K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】菅原美優「苦手なタイプ」「足が長すぎて困っちゃう(笑)」としながらも「対策はしています」対するネラは「強いパンチを打つ」

2023/09/10 05:09
【K-1】菅原美優「苦手なタイプ」「足が長すぎて困っちゃう(笑)」としながらも「対策はしています」対するネラは「強いパンチを打つ」

同じ黒の上下ウェアで計量をパスした菅原とネラ

 2023年9月10日(日)神奈川・横浜アリーナ『ReBOOT~K-1 ReBIRTH~』(DAZN/ABEMA配信)の前日計量&記者会見が、9日(土)都内にて13:00より行われた。計量は全員が一発でパス(スーパー・ヘビー級と無差別級は参考記録)。


 第4試合のスーパーファイトK-1女子アトム級3分3R延長1Rで対戦する、菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GP女子アトム級王者)は44.85kg、マリア・ネラ(ギリシャ/WAKOヨーロッパ女子-48kg級王者)は44.95kgで計量をパス。


 続いて行われた会見でネラは「とにかく強いパンチを打って頑張っていきます」と、パンチ勝負を宣言。菅原は「まず日本に来てくれてありがとうございます。前回の試合からスパンは短いですけれど、その中でも成長した姿を応援してくれた方に見せるため頑張ります」と意気込み。


 互いの印象を聞かれると、ネラは「とても素晴らしい選手だと感じています。ベルトを持ってるだけの実力がある選手だと思います」と評し、菅原は「凄くアグレッシブで前へ出てくる選手で、自分の苦手なタイプですが対策しているので頑張ります。あと、足が長くて困っちゃいました、向かい合った時に(笑)」と自分の苦手なタイプであるが克服したいとした。


 菅原は7月のディミトラ・アガサゲリドゥに続いてのギリシャ人ファイターとの戦いになり、「45kgにヨーロッパの選手はあまりいないと聞いたので、2連チャンで出来るのを嬉しく思います。外国の人と試合をさせていただくのは、私は経験値が足りないので勉強になるいい機会を与えられていると思って一戦一戦大事にしていきたいと思います」と、向上心をのぞかせる。


 同じギリシャのアガサゲリドゥに菅原が勝っていることをどう思うかと聞かれたネラは「ディミトラはとても素晴らしい選手で技も持っていますが、私は私の試合をお見せしていきたい」と、自分はアガサゲリドゥとは違うと答えた。


 最後に菅原は他団体との戦いについて聞かれると、「RISEの宮﨑小雪選手が自分の名前を出してくださって。女子はまだ交わる機会をもらっていないので、いつかは分からないけれどその機会があったらすぐに応えられるようにいつでも準備はしています。K-1が開国した事で男子に負けずいろいろなところの選手と試合が出来たらいいなと。でも主戦場はK-1なのでK-1で経験を積んでいきたいと思います」と、いつでも戦うと前向きな姿勢を見せていた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント