K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】ブレイク後に反則の後頭部殴打を受け転落→失神したカリミアン「すでに退院し安静にしています」

2022/12/08 12:12
 2022年12月3日(土)エディオンアリーナ大阪で開催された『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の第20試合スーパーファイトK-1ヘビー級3分3R延長1Rで、カルロス・ブディオ(ブラジル)に反則勝ちしたK-1 WORLD GPクルーザー級王者シナ・カリミアン(イラン/SINA ARMY)。  2R、クリンチ状態からブレイクがかかった後にカリミアンが右フックを見舞ってしまい警告を受けた後、カリミアンがハイキックを空振りし、ロープに足が引っかかったところへブディオがレフェリーの制止を振り切るように右フックをカリミアンの後頭部に打ってしまい、カリミアンはトップロープから滑り落ちてあわやリング下へ。幸いエプロンに転落したカリミアンだが失神状態で動くことが出来ず、試合終了のゴング。  レフェリーのブレイクのコール後に後頭部への攻撃があったとの判断で、反則行為によってカリミアンが試合続行不可能となったためカリミアンの反則勝ちとなった。  その後、カリミアンがどうなったかは不明だったが、7日(水)にK-1が公式アカウントにて「シナ・カリミアン選手は試合後、病院へ向かい入院し検査を受けました。現在は既に退院し安静にしております」と英文にてアナウンス。CTスキャンを受けるカリミアンの写真と共に伝えた。  また、この投稿をリツイートしたカリミアンは「私のことを心配してくださっているファンの皆様、本当にありがとうございます」と同じく英文にてファンへお礼を述べていた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント