その他
ニュース

【BreakingDown】朝倉海が女子枠選考会を公開、空手全国3位、プロ格闘家志望、プリンセス、史上最強の清楚系美女、72歳など多彩な面々

2022/12/09 22:12
 朝倉海(トライフォース赤坂)が、自身のYouTubeチャンネルにて『Breaking Down7オーディションに応募してきた女性たちが危険すぎる』と題した女子枠選考会の動画を公開した。  これは応募者の自己アピール動画やシャドーやミット打ちの動画を見て、12月上旬に開催される『BreakingDown7』出場者オーディションの参加者を決めるというもの。 (写真)白川陸斗が「採用」を決めた初代プリンセスを目指すという女性応募者 朝倉は序盤から応募者の顔を見て「採用」と飛ばし、「強さと煌びやかな象徴である初代BreakingDownのプリンセスになるためであればどんなことでもいたします」という自称プリンセスは同じく審査員の白川陸斗が「採用で」と次々に決まっていった。 (写真)勾配ニキこと信原空にオーディション会場でナンパされたという自称彼女の応募者 さらには普段はモデルや女優をしているという「BreakingDown史上最強の清楚系美女」の登場には、朝倉が2度も映像を見るお気に入りぶり。その応募者も「私がBreakingDownのスターになるのでよろしくお願いします」と微笑んだ。 (写真)3児の母でフルコンタクト空手歴7年、全国大会3位の実績もあるという本格派の応募者も 本格派では12歳から18歳までフルコンタクト空手を学び、17歳の時に極真空手の全国大会で3位をとったことがあるという女性。朝倉は「土木ネキと戦ったらいいんじゃないですか」と採用を決めた。また、30歳になったことをきっかけに「本気でプロ格闘家を目指す決意をしました」という女性も。  BreakingDown史上最年長、なんと72歳の応募もあったが、白川は「ダメだ、危ない」としていた。また、勾配ニキの彼女だという女性も出現。アイドルグループ『仮面女子』の元メンバーである胡桃そらからの応募もあるなど、3時間かけてオーディション参加者を選定した朝倉は「けっこう良さそうですね」、白川は「7も凄くなりそうですね」と満足げだった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア