MMA
ニュース

【WARDOG】マドレーヌが3年ぶりMMA出場、新谷琴美と対戦「プロレスラー4年生。痛みの感覚は完全にバグってるよ」

2022/12/01 22:12
 2023年1月22日(日)大阪・176BOXにてGLADIATORと2部制で開催される『WARDOG.41』にマドレーヌ(ワールド女子プロレスディアナ)の参戦が発表された。  マドレーヌは“くびれが美しすぎる格闘家”として2017年5月に『DEEP JEWELS』でプロデビュー。45kgの体重で当時最軽量級のアトム級(-47.6kg)で連敗を喫したが、2018年9月にミクロ級(-44.0kg)が新設されると武井藍にチョークスリーパーで一本勝ち。嬉しい初勝利を飾ったが、2019年3月にはVALKYRIE初代フライ級女王・玉田育子、6月にはしなしさとこと格上に挑むも敗れており、MMA戦績は1勝4敗。2019年5月からはプロレスラーとして活動しており、MMAの試合は約3年ぶりとなる。 (写真)PANCRASEでKARENと対戦している新谷 対戦相手は新谷琴美(TEAM AGENT)に決定。新谷は2021年7月のWARDOG.31でMMAデビュー戦をいきなりメインイベントで行うと、ERIKAを相手に3R、マウントパンチでTKO勝ち。10月には『PANCRASE』に参戦し、KARENに1R、右ヒジのカットによるTKO負けを喫しているが、この試合は本来のアトム級ではなく一階級上のストロー級(52.2kg)での試合だった。この試合は女子MMAルール、50kg契約5分2Rで行われる。 (写真)2019年6月のしなし戦では一度はトップポジションを奪ったマドレーヌ マドレーヌは自身のSNSにて「さすがに大阪復帰は誰も予想してなかったんじゃないかな。プロレス転向のときは散々なこと言われたこともありましたが気づけばプロレスラー4年生。痛みの感覚は完全にバグってるよ」と、タフさを増してMMA復帰戦に臨むと意気込みを綴っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア