キックボクシング
インタビュー

【超RIZIN】吉成名高、RIZINのリングで目指すのはKO「お互いやりたいことが明確に見える試合になると思う。カウンターで倒したいですね」

2022/09/23 15:09
 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナ『超RIZIN/RIZIN.38』に出場する全選手の個別インタビューが、23日(金)都内にて行われた。 『超RIZIN』にてRIZINキックボクシングルール53.0kg契約3分3R(ヒジ有り)でバンダサック・ソー・トラクンペット(タイ)と対戦する吉成名高(エイワスポーツジム)は、「今回は超RIZINということで、普段観ない客層の方もたくさん観る大会だと思っています。自分の魅せる試合をしないといけないという気持ちが強いので、よりモチベーションが上がっていますと意気込んだ。  バンダサックについては「タイで元々実績を積んでいる選手ですが、海外の選手との対戦も豊富。タイ人選手は5Rに慣れているので3Rは慣れていなくてエンジンがかかる前に終わってしまうことが多いですが、バンダサックは3Rでもベルトを持っているので1Rからエンジンを懸けてくる相手なのでそこは警戒しています」と、スロースタートではないことを警戒しているとする。 「自分はガンガン倒すつもりで行きますが、相手も来ると思うのでそこを見て欲しいですね。お互いやりたいことが違ってくると思う。相手は前へ出て来て、自分はそれをいなしながら倒しに行くのでお互いやりたいことが明確に見える試合になると思います」とこの試合の見どころを語った。  今回の相手はムエマッドと呼ばれるファイタータイプ。これまで名高は「タイでの試合はムエカオ(首相撲を得意とする選手)のタイプとの試合が多くて。それは自分が首相撲が得意じゃない理由もあります(苦手なタイプを当てられたということ)」とムエマッドとの対戦経験は少ないと言うが、「圧をかけてくると思いますが、それは技のタイミングが合わせやすい。前に来るタイプなのでリスクはありますが、やりやすいタイプだと思っています」と、タイプ的にやりやすいと見ているとした。 「RIZINの試合はKOで勝つことを決めています」という名高。「相手が前へ出てくる選手なのでカウンターで倒したいですね。どの技でも倒して勝ちたいです」と、KOにはこだわりたいとする。  もし、バンダサックが首相撲&ヒザで来たとしたら「そうなると厄介だなと思っていますが、どの展開になっても自分が勝ちます。基本的には相手を見て戦いますが、向こうが仕掛けてこないなら自分から仕掛ける。対策はしています」と、どんな展開になってもいいように準備は出来ているという。  今までのストレートヘアではなく「人生初のパーマ」をかけてイメチェンした名高。「自分の試合を初めて見る人も多いと思うので、そこは分かりやすい試合をしたいと思います」インパクトのある試合を世界に見せたい」と意気込んだ。  また、本日はホームリングである『BOM』が大田区総合体育館にてビッグマッチを開催しており「今から行きます。イッセイ君(石井一成)、朝陽はベルトが懸かった大切な試合なので、その試合を焼き付けて明日の試合に備えようと思います」と、刺激をもらってくると言い残した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント