MMA
ニュース

【超RIZIN】「このままで朝倉未来は終わる選手じゃないと僕は思っている」と榊原CEO「朝倉未来の次なる一手がどうなるかとても楽しみ」

2023/07/30 22:07
【超RIZIN】「このままで朝倉未来は終わる選手じゃないと僕は思っている」と榊原CEO「朝倉未来の次なる一手がどうなるかとても楽しみ」

「このままで終わる選手じゃない」と榊原CEOは朝倉未来の復活に期待した(C)RIZIN FF

 2023年7月30日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『超RIZIN.2』の大会終了後、榊原信行RIZIN CEOが総括を行った。


 その中で、メインイベントのRIZINフェザー級(66.0kg)タイトルマッチ5分3Rでヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)に1R2分41秒、リアネイキドチョークで敗れた朝倉未来(トライフォース赤坂)について触れた。


 榊原CEOは「格闘技の本当に真の魅力は圧倒的な現実を目の前に突きつけられること。予定調和で終わらないこと。そのリアリティ。多分、今日多くの未来のTシャツを着て朝倉未来が勝つものだと思って見ていたファンは呆然自失なんだろうなと。ただ、その想いはまた次のものを求めるエネルギーに変わると思います。


 未来は多くを語らなかったと聞いていますが、これは求められる者の宿命で、みんなの今日の切なくて悲してやるせなくてという想いは、応援したその選手が勝利した姿を見ることでしか埋まらないんだろうなと考えています。この先、朝倉未来の次なる一手がどうなるかとても楽しみですが、今日多くの未来を応援しに来てくれたファンみんなが背中を押してくれると。このままで未来は終わる選手じゃないと僕は思っているし、一番悔しいのは朝倉未来であると思います」と、朝倉未来はこのままでは終わらないと話した。


 そして「僕が代弁して語っても仕方ないと思いますが、タイトルマッチにしたことも含めていろいろなものを背負わせすぎたかなという気がしないでもないですが、僕は素晴らしいメインだったと思っています」と、朝倉の労をねぎらった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント