AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【TKO】日沖発に続くか、ALIVE松場貴志が10.9 カナダTKOで王座挑戦

2019/07/07 22:07
【TKO】日沖発に続くか、ALIVE松場貴志が10.9 カナダTKOで王座挑戦

(C)GRACHAN/TKO

10月9日(※現地時間、当初の9月13日から延期)、カナダ・ケベック州のモントリオール・ピエール・シャルボヌー・センターで開催される「TKO 49」にて、第二代GRACHANフライ級王者・松場貴志(ALIVE)が、マルコム・ゴードン(カナダ)が持つTKO世界フライ級王座に挑戦することが発表された。

ゴードンはMMA12勝3敗で柔術黒帯。オーソドックス構えでフライ級としては170cmの長身を誇る。TKO世界フェザー級王者のマーク・ホーミニックやサム・スタウト、クリス・ホロデッキらが創設者として名を連ねるアドレナリンMMA所属で、今な亡き名匠ショーン・トンプキンスの孫弟子となる。また、2014年5月にはBellatorにも参戦しており、元UFCファイターのクリス・ケラデスに判定勝ちを収めている。

松場の師匠の一人、日沖発は2006年5月にマーク・ホーミニックからTKO世界フェザー級王座を奪取し、その後2度の王座防衛にも成功しており、同じALIVEからカナダTKOに乗り込む松葉と地元ゴードンの戦いは、松葉が言う通り「世代を超えた弟子同士の対決」となる。

2014年10月から国内では1つの引き分けを挟み10勝無敗の松葉だが、2017年4月にクリミアで行われた「Tech-Krep FC」では現ACBファイターのルスラン・ベリコフに1R TKO負けを喫しており、カナダで行われる国際戦で真価が問われるところ。師匠同様にTKOのベルト獲得なるか。

なお大会の模様は「UFC FIGHT PASS」にて配信される予定。

松場「世代を超えた弟子対決、負ける訳にはいきません」

「ALIVEの松場です。今回は UFC Fight Passでの放映もある大きな団体、カナダのTKOのタイトルマッチへの挑戦権を得ました。フライ級チャンピオンのゴードン選手は、僕の先生の日沖発さんとTKOで激闘を繰り広げた元フェザー級チャンピオンのホーミニック選手の弟子だと聞いています。世代を超えた弟子の対決なので負ける訳にはいきません。それに、僕は日本のGRACHANのフライ級チャンピオンなので、そのベルトも背負っていきます。皆さん、日本から応援よろしくお願いします!」

【写真】2006年5月5日、マーク・ホーミニックからTKO世界フェザー級王座を奪取した日沖発。2R5分00秒、ホーミニックが失神。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事