MMA
ニュース

【UFC】“4度目”対戦、ダイレクトリマッチで激突する王者ペレイラ「彼と戦うのは、これが最後」×首輪をつけた挑戦者アデサニヤ「もうすぐ俺は解き放たれる」=4.8『UFC 287』

2023/04/07 18:04
 2023年4月8日(日本時間9日)に米国フロリダ州マイアミのマイアミデードアリーナで開催される『UFC 287』のUFC世界ミドル級選手権試合(5分5R)で、ダイレクトリマッチで激突する、王者アレックス・ペレイラ(ブラジル)と前王者で同級1位のイスラエル・アデサニヤ(ナイジェリア)が6日の会見で、火花を散らした。  2022年11月の『UFC 281』以来の再戦。前回は、初回に当時王者のアデサニヤが左フックでペレイラをKO寸前まで追い込み、その後も打撃で優勢に立ち、テイクダウンも奪ったが、最終5Rにペレイラがショートレンジの打撃で反撃。アデサニヤを金網に詰めて左フックを効かせて、ラッシュ。5R TKO勝ちで新王者となった。  会見で、『ダニー・ザ・ドッグ』(※首輪を外すことを合図に殺人マシンと化す主人公の映画)ばりの首輪をつけて登壇したアデサニヤ。  その意図を問われ、「俺は犬だから首輪をつけてる。もうすぐ俺は解き放たれる」と答えると、「今回、俺はアンダードッグ。みんな、俺を見放したようだけど、忘れっぽいね。最後の結果で判断しているけど、それまでの流れがどうだったかを忘れている。今回の試合で、俺の最強の姿を思い出させてやる」と意気込みを語った。  そして今回のダイレクトリマッチを『8マイル』とも評し、「この試合は俺にとって『8マイル』だ。もう一度、これにすべてを賭ける。持てる力をすべて尽くして、ヤツに最悪の事態をもたらせるようにする」とした。  対するペレイラは「今回も勝つのは自分だ。“勝ち方を知っている”よ。俺のスタイルは彼のスタイルによく合うんだ。過去の対戦相手もやろうとしたかもしれないけど、アデサニヤはとてもクレバーだから(出来なかった)。でも俺は出来るし、ヤツとの戦い方を知っている。誰にも出来なかったことをしたんだ。今回勝って、もう二度と対戦しないだろう。彼と戦うのは、これが最後になる」と、これまでキックで2戦2勝、MMAでの再戦でも勝利し、因縁の戦いに終止符を打つとした。  新王者の言葉に、「もうお喋りは飽きた。みんなだって俺の喋りが聞きたいわけじゃないだろう? 俺の戦いが見たいんだろう?」と打ち切ろうとした前王者に対し、ペレイラは、「これまでの3試合はお前がそれをやっただろう? ずっと同じことを言い続けてきたのに」と揶揄。  アデサニヤは、「関係ないね。俺の言葉を理解していないんじゃないか。俺もあいつの言っていることなんて知ったことじゃないが。今週末に何が起こるかって言えば、俺たちが戦って“最終的には誰が最強なのか”が分かるということだ」と、王座奪還に自信を見せた。 [nextpage] 試合後にアデサニヤはそこ(WWE)に行くことになる(ペレイラ)  4月3日には、「UFC」の親会社エンデバー・グループが世界最大のプロレス団体「WWE」の買収を発表。UFCとWWEは上場企業として一つの株式公開会社に統合させることを発表している。  個別会見では、ペレイラに「WWEに上がる可能性」についての質問も飛んだが、“ポアタン”は「ノーノー、これからの格闘技人生はUFCのなかに留まる。ほかの団体で戦っている自分の姿が想像できない」と否定。一方で、対戦相手のアデサニヤにとっては朗報だとした。 「この合併というか買収は面白いとは思うよ。アデサニヤの将来を考えた買収だと思う。なぜなら、WWEはアデサニヤのための場所だろ? だってこの戦いの後、彼はそこに行くことになるんだから」  因縁のライバル同士、キック時代も含め“4度目”の対戦は、今回もペレイラが勝利し、王座を防衛するか。それとも首輪から解き放たれたアデサニヤが“ラストスタイルベンダー”として覚醒するか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント