キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈逮捕で、所属団体プロデューサーが謝罪文「今後の対応を検討しています」

2022/12/06 13:12
 2022年12月5日(日)、KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級王者のぱんちゃん璃奈(フリー)が詐欺の疑いで逮捕されたことを受けて、『KNOCK OUT』の宮田充プロデューサーが6日、謝罪文を発表した。  ぱんちゃん(岡本璃奈容疑者・28)は、那須川天心と武尊の限定サイン入りポスターを偽造して、インターネットオークションで落札者から9万9900円をだまし取ったとして、兵庫県警垂水署により逮捕されている。  宮田プロデューサーは、謝罪文にて、「昨日、各メディアにて報じられましたとおり、現KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級王者のぱんちゃん璃奈選手が、詐欺の疑いで逮捕されました。まずは関係各位とファンの皆様へ、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを、深くお詫び申し上げます。  現在、状況確認を急ぎつつ、今後の対応を検討しています。もし今後、KNOCK OUTとして新たな決定事項があった際は、記者会見またはプレスリリースの形で公式発表させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします」と発表した。  ぱんちゃんは、2022年4月上旬に、練習中の負傷により左膝前十字靭帯断裂の怪我を負い、手術を受けており、復帰へ向けてリハビリ&トレーニングを行っていた。12月4日には試合が近いことをSNSで示唆。「INOKI BOM-BA-YE×巌流島」に参戦を直訴するなど年内のビッグマッチでの復帰を目指していた。  取材によると、取り調べでぱんちゃんは容疑を認めていて、現在は勾留請求がされ、検察庁に身柄が移されており、10日間以内の勾留、勾留延長された場合はさらに10日間の最大20日間勾留される可能性がある。  なお、KNOCK OUTでは、全カード発表済みの12月11日(日)の後楽園ホール大会については、予定通り開催の準備を進めていることも発表している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント