EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
その他
ニュース

【超RIZIN】魔裟斗がメイウェザーvs.朝倉未来を分析「ガードが変わった」「未来君はいい試合した。メイウェザーは焦ったと思う」

2022/09/26 13:09
【超RIZIN】魔裟斗がメイウェザーvs.朝倉未来を分析「ガードが変わった」「未来君はいい試合した。メイウェザーは焦ったと思う」

途中でメイウェザーのガードの仕方が変わり、作戦を変えたと指摘する魔裟斗(C)魔裟斗チャンネル

 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『超RIZIN』のメインイベントにて、フロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)が2R3分15秒、朝倉未来(トライフォース赤坂)をTKO(勝敗は無し)した。

 同大会をリングサイドで観戦した魔裟斗が、自身のYouTubeチャンネルにて試合の感想や裏話を語った。


「メイウェザー強かったね。超RIZINはメイウェザーのための大会って感じだったね、完全に」という印象を受けた魔裟斗は「未来君はハワイの会見の時よりだいぶ絞れた感じがしたね(約76.4kg)」と話し始める。

「いい試合したね。1R、メイウェザーは焦ったと思うよ。ボディ当ててパンチ力あるじゃん。パンチあるし、凄い緊張感のある間合いだったと思うよ。メイウェザーも簡単に手を出していけなかったじゃん。左のジャブを全然出さないな、慎重にやっているなって感じがした」と、メイウェザーが朝倉のパンチ力をかなり警戒していたのではないかと推測。


「未来君が前の手を出してるのがよかった。メイウェザーもずっと動いているんだよね。的を絞らせない」と、朝倉の前手によるけん制がよかったという。

 しかし「2分くらいかな。朝倉未来がワンツーを、強いパンチを打った。メイウェザーはブロッキングしたけれど。そこからガードを低めにして動いていたのがガードが変わった。相手を中から見られるのよ。そうするとプレスがかけられる。天心の時もやったんだけど、圧力をかけはじめた」と、メイウェザーが構えを変えて圧力をかける作戦に切り替えたと見る。朝倉のパンチを腕で受けても大丈夫だと思ったのかもしれない、とも。


「普通だったら強いな、やりにくいなと思うと思うんだけど気持ちの強さが出た」と2Rも強気な姿勢だった朝倉の気持ちの強さを評価し、「的を絞らせない、動いているのがよかった」と朝倉の戦い方もよかったとする。

 それに対してメイウェザーは「2Rは見切っていたかもね。右ストレートを狙っているのが分かった」と、すでに見切っていたのではないかと推測。


 最後のダウンは「パンチの質が違うんだろうね。あの感じの倒れ方なら立つかなと思ったけれど、想像以上に体の芯に響くパンチなんだろうなと思った」とパンチの質と「当てる場所が上手いのよ。ピンポイントでカウンターのタイミングでさ」と、メイウェザーのテクニックが見られたとした。


「緊張感ハンパなかったね。未来君のパンチ力があるのを知っているから、当たったらメイウェザーでも倒れるんじゃないかなと思っていたから」と緊張感を持って見れたと言い、「5分くらいだったけれど面白かった。生メイウェザー」と、面白い試合だったと高く評価した。

 また、魔裟斗は皇治vs.ジジについて「本当は10オンスでやる予定だったが直前で12オンスにしろと言ってきたらしい」と皇治陣営から聞いた裏話を明かしたほか、「吉成(名高)にはライバルが必要」など、他の3試合についても感想を語っている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント