MMA
レポート

【DEEP×BLACK COMBAT】大島沙緒里に続き、大原樹里がフィニッシュ勝利。現DEEP王者が2連勝で勝ち越しに王手「もうひとつの肩にもベルトを」(大原)

2023/02/08 00:02
 2023年2月4日(土)、韓国スウォンのスウォン・コンベンションセンターにて『Black Combat 5: Song of the Sword』として「BLACK COMBAT」と「DEEP」の5対5の対抗戦が開催された。  BLACK COMBATは、ドラマチックな映像を駆使し、選手のバックボーンとキャラクターを際立たせ、YouTubeでそのストーリーを拡散させることで新たなファンの獲得に成功している韓国の新興MMAプロモーションだ。  日本の「DEEP」は現王者2名と元王者、王座挑戦者を含む5選手を選抜。韓国「BLACK COMBAT」側は、今回の対抗戦に向けて各階級で4選手による選抜戦を行い、代表を決定して対抗戦に臨んだ。  先鋒戦の女子アトム級では、現DEEPミクロ級&DEEP JEWELSアトム級王者の大島沙緒里が、ホン・イェリン(DK Gym)に3R、腕十字による一本勝ちでDEEPが1勝を挙げている。 ▼先鋒戦 女子アトム級〇大島沙緒里(AACC)11勝3敗[3R 0分59秒 腕十字]×ホン・イェリン(DK Gym)4勝3敗  続けて次鋒戦のライト級にも、現DEEP王者が登場した。  迎え撃つのは、MMA5勝4敗1分のユン・ダウォン。キャリア3戦目でDEEPでキャリア35戦目の横田一則に2R 一本負けを喫したものの、以降は4勝2敗1分。フェザー級を主戦場としながらも、今回、ライト級にエントリーしたことについて「一つ上の階級くらいは制することができそうだから」と説明。  選抜戦では、1回戦で元UFCのバン・テヒョンに判定勝ちすると、決勝でかつて西川大和にKO勝ちしている“脱北ファイター”のチャン・ジョンヒョクと再戦。リアネイキドチョークで一本勝ちして、ライト級代表となった。 ▼次鋒戦 ライト級〇大原樹里(KIBA マーシャルアーツクラブ)32勝18敗3分[1R 4分39秒 KO]×ユン・ダウォン(MMA Story)5勝5敗1分  試合は1R、ともにオーソドックス構え。向き合うと体格差が際立つ両者。先に中央を取ったダウォンに対し、圧力をかける大原は長い左ミドル。それを払うダウォンにさらに右ミドルハイをガード上に当てる。ダウォンの左の蹴り返しはかわす大原。  ジャブで牽制する大原に左ミドルはダウォン。その蹴り足を掴んだ大原はすぐに右ローを返す。しかしその蹴り足を掴んだダウォンは肩口まで持ち上げて前に。片足立ちの大原は跳びつき三角狙いで引き込み。  左で枕に巻き、背中を着かせたダウォンは鉄槌2発にヒジ。大原は亀から立ち上がりもその際でバックに回るのはダウォン。亀になり、右足をかけさせまいと、右手で外す大原だが、ついに足をかけたダウォンは、両足を4の字ロックで、リアネイキドチョークを狙う。  右手を喉元に入れたダウォンだが、大原が後ろ手を組ませず剥がすと再び亀に戻す。背後からパウンドするダウォン。再び仰向けになった大原は、ダウォンが足を解いたところで腰をズラし、四つん這いから立ち上がりに成功。  そこを詰めて右ストレート、右ミドルはダウォンも、スタンドで距離を取り、構え直した大原は前に。左ジャブでダウォンの頭を上げさせると右ミドルをガード上に。さらに右跳びヒザで飛び込み。後退するダウォン。  左ミドルを打つが、そこに右ストレートを打ち抜く大原! さらにシャープなワンツーでダウォンがダウン! すぐにサッカーキックを放つ大原だが、これはダウォンが完全に倒れたため空振りに。そのまま覆いかぶさり左右のパウンドを連打。さらに中腰からパウンド、蹴りも。  そのスペースで上体を立ててシングルレッグに入るダウォンだが、足を手繰ろうとするダウォンの頭を押し下げ、左手で左足首を持ってコントロールする大原は、手を切ってスタンドへ。  左ジャブを当てる大原。さらにワンツーにダウォンのアゴが上がる。ダウォンは遠間からダブルレッグに入るが、ここは余裕をもって切った大原が差し上げて崩し。離れて立ち上がるダウォン。  なおも左ジャブを当てる大原は、ダウォンの右ストレートをかわして左ミドルハイ。さらに前蹴りを腹に突く。ダウォンのシングルレッグに右を突くと、ダウォンはダブルレッグに切り替え組み付いて前に。右で差して金網まで押し込む。左で小手に巻き、胸につけられた顔を剥がした大原は離れてスタンドへ。  消耗したか、ガードが上がらないダウォンに左ジャブを刺し、右ストレートをヒットさせる大原! 下がるダウォンの左フックの内側に打点の高い右ヒザをアゴに突き上げると、ダウォンは後方にゆっくりダウン! そこに大原がサッカーキック1発を入れたところでレフェリーが間に入った。 [nextpage] 大原「チェゴ! これがライト級の力だ」  ケージに登り、「これがライト級の力だ」とカメラに向かって叫んだ大原。モニター映像は、笑顔の佐伯繁DEEP代表と、凍り付いたようなブラック代表の表情を映し出す。  ベルトを肩に勝者コールを受けた大原は、ダウォンとハグ。  ケージの中のインタビューで「韓国の皆さん、チェゴ!(最高)。ほんとうにYouTubeもそうですけど、街中で会ったら声をかけてくれるし、日本から来たのにアウェー感が無くて、ファイターをリスペクトしてくれるところがすごく温かいなと思いました」と挨拶。  続けて、今回の作戦を問われ「寝技を付き合わない、以上です」と言い、組み技を切ってのサッカーキックは、「そういう相手とばかりやってきたから、何も焦ることなく自然に出た技術ですね」と語った。  また、セコンドに向けて、「14年間、付き合ってくれたので、今日KO出来たのも会長が教えてくれた打撃があったからです」と、元MA日本キックボクシング連盟フライ級ランカーで、現KIBAマーシャルアーツクラブの会長であるランボー松風氏に感謝。  そして、ブラック代表に「まず、ここにBLACK COMBATのライト級チャンピオンいるのかな。いま僕はチャンピオンなんですけど、これ、左肩しか埋まってないですよね。もう1本、右肩に埋めたいので、ちょっとライト級でベルトに挑ませてください。BLACK COMBATの挑戦も受けて立ちます」と王座戦をアピールした。  最後に大原は、「BLACK COMBATファンの皆さん、温かい声援、ありがとうございます。大原樹理の名前、憶えてといてください」と語り、ケージを後にした。  KO負けながら、勝者のコメントの後まで敗者インタビューをケージ内で待たされるのが動画コンテンツの厳しさか。すぐにドクターチェックに向かわせてほしいところだが、マイクを向けられ、フェザー級でDEEPライト級王者に挑んだダウォンは涙。しばらく言葉が出ず。「……勝つ自信もありました。本当に勝とうと思って準備したのに……ごめんなさい」と声を振り絞った。  どんな部分が惜しかったか、と問われ「今回、確かに私はライト級ではないということを感じました。明らかに私が終わらせることができた瞬間があったのですが、力が出なかったんです」と吐露。  最後に「もう一回チャンスをいただければ、私の本来の階級に、フェザー級に戻ってもう一度やってみます」と唇を噛みしめて語った。  これで王者が揃って勝ち星を掴んだDEEPが2連勝。残り3試合中1勝を挙げれば、勝ち越しが決まるが、ここからは佐伯代表が「あの2人は反則」というキム・ミンウとキム・ジョンフンのコリアンモアイ兄弟が控えている。果たして対抗戦の行方は……。 ▼中堅戦 バンタム級山本聖悟(Team Cloud)4勝10敗1分キム・ジョンフン(MOAI GYM)4勝0敗 ▼副将戦 フェザー級中村大介(夕月堂本舗)34勝22敗1分キム・ミンウ(MOAI GYM)10勝2敗 ▼大将戦 無差別級赤沢幸典(Tristar Gym 日本館/Team Cloud)3勝5敗チェ・ウォンジュン(MMA Story)5勝5敗
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.329
2023年11月22日発売
「UFC30周年/RIZIN大晦日を読む」特集は平良達郎と鈴木千裕のSP対談から! 金原正徳、クレベル、斎藤裕、平本蓮らフェザー級勢も。30P超えの「UFC特集」「立ち技vs.世界」も必見
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント