その他
ニュース

NARIAGARI電撃参戦の城戸康裕が皇治に苦言「最初エキシって言ってたじゃん」、ビッグバンでの130kg対決はブルース・リー拳法予告

2023/01/22 13:01
 2023年2月5日(日)大阪・176BOXで開催される『NARIAGARI』の旗揚げ戦の対戦カード発表会見が1月21日、生配信で行われた。  2022年12月16日にK-1との契約解除を発表した城戸康裕(谷山ジム)が会見の最後に出席。 「4日、5日前にオファーが来た。エキシビションと聞いてたけど、皇治くんのジムで軽く練習して『スネ当てどうするの?』って聞いたら『生足で』『どれくらい? 2分1R?』『いや3分』とだんだん話が変わってきて、何、俺けっこうちゃんとやらないといけないんじゃん」と、NARIAGARI参戦の経緯を説明した城戸は、「誰でもいいけど、怪我したくないからね。試合の練習とか一切していない。本当に大丈夫かな。どんなのが来るか。皇治くんと仲良くしておけばRIZINに出れるんじゃないという薄汚い考えもあったし、RIZINに出られる、という確約があれば」と、皇治に条件をつけていた。  その後、城戸は自身のSNSにて「最初エキシって言ってたじゃん笑」と皇治にハメられたとしたが、「生足・8オンスならちゃんと気合いいれるぞ」とスイッチが入った模様。  さらに「対戦相手募集してるみたいだから、NARIAGARIたい奴、きーちゃんと戦っちゃう?」と呼びかけ。確かに名前のある城戸を倒せば、一気に成り上がることが出来るだろう。城戸の対戦相手は1月21日の21時から募集を開始し、24日の21時に締め切る。対戦相手の条件は「格闘技を3年以上続けていて、74kg以下の選手」であること。  また、城戸は本日22日(日)に東京・後楽園ホールにて開催される『Bigbang・統一への道 其の44』で約130kgの前Bigbangヘビー級王者・実方宏介(真樹ジム AICHI)とスーパーエキジビション2分2Rを行う。  城戸は自身のYouTubeチャンネルにて、ブルース・リーが創始した実戦拳法ジークンドーのマスターである石井東吾に協力を依頼。130kg対策としてジークンドーのストッピングとストリートリードを習い、エキシビションで本気で使うと予告した。  この動画が撮影されたのが大会の2週間前ということで、石井氏は付け焼刃は「辞めた方がいい」と忠告するが、城戸はノリノリで「マジで全部出す。これしか出さない」と宣言していた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア