていません」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント