MMA
レポート

【PFL】西川大和がPFL初戦でコラードに判定負けも「注目に値する」健闘。元UFCオバメルシェ、元ROAD FCミランダ、シュルチ、マンフィオがライト級3P獲得

2023/04/15 09:04
 2023年4月14日(日本時間15日)ラスベガス・ザシアターヴァージンホテルズにて『PFL 3: 2023 Regular Season』が開催された。  北米デビューの西川大和(西川道場・20歳)は13日(日本時間14日)、ライト級(155ポンド/70.3 kgプラス1ポンド許容)戦の前日計量を153.4ポンド(69.58kg)のアンダーでパス。対戦相手のクレイ・コラード(米国)も154.4ポンド(70.03kg)でパスしている。大会の模様は日本ではDAZNで4月15日朝8時から配信された。  修斗世界ライト級王者の西川は、2022年10月にアブダビ開催の『UFC 280』でオクタゴンデビューの予定だったが、「複数の問題によりカードから除外する」ことをUFCが発表。契約関連の確認のためUFCからリリースされていた。2022年11月からタイのバンタオジムで3カ月強の長期合宿を行い、今回のPFL参戦となる。  対戦相手は、元UFCでプロボクサーでもあるクレイ・コラード(米国・MMA21勝10敗)。“カシアス”の異名を持つコラードは、6歳でレスリングを始め、11歳でボクシングを始めた29歳の格闘エリート。  2011年3月にプロMMAデビューすると13勝4敗1NCの戦績で、2014年8月にUFCに参戦。マックス・ホロウェイに3R TKO負け後、4カ月後にアレックス・ホワイトに判定勝ち。ガブリエル・ベニテス、チアゴ・トラターに判定負けでUFC1勝3敗でリリース。その後、MMAで4勝1敗をマークし、2017年にプロボクシングデビュー。プロボクシング9勝(4KO)6敗3分の戦績を持つ。  2021年4月にPFLに初参戦し、いきなりアンソニー・ペティスに判定勝ち。ジョイルトン・ラターバッバにもスプリット判定勝ちで2連勝でプレーオフ進出を決めると、8月のハウシュ・マンフィオ戦で判定負け。  ボクシングで2敗後に、再びPFL2022に参戦し、4月に元UFCのジェレミー・スティーブンスに判定勝ち。6月の前戦ではアレックス・マルティネスにスプリット判定負けしている。  21勝中、10KO・TKO、3つの一本勝ちをマークしており、オーソドックス構えからシャープなジャブ、左右の蹴りも器用にこなし、際のダーティボクシング、ヒザなど近距離の打撃も巧み。MMAでは多くない頭を下げてのダッキングなどパンチディフェンスにプロボクシングのキャリアを感じさせるファイターだ。  コラードは身長180cm・リーチ185cm、西川は身長170cmとライト級としては小柄ながらリーチが184cmあり、近い距離での打ち合いも辞さないコラードに対し、いかに立ちあうか。  コラードはテイクダウンを許すものの立ち上がりにも長けており、2018年に現UFCのダリック・ミナーにリアネイキドチョークを極められて以降は一本負けしていない。スティーブンス戦では激しい打ち合いから一転ダブルレッグテイクダウン、ラターバッバ戦ではバックを取られてのヒザ十字、ガードからキムラを狙うなど寝技に付き合う時間もあり、西川にとっては打撃で遅れを取らず組みの展開でリードを取りたいPFLデビュー戦だ。  PFLはリーグ戦を採用しているため、ヒジ打ちを禁止しており、下になってもパウンドをコントロールすること、さらに下からのヒジを武器とする西川にとって、アジャストが必要なPFLデビューとなる。  日本勢としては、4月1日(日本時間2日)に、工藤諒司(TRIBE TOKYO MMA)がPFL第4戦目で、2021年PFLフェザー級王者モヴィット・ハイブラエフと対戦も初戦は判定負け。翌週の4月7日(日本時間8日)に東よう子(リバーサルジム新宿 Me,We)がマリナ・モクナトキナ(ロシア)と対戦も2R TKO負けと、予選のリーグ戦で黒星発進しており、3週目の日本人選手登場となる西川は、北米の強豪相手に初戦で勝利を掴むことができるか。  各階級のリーグ戦形式で行われるPFLの同級レギュラーシーズンは2試合。各ラウンドのフィニッシュが点数に反映されるポイント制で上位4人に残ればプレーオフ進出。優勝者には100万ドル(約1億3600万円)の賞金が支払われるPFLで西川は優勝を目指す。 ▼ライト級 5分3R〇クレイ・コラード(米国)22勝10敗/154.4ポンド(70.03kg)※3P獲得[判定3-0] ※30-27×3×西川大和(日本)21勝4敗6分/153.4ポンド(69.58kg)  1R、解説から「修斗チャンピオン」とコールされた西川。いつものように『ロッキー』のテーマでケージイン。「コラード選手に限らず、PFL全体的に前に出るアグレッシブな選手が多いので、初っ端から取り合う、フィニッシュしあう展開になるのではと思っています」と語るビデオが流される。  1R、向き合うと体格差がある両者。オーソから、サウスポー構えのコラードに右インローを当てる西川。2発目にコラードはバランスを崩すが、コラードも首相撲ヒザ、続く右ストレートを浴びた西川は後退する。さらに左ボディを当てるコラード。続く左が下腹部に当たりローブローで中断。再開。  右インローでコラードのバランスを崩す西川。ワンツーから左ストレートに繋ぐコラードは金網背に首相撲からヒザを突く。ワンツーから左ボディを突くコラード。西川もワンツー、右ロー。しかし左右ボディを突くコラードに西川は手数が減る。西川の右に蹴り足をつかむコラード。左を顔面と腹に受けて金網に釘付けになる西川。  右ボディストレート、さらに左ストレートを突いてシングルレッグに入るコラード。それを切る西川。金網背にガードを固めて左右で押し返してゴング。  2R、右から左ボディ打ちのコラードに西川は右インロー。さらに左ハイも、それうぃ潰したコラードがパウンド。ニーシールドでしのぎ、ガードから立ち上がる西川は左ミドルを当てて前に! しかしコラードも左の跳びヒザで前に。スリップした西川のガードに付き合わない。スーパーマンパンチで前に出るコラード。左右をガードする西川はまたも右インローでコラードをこかす。  左右ボディから左フック7を当てるコラードは詰めてラッシュ! しかしガードする西川はコラードの左ハイをかわしてシングルレッグへ。同体で倒れて立ち上がり、左ローを当てる西川。徐々にペースを取り戻す。さらに右インローにコラードはヒザを着いてダウン! すぐに立ち上がるが、なおもインロー、左ローを当てる西川にコラードはバランスを崩す。  詰めるコラードはボディ打ちから左を伸ばすが、そこにインローを合わせる西川に手打ちとなりバランスを崩す。  3R、コラードのパンチに左奥足ローを当てる西川! 左右ボディ打ちにコラードに左ロー。さらにシングルレッグから左差しで崩すも、両者立ち上がり。  ボディ打ちで詰めるコラードに西川もヒザを突き、ダブルレッグから引き込む形で三角絞めへ! ここは腕を抜くコラードは担ぎパスから鉄槌。しかし、なおも西川は三角絞め。これも腕を抜くコラードはパウンド。それを頭を振ってかわす西川は蹴り上げで立ち上がり!  がぶりからアナコンダチョーク、アームインギロチンを狙うコラード。ここも下を選択し、三角絞めを狙う西川だが、頭を抜かれると草刈りで足を掴み立ち上がり!  そこを詰めてヒザを突くコラード。今度は明らかに金的に当たり、「ファールカップに当たる音が聞こえた」と解説陣。スイッチして左ロー、オーソに戻して右インローを当てて崩す西川。  序盤の手数はコラード。2R終盤から効かせた西川のローキック、下からの仕掛けはどれだけ評価対象となるか。  判定は3-0(30-27×3)でコラードが勝利し、3Pを獲得。敗れた西川はリーグ戦で0ポイントスタートも、昨年のセミファイナリストのコラードとしっかり視線を合わせて握手をかわし、ケージを後に。現地解説は「注目に値する」と西川の初戦の健闘を讃えた。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇オリヴィエ・オバメルシエ(カナダ)18勝5敗 ※3P獲得[判定3-0] ※30-27×3×シェーン・バーゴス(米国)15勝4敗  ライト級で、元UFCで2022PFLライト級王者のオリヴィエ・オバメルシエが、同じく元UFCのシェーン・バーゴスと対戦。  1R、サウスポー構えのオバメルシェは左ロー、左ストレート。オーソのバーゴスは右ストレートを打ちこむ。左ミドルを当てるオバメルシェ。さらに右回りで前手の右フックも。かわすバーゴスは、逆ワンツーで左を突くが、かわすオバメルシェが左アッパーでバーゴスのマウスピースを飛ばす。  左前蹴りを腹に突くオバメルシェ。バーゴスもサウスポー構えにスイッチして左ロー。右フックの飛び込み。さらに右アッパーを狙う。左ジャブ、左ミドル、左インローを突くオバメルシェは出入り。  2R、オバメルシェの左フックをかわすバーゴスに左右からアッパーを突いて身体を上げさせてダブルレッグはオバメルシェ。金網背に頭を押さえるバーゴスに、オバメルシェはシングルレッグテイクダウンで引き出してそのまま後ろを向かせるとスタンドバックからヒザ、さらに背中に乗って4の字ロックへ。  背負ったまま首を守るバーゴスに、足を解いて着地したオバメルシェは、ボディロック&小外がけでテイクダウン。バーゴスが立ち上がりゴング。  3R、サウスポー構えから左右で詰めて右で差して脇を潜ろうとするオバメルシェ。シングルレッグでテイクダウンして尻を着かせるが、すぐに立つバーゴスに、オバメルシェはボディロック、さらに脇を潜り、背中に乗って4の字ロック。しかし、下に落としたバーゴスが終盤に右ストレートを当てて、アッパー、左右ラッシュを仕掛けるが、ゴング。  オバメルシェが判定3-0(30-27×3)で勝利し、3Pを獲得した。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ナタン・シュルチ(ブラジル)24勝5敗1分 ※3P獲得[判定3-0] ※30-27×3×スティーヴィー・レイ(スコットランド)25勝12敗  さらに、2度のPFLライト級世界王者に輝いたナタン・シュルチが、2022年PFLライト級準優勝のスティーヴィー・レイと対戦。シュルチがフルマークの判定勝ちで3Pを獲得した。  1R、先に詰めるシュルチはカーフキック。レイのシングルレッグを切ってカーフキック、右ストレートを効かせるとシングルレッグでテイクダウン&パウンド。  2Rもシングルレッグを決めるシュルチ。シングルバックから正対したレイをハーフで固めて削る。3R、レイの蹴り足を掴んでテイクダウンするシュルチ。パスガードからマウントも、足を戻すシュルチ。判定は3-0でシュルチが勝利。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ブルーノ・ミランダ(ブラジル)15勝3敗 ※3P獲得[判定3-0] ※30-27×3×アフメッド・アミール(エジプト)12勝4敗1分  ROAD FCでキ・ウォンビンに1R TKO勝ちするなど5連勝中のブルーノ・ミランダ(ブラジル)が、BRAVE CFライト級王者アフメッド・アミール(エジプト)と対戦。  1R、ともにオーソドックス構え。ミランダは右オーバーハンドを振って前に。右ローはかわしたアミールは右を返して返しの左は空振り。ミランダは右を振ってそのまま前進して右ローを当てる。  左ミドル、右ストレートのミランダをブロックして跳び蹴りで押し戻すアミール。シングルレッグに入るが、ミランダはアッパーを当てて、アミールの組みを切り、右アッパー、左フック、さらに詰めるとアミールは低いテイクダウン狙いも切るミランダは左フック! 遠間から左フックを振るアミールの打ち終わりに打ち下ろしの右フックを当てるミランダ! ダウンするアミールの組みを剥がして詰めるがゴング。  2R、オーソから左ミドルをブロック上に当てるミランダ。右の蹴りでアミールをこかすと、組み付きも剥がして、左のダブルから右を突いて前に。アミールのダブルレッグをがぶって切るミランダは、アミールのシングルレッグに頭を押して片足を抜く。  アミールの左フックをかわして左右を突くミランダ。アミールは左インロー。さらに遠間から足を手繰りに行くが、ミランダは左フック! ここも組みに来るアミールを切って右を当てると、アミールはダウン気味に滑り込み。それをミランダは両手を広げて避けてスタンド勝負。  3R、左ジャブを当てたアミール。さらに左右フックも、そこにミランダはカウンターの左フック! 後方に倒れたアミールだが足を手繰り立ち上がり。ミランダは素早い右ローを2発当てて、アミールにバランスを崩させる。 スーパーマンパンチを狙うアミールを切るミランダは前に。そこにダブルレッグからシングルレッグテイクダウンで尻を着かせたアミール。ミランダの立ち際でスタンドバックについて引き込むが、ミランダは金網背に立ち上がり、肩を入れて正対してアミールを突き放すと、なんと跳びヒザで飛び込み、ゴング。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ウシュ・マンフィオ(ブラジル)17勝4敗 ※3P獲得[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×アレキサンダー・マルチネス(パラグアイ)10勝4敗  2021年PFLライト級王者ハウシュ・マンフィオは、PFLライト級準決勝に2度進出したアレキサンダー・マルチネスと対戦し、プレイオフへの復帰を目指す。  1R、ともにオーソドックス構え。先に圧力をかけるマンフィオは左ミドルも、その蹴り足を掴んだマルチネスが組んで右で差して押し込み。マンフィオは右を振って突き放す。  左ハイ、右ローのマルチネスだが、そこに右ストレートを突くマンフィオ。右回りでサークリングするマルチネスを追うマンフィオはマルチネスの右ローに右ストレート。マルチネスは後ろ蹴りで距離を取る。左ハイと左ジャブを突くマルチネスだが、マンフィオの詰めに下がりながらで威力は無い。  2R、詰めるマンフィオにマルチネスは左差して詰めるが切るマンフィオ。マンフィオの詰めに、ひたすら右にサークリングするマルチネス。左の横蹴りもそれを掴んだマンフィオがテイクダウンし上に。マルチネスのガードに上体を放し、スタンドに。  またも左の蹴りを掴まれ下になるマルチネス。三角絞めを狙うが、担いでパスしたマンフィオがバックテイク。亀からマルチネスが立ち上がる。右ミドルハイ、左ハイもさばくマルチネスがそのハイを肩口にかついで倒してゴング。  3R、1、2R同様に詰めるマンフィオに回るマルチネス。左の蹴りを掴んで詰めるマンフィオは、組んできたマルチネスに大内刈テイクダウンも、脇差し立つマルチネス。何週もケージをサークリングするマルチネスにレフェリーがファイトと手を叩く。  ワンツーヒザを突くマンフィオ。マルチネスはサイドキックを出して下がりながら打撃もゴング。判定は3-0(30-27, 29-28×2)でマンフィオが勝利、3Pを獲得した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア