MMA
レポート

【GLADIATOR】フェザー級ジョー・サンビンが中川皓貴をTKOで新王者に、キ・ウォンビンがライト級王座防衛、PROGRESSウェルター級はチェンが森戸に衝撃の一本勝ちで王者に。璃久が逆転KO勝ち

2023/01/22 17:01
◆GLADIATOR020 配信2023年1月22日(日)大会当日に「THE1TV公式Youtube」においてライブ中継中(実況は市川勝也氏、解説はTRIBE TOKYO MMA主宰・長南亮代表)。オープニングファイトは14:30から開始、午前11時より1部「WARDOG41」が開催された(※全写真は後ほど追加)。 BODYMAKER presents GLADIATOR 020××WARDOG41 in OSAKA 速報 【写真】櫻井雄一郎代表と王座戦の中川、ソンビン 【メインカード】(※各選手名から見どころ) ▼第11試合 GLADIATORフェザー級王座決定戦 5分3R×中川皓貴(総合格闘技道場リライアブル)65.7kg[1R 2分12秒 TKO]〇ジョー・ソンビン(Team stun gun)65.8kg  元UFC、現PFLファイターでTFC暫定フェザー級王座獲得経験もあるチョ・ソンビン(韓国・30歳)が来日。中川皓貴(総合格闘技道場リライアブル・26歳)と対戦する。  この試合は、バンタム級転向のためにGladiatorフェザー級のベルトを返上した原口央(BRAVE)に代わる、フェザー級王者決定戦となる。 “グラジの寝業師”中川は柔道出身でMMA9勝3敗1NC。2022年2月の「RIZIN TRIGGER 2nd」でGRACHANの小島勝志を相手に、スタンドで左ミドルを当て、内股からの投げ、ダブルレッグテイクダウンでトップから攻めて判定勝ち。  2022年6月にBRAVEの原口央とのノンタイトル戦でテイクダウンを許すも、2Rにフックガードからスイープし、マウントを奪いかけるなど応戦、接戦でスプリット判定負けした。9月に島村裕に判定勝ちし、王座挑戦を決定的なものにしていた。  対するソンビンは、MMA9勝2敗。黒星の2つは、2019年6月のUFCでダニエル・テイムルに判定負けと、2021年4月の前戦でタイラー・ダイアモンドに判定負けしたもの。それ以前は9連勝で、2018年2月にはTOP FC暫定フェザー級王座決定戦で、RTUで松嶋こよみとも戦っているホン・ジュンヨンに4R TKO勝ち。2017年2月には中村ジュニアも2R KOに下している。  強敵を相手に中川はフェザー級王座を獲得することが出来るか。  1R、ともにオーソドックス構え。ワンツーで前に出る中川。落ち着いてさばくソンビン。続くシングルレッグを切るソンビンも、中川のヒザがローブローに。中断、再開。  中央を取るソンビン。中川の打ち終わりに右フックを打ち抜くと、中川の動きが止まり、ソンビンは中川の組みを潰してヒジ! 金網使い立ち上がる中川は離れるが、ソンビンは詰める。  中川は左ミドルを返すが、すぐに詰めたソンビンは、強烈な左ヒザを腹に突き、中川の低いシングルレッグを頭を押して潰すと鉄槌。  足を手繰りながら立ち上がる中川にさらに首相撲ヒザを突くと、右脇を差して固定しながらヒザ蹴り! さらに左フックを連打。ダウンした中川にさらに左ヒザ、パウンドラッシュ。レフェリーが間に入った。  試合後、ソンビンは、「初めまして、私の名はジョー・ソンビンです」と日本語で語ったサンビンは、続けて韓国語で「試合を観に来てくれた皆さん、ほんとうにありがとうございます。もっと大きな米国の舞台で活動していましたが、怪我を負い、こうしてGLADIATORさんに声をかけていだきタイトルマッチをすることが出来ました。ありがとうございます。プロデビューした大阪でプロデビューする気持ちで戦いました。戦ってくれた相手に感謝します。これから大阪の美味しいものを食べに行きます」と挨拶。最後に再び日本語で「愛してます! ありがとうございます」と語った。 [nextpage] ▼第10試合 GLADIATORライト級タイトルマッチ 5分3R〇キ・ウォンビン(Team Danger)第3代GLADIATORライト級王者 70.25kg[2R 4分58秒 TKO]×グスタボ・ウーリッツァー(BRAZILIAN THAI)挑戦者 69.55kg  MMA16勝8敗のウォンビンは、3年半振りのGLADIATOR出場。2019年7月の王座決定戦でヴィトー・トファネリに判定勝ちで戴冠し、5連勝をマーク。DEEPで岸本篤史、Double Gでオク・レユンに敗れたものの、2021年6月にキム・サンクォンに3R TKO勝ち。  2022年6月には「Road to UFC 2022」でライト級トーナメントに出場。フェザー級から緊急出場した鹿志村仁之助を相手にパウンド&ヒジ打ちで、1R TKOに下して連勝。前戦10月のRTU 2回戦ではジェカ・サラギの右ストレートに1R KO負けを喫しており、今回が3カ月ぶりの再起戦となる。  挑戦者ウーリッツァーはMMA25勝27敗1NCのベテラン。プロデビューから7連勝後、2019年にはBellatorにも参戦。強豪ハイム・ゴザリ、ヴガール・ケラモフには敗れたものの、ブラジルAFTで復活勝利。Titan FCを経て、2022年9月の「GLADIATOR 019」で「ライト級次期挑戦者決定戦」で井上啓太に衝撃の2R 逆転KO勝ちで王座挑戦を決めた。  強靭な肉体から放つ一撃必殺の打撃、そして16の一本勝ちを誇る極めの強さを持つグスタボに、RTU帰りのウォンビンが得意のグランドコントロールで防衛戦を支配することが出来るのか、注目の王座戦だ。  1R、ともにオーソドックス構え。ジョン・チャンソンがセコンドにつくウォンビンは左ミドル。ウーリッツァーは右から左を当てる。ウォンビンは右カーフ。そこに右を狙うウーリッツァー。  サウスポー構えになるウーリッツァー。ウォンビンは右ロー。左ミドルを当てる。金網に詰まるウーリッツァーは金網を蹴って右を突く。  ダブルレッグに入るウォンビンにギロチンチョークを狙うウーリッツァーだが、右足を抜いて着地し頭を抜て上に。左で差して右前腕でスペースを作るウォンビン。ウーリッツァーは足を手繰りに。ディープハーフで腰に頭をつけるウーリッツァー。それを剥がしてヒジ、パウンドのウォンビン。ウーリッツァーはヒザを立てて亀にまで戻すも背後からのパウンドを受ける。  2R、オーソドックス構えから入るウーリッツァー。右カーフを突くウーリッツァーに右を突くウォンビン。右を当てたウーリッツァーだが、マットに足を滑らせ下に。  ハーフのウーリッツァーにパウンドのウォンビン。ウーリッツァーはダブルオーバーフックで凌ぐが、腕を抜いたウォンビンがパウンド。亀から巻き込み前転もついていくウォンビンはニアマウントでヒジ、鉄槌! 右足を手繰ろうとするウーリッツァーだが、連打を浴びて動けず。  止められてもおかしくないが、ウーリッツァーは顔面をガードのまま動けず、2R残り2秒で試合を決めた。GLADIATORライト級のベルトを巻いたウォンビンは「ありがとうございます。手伝ってくれたジョン・チャンソンさんに感謝します。櫻井代表にお願いしたのですが、HEATチャンピオンとか、修斗チャンピオンか、DEEPチャンピオンとやらせてください」と語った。 [nextpage] ▼第9試合 PROGRESS ウェルター級王座決定戦 5分3R×森戸新士(藤田柔術/LEOS JIU JITSU ACADEMY)75.2kg[2R 4分27秒 腕十字]〇ジョセフ・チェン(台湾)76.8kg  2022年のPROGRESSをリードした森戸新士(藤田柔術/LEOS JIU JITSU ACADEMY)と、台湾のジョセフ・チェンが「PROGRESSフォークスタイルグラップリング王座決定戦」に臨む。  2021年JBJJF黒帯ライト級優勝の森戸は、ケージグラップリングであるPROGRESSを牽引した立役者。濱村健、長田拓也に一本勝ちすると、2022年6月には河名マストにスプリット判定で惜敗している。  対するジョセフ・チェンは、2022年6月のADCCオセアニア&アジア予選77キロ級準決勝で、岩本健汰と延長戦の激闘を繰り広げたグラップラー。    テキサスのB-Teamでその岩本とも交流する台湾の若き実力者は、森戸とどんなケージグラップリングを繰り広げるか。  オープンフィンガーグローブをつけてのPROGRESSケージグラップリング戦。  1R、金網に詰めてのでダブルレッグテイクダウンで2Pを奪うチェン。サイドからニーオンのチェン。足を戻す森戸は立つが、すぐについていくチェンが崩すも、ポイントにはならず。  森戸を押し込み、足を掴んでパスを狙うチェン。下の森戸は足首を掴み外掛けも、チェンはニースライスで脇差しパス。マウントを奪う。  2R、詰めて左手をツーオンで手繰って押してのテイクダウンはチェン。2Pを追加し4P。金網に押し込む。背中を着く森戸は足を効かせるが、腰を押さえるチェンはパス。左腕に足を乗せるチェンはマウントへ移行。残り2分11秒。バックを奪い、森戸の右腕を右足で縛ってバック。バッグクラブで2Pを追加。  6-0のなか、右手は抜いた森戸。両足をフックするチェンは4分27秒、腕十字でタップを奪った。評判通りの強さを見せたチェンがPROGRESS ウェルター級初代王者に輝いた。 [nextpage] ▼第8試合 フライ級 5分3R〇宮城友一(DROP)56.5kg[1R 4分56秒 リアネイキドチョーク] ×久保健太(GSB多治見)56.45kg  3回戦で、元ライトフライ級王者の宮城友一が、注目のフライ級で久保健太と対戦する。  39歳の宮城は極真空手出身。プロ修斗公式戦で4勝2敗と勝ち越し。2連勝後、2020年12月に宇田悠斗に判定負けも。2021年4月に西村大地に判定勝ち。2021年9月の「GLADIATOR 015」で現王者NavEに判定負けも、11月のRIZINで安谷屋智弘に1R KO勝ち。2022年は3月に修斗で関口祐冬に判定負け後、RIZINで伊藤裕樹にTKO負け。しかし11月の修斗で鎌田悠介に1R KO勝ちで再起を遂げている。  対する40歳の久保は少林寺拳法出身。DEEP名古屋、PANCRASE大阪大会で4連勝後、2021年10月に鶴屋怜に2R TKO負けも、GLADIATORで中西テツオ、ヤックル真吾に判定勝ち。さらに2022年11月の「RIZIN LANDMARK Vol.4」で岡本秀義にグランドヒザでTKO勝ちし3連勝中だ。  この試合の勝者がNavEが王座に君臨するフライ級タイトル戦線で頭一つ抜けることとなるか。  1R、サウスポー構えの宮城は左の蹴りから。オーソドックス構えの久保に圧力をかけて追うと、押し戻す久保は右前蹴り。左手を伸ばす。喧嘩四つの前手争いから、久保は右手を挙げてから左の飛び込み。かわす宮城に詰める久保が右を当てる。  右回りの宮城は、左ミドルをヒット。久保を呼び込み左インロー。詰める久保は右から左前蹴りもその打ち終わりに組む宮城は、左で差して押し込み。久保の腰が正面を向いているところに右足をかけて手前に引き出しテイクダウン。  ハーフから左で差して右で枕に巻き、久保のブリッジに合わせてマウント。左腕で枕に巻いて右でパウンド。さらに久保が背中を見せたところをバックに。4の字ロックに組んでリアネイキドチョーク。久保は後ろ手を剥がしに行かず、背後の宮城にパンチも、1R残り4秒でタップした。  試合後、宮城は「沖縄からは遠いのであまり応援に来てもらえませんでしたが、YuTubeでたくさん試合を観てくれていると思うので、感謝します。あと、GLADIATORは自分のホームだと思っているし、修斗に出てもRIZINに出ても、GLADIATORのファイターだと思っているので、これからもGLADIATOR一員として一生懸命頑張っていきます。ありがとうございました」と語った。 [nextpage] ▼第7試合 キック スーパーウェルター級 3分3R〇璃久(HIGH SPEEDGYM)SBスーパーウェルター級2位 69.9kg[2R 2分19秒 KO] ※右ボディ×イゴール・シルバ(BRAZILIAN THAI)70.00kg  1R、いきなり右ハイもスリップする璃久。今大会のマット表面は若干、滑りやすいか。  その倒れたところにシルバを思わず蹴りを放とうとする。右ハイから右の連続攻撃も。一気に詰めてのワンツーでダウンを奪うシルバ。立つ璃久は左右ラッシュから右で2度目のダウンを奪う。  サークリングする璃久を追い、右ストレートから左右ラッシュで金網に詰めるシルバだが、打ち合いに応じながら璃久はクリンチ。さらに右ヒザで応戦する。前蹴りで間合いを取る璃久は、シルバの疲労を見て、ワンツーで反撃。  2R、オーソから左の蹴りは璃久。ワンツーで前に出るシルバを凌ぐと左ストレートで前に。右ハイからワンツーの4連打でダウンを奪い返した璃久は、さらに立ち上がったシルバに跳びヒザ。背中を向けて屈んだシルバに右のサッカーキックは反則。  中断後、再開。璃久は右ロー、右ボディストレート、さらに詰めてワンツー、右ミドルで前に。ワンツー、右ボディと上下に打ち分けて詰めると最後は右ボディストレート! 璃久が逆転KO勝ちした。 [nextpage] ▼第6試合 GLADIATORバンタム級 5分3R〇笹 晋久(パラエストラ柏)61.05kg[2R 0分39秒 反則] ※ローブロー×ジョン・オリニド(DyIncredible Fighting and Fitness Center)61.2kg  TRIBEからパラエストラ千葉ネットワーク所属へ、2022年6月大会に続き2度目の出場となる笹は、初参戦時に元バンタム級チャンピオン竹本啓哉とスプリット判定の惜敗も、Gladiatorバンタム級トップ戦線にあることを示した。  そんな笹に対する、オリニドは元UFCファイターのロランド・ディ率いるディンクレディブル・ファイティング&フィットネスセンター所属の19歳。プロMMAキャリア3戦3勝ながら、Gladiatorタレントリレーションに就任した長谷川賢が12月初旬に現地視察を行った際に、ポテンシャルの高さに惚れ抜き、今回の来日が決定した。  プロ公式では3戦無敗で、2022年10月の「URCC 80」ではオーソドックス構えから右カーフキックを効かせて1R TKO勝ち。11月にも「WEC 4」でマルロン・ケインガットに1R TKO勝ちで2試合連続フィニッシュしている。  一方で非公式戦の「ONE WARRIOR SERIES: Philippines」では、URCC4連勝のアーネスト・モンティラのテイクダウンからのキムラに一本負けを喫しており、グラウンドでどこまで成長しているかが見どころだ。  ボクシング王国フィリピンではONE Championsnipで目覚ましい活躍を続けるチーム・ラカイ勢に続けとばかりに、若い世代がボクシングよりMMAに興味を持ち、レスリングやグラップリングの習得に余念がない状況にある。  フィリピンの未知強が、サウスポー構えで確かな実力を持つ笹を相手にどのようなファイトを見せることができるか。  1R、サウスポー構えの笹、オーソのオリニド。右ミドルハイを当てるオリニド。互いの蹴りでバランスを崩したのは笹。下になりディープハーフ。そこにパウンドを落とすオリニドに、左足を抱えてトラックポジションになる笹は右足に両足をからめて広げてバランスを崩す。  差した右でバックも狙う笹は上に。レッグドラッグからサイドに移行し、左で腰を抱き、右で脇差しつつも細かいパウンド。寝かし続ける笹はハーフに入り、パウンド。  オリニドは腰を押して左で脇を差して立ち上がり。両差しの笹の崩しに、押し倒して上はオリニド! 笹は亀から足を手繰って上体を起こして押し込んだところでゴング。  2R、オリニドはワンツー。笹の入りに右ヒザを入れるが、受けながら笹は左で差して押し込み。それを小手に巻いて払い腰はオリニド! 投げられた笹は下からすぐに左で脇差し立ち上がるが、そこにヒザはオリニド。  離れて左ミドルハイは笹。オリニドも右ミドルハイを返し前へ。笹の組みを突き放し、右前蹴りから右ストレートで前進。それをバックステップでかわす笹に、オリニドは右ローも、それは完全に股間に入り、笹は悶絶。そのまま笹は立ち上がれず。試合は笹の反則勝ちとなった。 [nextpage] 【プレリミナリー】 ▼第5試合 バンタム級 5分2R〇溝口 司(矢田道場)60.85kg[判定2-1] ※×ガッツ天斗(パラエストラ綾瀬)60.75kg [nextpage] ▼第4試合 ヘビー級 5分2R〇大場慎之助(パラエストラ東京)99.5kg[1R 1分50秒 首固め]×チョン・ホチョル(TEAM MAD)96.2kg [nextpage] 【オープニングバウト】 ▼第3試合 Progress FSグラップリング・79kg契約 5分2R×井上啓太(日本)78.6kg[判定2-4]〇山田崇太郎(日本)78.6kg [nextpage] ▼第2試合 PROGRESSコンバット柔術 バンタム級 5分2R〇竹本啓哉(ALIVE)61.6kg[1R 2分23秒 リアネイキドチョーク]×江木伸成(藤田柔術/LEOS JIU JITSU ACADEMY)59.8kg [nextpage] ▼第1試合 アマチュア MMAアトム級 3分2R〇セアリ(KINGGYM神戸)47.55kg[判定2-1]×MIYU(DFC)46.45kg 【ポストリミナリー】 ▼第14試合 バンタム級 5分2R×今村 豊(宇留野道場)60.95kg[判定0-3]〇秋田良隆(KINGGYM神戸)60.8kg ▼第13試合 フライ級 5分2R×坪内一将(総合格闘技道場コブラ会)56.15kg[判定0-3]〇陸虎(総合格闘技道場リライアブル)56.3kg ▼第12試合 ウェルター級 5分2R〇スティーブン・ギレスピ(LIONGYM)76.95kg[1R 3分24秒 バギーチョーク]×藤田 大(パラエストラ千葉)76.5kg [nextpage] マリオンアパレルPRESENTS WARDOG.41 結果 2023年1月22日(日)大阪・176BOX(photos by WARDOG) ▼第7試合 WARDOG CAGE FIGHTフェザー級選手権試合 5分5R×拓MAX(HAMBOLT/王者)[判定0-3]○徳野“一心”一馬(UBF/挑戦者)※徳野が新王者に ▼第6試合 フェザー級 5分2R○天草ストロンガー四郎(ソフトコンタクト)[判定3-0]×福田泰暉(TEAM STAKE) ▼第5試合 ウェルター級 5分2R×倉岡寿美津(UBF)[1R 3分57秒 TKO] ※カットによるドクターストップ○キム・ミンソク(韓国/AWE/Team MAD) ▼第4試合 女子50kg契約 5分2R×マドレーヌ(ワールド女子プロレス・ディアナ)[1R 4分20秒 腕十字]○新谷琴美(TEAM AGENT) ▼第3試合 フェザー級 5分2R○田中壱季(ENCOUNTER)[2R 2分49秒 KO] ※パウンド×たかあき(TEAM STAKE) ▼第2試合 フェザー級 5分2R△DAIGO(京都政拳会)[判定0-0]△かずき(ブラザーフッドTEAM KZT) ▼第1試合 フライ級 5分2R○しゅんすけ(OSC)[1R 1分14秒 フロントチョーク]×上田一徹(GROUND CORE)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント