キックボクシング
ニュース

【RISE】バチバチな女子計量、“怖いお姉さん”平岡琴「伸びきった鼻をへし折ってやる。殴り合い一択」対する小林愛理奈は「顔の骨くらい折ってやろうと思う」

2022/12/09 17:12
 2022年12月10日(土)東京・後楽園ホール『RISE 163』の前日計量&記者会見が、9日(金)都内にて14:00より行われた。  第8試合のオープンフィンガーグローブマッチ-46kg契約3分3Rで対戦する、小林愛理奈(FASCINATE FIGHT TEAM/女子アトム級1位)は45.85kg、平岡琴(TRY HARD GYM/女子アトム級2位)は45.95kgで計量をパス。  平岡の方から近寄ってのバチバチのフェイスオフを経て、会見に出席した平岡は「女子初のOFGマッチということで求められていることは分かっています。リベンジ戦になりますが、試合で普通に勝つのは簡単ですが打ち合って勝たないと意味がないし、打ち合いで勝たないとリベンジにならないので真っ向勝負の打ち合いで小林選手の伸びきった鼻をへし折ってやります」と、いきなりの挑発で“怖いお姉さん”ぶりを発揮。  対する小林はムッとした表情で「女子のOFGマッチは初めてなので気合いが入っています。普通にぶっ倒します」とKO宣言した。  そのOFGを付けた感想・感触はどんなものか。平岡は「普通のグローブとは全然違くて最初はしっくりこなかったんですが、この1カ月で殴り方、避け型が染みついて来たので今では普通のグローブよりやりやすいですね」、小林も「元々空手をやっていたのでやりやすかったんですが、普通のグローブとは別物なので殴り方や避け方をそれぞれ変えてきました。今はやりやすいですね」と、両者ともすでに馴染んでいる様子。  女子初のOFG戦、その幕開けにふさわしい試合とはどんなものか。平岡は「殴り合い一択。私が最後に立っています」、小林も「私と殴り合ったらすぐに終わります」と、バチバチに言い合う。  平岡に「普通に勝つのは簡単」と言われたことに対し、小林は「私の左フックを一発もらってよろけて、そこからグダグダになったったくせにって感じです」と吐き捨てるように答えると、平岡は「前回は打ち合った結果。その打ち合いで今回は勝つと言いました。勝つための試合をやれば勝てるって意味で言ったのに、頭が悪いのかなと思いました」とさらに過激な言葉で挑発する。  女子2人のピリピリした空気が漂う中、平岡は「今回、私のKO負けを予想している人が多いと思いますが、予想通りになる試合ほどつまらないものはない。自分のためはもちろん、観ている人を楽しませるためにも私が勝ちます」と予想を覆すと言い放つ。  それに小林は「明日は自分の試合は年内最後ですが、しっかりKOで勝って25日の(原口)健飛くんにいい形でつなげたい。普通に勝ってもアレなので、顔の骨くらい折ってやろうと思います」と返答した。  前回の試合も女子の年間ベストバウト候補と言われるほどの激闘となったが、今回はOFGマッチということもあり、さらに激しい試合が繰り広げられそうな両者の前日会見だった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア