キックボクシング
ニュース

那須川天心が近況報告「最近は基本、家で瞑想していることが多いです」高尾山の頂上でも瞑想

2022/10/02 15:10
 那須川天心が自身のYouTubeチャンネルを更新し、近況を報告した。  6月19日の『THE MATCH 2022』にて、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に判定勝ち。この試合を最後にキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することを表明している那須川だが、テレビ出演などはあるものの近況を話したのはこれが久しぶりのこと。  那須川は「高尾山に登って頂上で瞑想しました。木に座って。いろいろな人に見られて恥ずかしかったけれど、“あ、那須川天心だ”と言われて恥ずかしかったけれど瞑想してきました」と、高尾山で瞑想をしてきたという。 「最近は基本、家で瞑想していることが多いです。1日1時間は絶対にやるかな」と瞑想をトレーニングに取り入れているようだ。瞑想については今年3月、YouTubeの企画で那須川が前田日明と対談した際、前田から「心静かなる方が勝つ。俺がもし那須川君にアドバイスするとしたら、瞑想というのを真剣にやった方がいいよ」と瞑想を勧められ、那須川は「最近めっちゃやっています」とすでに取り入れていることを明かしていた。  瞑想について那須川は「THE MATCH前からずっと瞑想していて。始めたことによって思考だったり考え方だったり、捉え方とか、より頭がクリエイティブになって冴えるので。時間が減ると思われると思うんですけれど、時間は減らないので絶対やった方がいいです」と瞑想を勧める。  そして那須川は「正直キックをずっとやっていて先が見えなくなっちゃうんですよね。世界チャンピオンになりたい、世界で一番強くなりたいって思うけれど、どうしたら世界で一番になれるんだって考えた時にキックボクシングとかってゴールが無かったから、ある程度やっていろいろなベルトを獲って誰よりも強いって言われたら俺は次に行こうってずっと思っていたので。それがちょうどこの間のTHE MATCHのタイミングで達成できたから次に今ボクシング行こうと思ってるし、どんなことがあるか分からないけれど。でも、いいでしょう。そっちの方が楽しいし」と、次の挑戦としてボクシングへ進む理由を話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア