AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN】矢地祐介「もっと泥臭くやってもよかった…」、矢地の涙に堀口恭司「泣くんじゃねえ、男だろ」=7.28『RIZIN.17』で朝倉未来に判定負け

2019/07/29 18:07
7月28日(日)さいたまスーパーアリーナで行われた『RIZIN.17』メインイベントで朝倉未来(トライフォース赤坂)に判定負けした矢地祐介(KRAZY BEE)が、試合後の会見に応じた。 メインの重責のなかで慣れない試合煽りに取り組むうちに、自身の弱さとも向き合い、進化を遂げて朝倉戦に臨んだ矢地だったが、試合はダウンを奪われての判定負け。 ルイス・グスタボ、ジョニー・ケース、朝倉未来といずれも強豪相手に3連敗した矢地は、試合後「ちょっと今は何も考えられない」と話したが、バックテージでは、堀口恭司とKRAZY BEE勢に囲まれ、励まされ前を向いた。矢地の涙に「泣くんじゃねえ、男だろ」と肩を叩いた堀口は、8月18日(日)「RIZIN.18」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)メインでの朝倉海との対戦に向かう。 試合後の矢地との一問一答は以下の通り。 矢地「相手の方が一枚上手でした」 ──試合を終えた感想を。 「悔しいですね。とても悔しいです。それだけですかね」 ──朝倉選手のローキックは効いていた? 「やっぱりヒザ下のローが効いてきちゃって、そこでペースを握られた部分も正直あったっスね」 ──テイクダウントライのときに、相手がロープにヒジをかけたり、トップロープを掴んだりしたことについては? 「まあまあまあ、もう、こればっかりはね。もう何を言ってもしょうがないんで。結果は結果なんで。倒しきれなかった自分の技術に反省という感じですね」 ──ゲームプランとしてどのように考えていましたか。 「(試合前は)あんだけ寝かしに行くみたいな言われ方をしていましたが、そこまでこだわってはいなくて。倒せなかったら打撃で行くし、そのミックスする中でパンチが当たればいいし、テイクダウンできればいいと、固執せずに柔軟に戦っていきたかったですけど、それも含めて相手の方が一枚上手でしたね」 ──最後のダウンは効いていた? 「足がちょっと踏ん張りが効かなかったというのもあるし、多少、まあもらったんで、両方ですね。バランス崩したとの効いたのと」──実際に戦ってみて朝倉選手の印象は? 「まあ、試合巧者ですよね。自分のペースを上手く握るというか、ドシっと構えてやりたいことを遂行していく。もうちょっと俺が強引にでもこじあけるべきだったな、というのが今になって思いますね。もっと泥臭くやってもよかった」 ──終わったばかりですが、今後については? 「……ちょっと今は何も考えられないですね」 (バックステージにて) ◆堀口恭司が矢地と対面 「矢地君は硬すぎだった。一番疲れちゃうし読まれちゃう。相手は柔らかかった。スピードも出るし。でも今回が一番、いい顔をしている。前にみたいにへーっとしているより。でも(気持ちが)入っているけどリラックスした感じがほしかった。入りすぎちゃってガチガチだったから。(矢地がタオルで涙をぬぐうと、堀口は近寄り、肩を叩き)泣くんじゃねえ、男だろ」 【関連記事】7.28『RIZIN.17』全試合詳報朝倉未来「向こうが俺の弱点を見つけたと言ったから、自分の分析をしたんですよ」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事