MMA
インタビュー

【RIZIN】牛久絢太郎、クレベルには「僕の総合力で勝つ。今回は僕の総合力の高さを皆さんに見せたい」「王者だからって守りに入るつもりはない」

2022/10/21 16:10
 2022年10月23日(日)マリンメッセ福岡『RIZIN.39』に出場する全選手の個別インタビューが、21日(金)福岡市内にて行われた。  メインイベントのRIZNフェザー級(66kg)タイトルマッチ5分3Rで、クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)の挑戦を受けて2度目の防衛戦に臨む王者・牛久絢太郎(K-Clann)は「またRIZINの舞台に上がれることで本当にワクワクしています」と、リラックスした表情。 「減量も順調で、あと残りひと絞りという感じです」と言い、リカバリーについては「そんなに無理に戻したりしないので。皆さんと同じで4~5kgくらいですね」とする。  クレベルの印象を聞かれると「寝技の決定力が凄く高い選手ですね」と評し、そのうえで「僕の総合力で今回は勝ちます。今回は僕の総合力の高さを皆さんに見せたいですね」とオールラウンドな強さで勝ってみせるとした。かと言ってクレベルのMMAファイターとしての実力を過小評価しているのではなく「総合でも凄く強い選手だと感じている」とする。そのうえで総合力では自分が上回るという意味かと聞かれると、牛久は「はい」と力強くうなずいた。  公開練習では勝率を「100%」と言っていたが、改めて聞くと「100以上言ったら意味がないので」と笑いながらも「100以上です」とした。  クレベルが「これまでRIZINで戦ってきた相手よりも打撃があまり怖くない」と発言したことには、「試合で見せます」ときっぱり。三角絞めでの勝利予告についても「しっかり練習してきたのでしっかり対応していきたいと思います。極めるまでの過程で仕掛けも凄く上手だなと感じています。まあ、いろいろな仕掛けがあるので頑張ります」との自信。今回の試合へ向けて黒帯柔術家との練習を経験し、「凄く自信があります。(防御面においても100%?)はい」と答える。  練習に関しては「走り込みだったり、総合のスパーリングの中で押し合ったりする追い込みを入れたり」と、“これ以上やったら死んじゃう”というほど厳しいものだったという。  その先に見据えるものは、との問いには「今はコイケ選手と戦うことに集中しているので、あまり先のことは考えてないです」と答えるにとどまった。RIZINのベルトに関しては「本当にベルトに関しての想いが凄く強くて。それを細かく言っちゃうと長くなっちゃうんですけれど、凄く僕にとっては重いです。重いというか、すごく価値のあるベルトです。僕をより強くさせてくれている、成長させてくれているものです」とベルトへの想いを話した。  また、「僕が見ている感じだと凄く応援してくれている方が多くなって、アンチというよりあったかいコメントを僕は見ることが多いですね。(ファンが背中を押してくれている?)はい、本当にありがたいです。いつも応援ありがとうございます」とファンへの感謝の気持ちを述べた。 「チャンピオンとしてコイケ選手に勝つから僕は意味がある」とし、「チャンピオンだからって守りに入るつもりはないので、本当に試合で見せたいと思います」と、全体的に口数が少ないインタビューとなったが「試合で見てくれ」と締めくくった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント