MMA
インタビュー

【RIZIN】クレベル・コイケ単独インタビュー(後篇)「金原は戦士としての気持ちがまだまだ上がっている」「ケラモフは強いけど驚くことはなかった」「朝倉未来は自身の寝技を過信した」

2023/08/31 15:08
 2023年9月24日(日)の『RIZIN.44』で、金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)との試合が発表された、RIZINフェザー級前王者クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)に、本誌が個別インタビューを行った。  会見では、金原が「戦う巡り合わせ。いままでやってきたことの“答え合わせ“になる。日本人で唯一勝てるのは僕。最後に燃え尽きるなら、この相手なら問題ない。格闘技人生の最後の大一番、クレベル・コイケをブッ倒して、ヴガール・ケラモフに挑戦して、日本にベルトを取り返す」と、自身の格闘技人生の集大成として、進退を賭けて戦う意気込みを語った。  そんな金原に対し、クレベルは「金原さん、試合ありがとうございます。長い知り合いで、一緒にハードに練習しました。この試合は特別。試合やって自分、“チャンピオン”を守りたいです。タイトルマッチをもう1回やりたい。次の試合、頑張ります。ベルトは無いけど、まだ私フェザー級チャンプ」と、剥奪された心の王座を守るとした。  その会見後に、本誌は個別インタビュー。  クレベルは、金原を「ファイターとしての気持ちがまだまだ上がっている」と警戒しつつも、金原の「パスガードの攻防ができるから戦える」の言葉に対し、「いざ実戦になるとできない」と、自信ものぞかせた。  400gの体重超過でベルトを手放しながらも、鈴木千裕に何もさせずに一本勝ち、まだRIZINで日本人相手に敗れていない柔術の“鬼神”が語った、金原正徳戦、ピットブル兄弟との因縁、朝倉未来の敗戦、ケラモフ戦、そしてベルトへの思いとは──(後篇)。 金原選手のスタンドはモノが違うけど、自分もピットブル戦を経て打撃が成長している (前篇からの続き) ──金原選手は会見で「質の高いMMAをやりたい。打撃にこだわることなく、グラップリングを拒否せず、流れのなかで場面場面で決める」と。さきほどクレベル選手が仰った寝技に自信があるなかで、むしろ怖いのはMMAでは必ずスタンディングで始まることでしょうか。 「そうですね、スタンドに関しては彼はセンスがあって、カウンターパンチが当てられて、リズムもある。そう、全部モノが違います。みんな実際に試合したら当てられてびっくりしているけど、そうやって当てられるのもプレッシャーをかけられるのも、全部できるからだし、いっぱい試合も経験していて、プロのキックでも試合をしている。それはちょっと違う」 ──クレベル選手のリズムも独特だし、金原選手のリズム・ステップも独特です。相手が反応し辛いタイミングの打撃を持っています。スタンドで立ち合う自信はありますか。 「もちろん! 自分はパトリシオ・ピットブル戦を経て打撃が成長していると感じたし、もっともっとレベルを上げて強くなりたいと思ってる。自分にはポテンシャルがあると思っているし、キックボクシングをやる、打撃やるぞ、となってもやっぱり試合が始まったら、一番自分ができるし安全な動きはサブミッションなので、それが立ち技から連動しているのが、自分のMMA。そのテイクダウンもさまざまなバリエーションがありますし、すぐに一本勝ちできないとなったらもっとキックボクシングもやりたいと思ってやってきました」 ──金原選手もタイで練習するということでしたが、クレベル選手が出稽古する場所とは異なりますね。 「それはしょうがないです(笑)、たぶん彼はタイガームエタイですよね。日本人はみんなそうだと思う。自分はプーケットファイトクラブで、たまにバンタオにも行くかな? くらいで同じジムになることはないだろうから大丈夫です」 ──磐田と豊橋でも練習環境はあります。タイに行けば、誰かよい練習相手がいるでしょうか。 「それも含めて、タイに行くことはこれからちょっと考える感じです。試合も決まったばかりなので、行くか行かないか、分からないけど、自分としてはチーム、マネージャー、家族やスポンサーについても考えないといけないので。でも、タイに行くのは、練習相手だけでなく、ずっと組んでいるコーチたちもいるから」 ──金原選手は、これまでクレベル選手が対戦した中でももっとも強い選手の一人かと思います。40再で年上ですけど──そういえば動画では敬意を込めて「おじいちゃん」と呼んでましたね。 「おじいちゃんだけど! まだ強くなっている! 歳は関係ないんですよね。気持ちが高いところにあるのが大事というか、ファイターとしての気持ちがまだまだ上がっているのが分かります。だから本当に彼は危ない。MMA IQが高くて馬鹿じゃないし、弱くない」 ──金原選手はこれまでのファイターとしての集大成、すべてをかけてくる。クレベル選手もそれを理解して、金原選手との試合に臨むのですね。 「当然すごくよく分かっています。簡単な試合じゃない。もちろんチャンスがあったら私は一本勝ちですけど、それは簡単ではないと思っています」 [nextpage] 日本人にはまだこの階級で負けてない。誰がチャンピオンであっても大晦日に戦いたい ──クレベル選手も「上がっている」と。たとえば、鈴木千裕戦でも見せたシングルレッグからのボディロックテイクダウン、打撃から組んで倒す、極めるためのバリエーションがMMAとして急激に上がっているように感じます。 「MMAレスリングは、タイでもボンサイでもいっぱい練習しています。それはアメリカのスタイルも、タイのスタイルもだし。ボンサイでも柔術をやりながらいつもやっていますね、ディフェンスからバックに行くだとか、それは普通のことです」 ──ムエタイの組みと打撃もそこに入っているということですね。当時『QUINTET』の時に金原選手と練習していたクレベル選手とは、その点で大きく違うのでは? 「それはそうですが、2人とも変わっていると思います。2人のスタイルの違いもあるけど、自分もレベルアップしているから昔の自分とは変わっています、それは間違いないです」 ──「この試合で勝ったら、次はタイトルマッチ」だと。会見では「ベルトは失ったけど、気持ちはチャンピオンであり続けている」ということも言っていましたね。「自分のベルトを取り戻す」のだと。 「そうです。榊原さんは会見でケラモフが11月のアゼルバイジャン大会でタイトルマッチをやるか、やらないかというようなことでしたけど、誰がチャンピオンであっても自分は大晦日に戦いたいです。私はまだ気持ちはチャンピオンです。日本人にはまだこの階級で負けてないですね。気持ちの面ではまだチャンピオンなんです」 [nextpage] 朝倉未来は自身の寝技を過信した ──朝倉未来選手に何もさせずに勝利したヴガール・ケラモフ選手の強さをどう感じましたか。 「当然ケラモフが強かったと思いますけど、でも、普通です。びっくりすることはなかった」 ──たとえば、KSWで戦ったマテウス・ガムロ選手(元KSW王者・現UFC5勝2敗)と比べてどうですか。 「全然違いますね、ガムロのほうが引き出しは多いし、めっちゃ強い」 ──では、あの力強いケラモフ選手相手にも戦って勝つ自信があると。 「もちろん。間違いないですよ、自分の一本勝ち。ケラモフについては色々言われていますけど、とにかく一番大事なのは気持ちだと思うから。自分の気持ちがそこに向かっているから戦えば、絶対に勝ちますよ」 ──朝倉選手はあの試合でどういうミスをしたと思いますか? 「朝倉選手が間違えたというよりも、ケラモフ選手がしっかりプランを用意してきて、そのプラン通りにできたということかと思います。それができたら安全だという。リスクはあって、危ない瞬間はあるかもしれないわけだけど、こうすれば一番安全に取れるというプランを遂行できた」 ──サウスポー構えで打撃が強い朝倉選手を相手に、ケラモフ選手は絶妙なポジションとタイミングで、ファーストコンタクトでテイクダウンしました。 「そうですね。だから朝倉選手に間違いはなかったと思う。でも、ちょっと最初強く行ってしまってはダメで、ちょっと動いて見ていれば安全だった。ただ、起きてしまったことはしょうがないですね」 ──テイクダウンはされたとして、そこからのリカバリーが厳しかった。すぐにパスガードされて立ち上がりで右を差せないままバックを取られた。結果論ですが、いくつかの段階で対処が遅れたのはなぜだと感じましたか。 「そうですね……。たぶん、朝倉選手は牛久(絢太郎)選手との試合に勝ったばかりで、自分の寝技の技術が上がってるという自信をつけてしまったのだと思います。でも、牛久選手とケラモフ選手はスタイルも違いますよね。ケラモフ選手はもっとレスリングとかグラップリングができるから。牛久選手も柔道ベースでも割と全部できるタイプなのですけど、かといってその全部が、すごい上手っていうことじゃないんです。  でも、ケラモフ選手はその逆というか、レスリングが特別めっちゃ上手くて、グラップリングも上手いんです。ところが朝倉選手は牛久戦を経て“自分はグラップリングが上達している、ディフェンスができる”というような自信をつけていたのだと思います。それがケラモフ選手のレスリングやグラップリングに対してはそうじゃなかったと」 [nextpage] パトリッキーと喧嘩両成敗? 彼が自分と戦いたいというのなら── ──なるほど。ところで、会見でピットブル兄弟に関しては、榊原CEOは「喧嘩両成敗」で、あとはリングでカタをつけてほしいというような発言をしていましたが、場合によっては階級の違うパトリッキーとの試合というのもありなのでしょうか? 「彼が自分と戦いたいというなら、66kgで待っていますので。彼にやりたい気持ちがあるのなら、そうするでしょう。自分が今フォーカスしているのは目の前の金原戦であり、その次にはタイトルマッチです。  一個ずつ考えているんです。揉め事があった、それはそれ。将来やることがあってもいいけれど、いま自分は9月に金原選手と試合をし、大晦日にタイトルマッチに漕ぎ着けるということに100パーセント集中しています。当然ピットブルと戦うとしたら、お金の話になるし、でも今、自分の気持ちはそういうこととは違うところにあるから、とにかくチャンピオンになるまでは──。  たとえばもし自分が負けるとしたら、相手に負けるのではなく自分に負けるということなんですよ。自分がミスや慢心があるからなのです。だから決して油断することなく、自分の間違いを正して強くならなきゃいけないんだっていう、そういうところに集中してやりたいと思っています」 ──緊急参戦したサトシ選手が右手を骨折し、マルキーニョス選手も怪我があるようですね。 「マルキーニョスは重いです(笑)。当然マルキーニョス、サトシを一番大事に思っているのですが、チームとしては、鈴木(博昭)とかヒロ(・ヤマニハ)とか、(鈴木)琢仁、内山(拓真)、(畠山)祐輔……、いっぱいじゃないけど、6、7人と強い練習もできるので。日本での練習も考えています」 ──豊橋のBELLWOOD FIGHT TEAMにも行っているのですよね。 「そうですね。(内藤)大樹もさらに強さを増していますし、キックボクシングだけじゃなくてグラップリングとか色々また練習していきたいです。金原選手は、全部ができるコンプリート・ファイターだから」 ──クレベル選手は、レスリングだけの練習というのはあまりしないのでしょうか。 「常に練習しています。レスリング・コーチというのはいないですけど、柔術の練習のなかでも始めはスタンドから、とか始めるようにしていますし」 ──9月、そのあとは大晦日という想定だとは思いますが、アゼルバイジャン大会には興味がないですか? 「怖いんですよ! アゼルバイジャンでもし何かあったら、絶対本気で殺しにくるでしょ?(笑)」 ──先入観が強すぎますよ(苦笑)。 「だから、アゼルバイジャン大会は、もし行くとしたら、自分は試合せずにセコンドだけですね(笑)」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント