MMA
インタビュー

【超RIZIN】朝倉未来“足を上げるのもダメ”メイウェザーの細かい要求に「ビビっちゃってるんじゃないですかね」公開練習を見て「太鼓の達人みたい」

2022/09/23 14:09
 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナ『超RIZIN/RIZIN.38』に出場する全選手の個別インタビューが、23日(金)都内にて行われた。 『超RIZIN』のメインイベントにて、RIZINスタンディングバウトルール3分3Rスペシャルエキシビジョンマッチでフロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)と拳を交える朝倉未来(トライフォース赤坂)。当初の予定より約3時間遅れての到着となったが「すいません、スケジュールの管理不足で練習していました」と直前まで練習していたとの理由。  メイウェザーと3度の会見を行った感想を聞かれると「シンプルにだるいなって感じでした」とする。  昨日行われたメイウェザーの公開練習は「観ました」と言い、「『太鼓の達人』みたいだなと思いました。音ゲーやってるのかなって」と一笑。試合展開については「どうなんですかね。やってみないと分からないですね、正直」と話した。  いまだ全貌が発表されていないルールについては「それがね、凄いうるさいんですよ、メイウェザーが。足を上げても(蹴りのフェイント)投げてもダメだと細かく言って来ていて。ほぼほぼ何も出来ないですね。ピュアなボクシングしか出来ないことが分かりました。ビビっちゃってるんじゃないですかね。足も上げちゃダメだと。それは想定外でしたね」と、ナジム・ハメドのガゼルパンチ、あるいはスーパーマンパンチのようなMMAならではの技や戦い方は一切使えないことが分かったという。  メイウェザー戦へ向けての練習で「めちゃめちゃ大きいですね。総合格闘家としての打撃のレベルがさらに上がりました」と言い、「とにかく総合の練習を早くしたい。この2~3カ月、ボクシングの練習ばかりしてきて、たまに総合の練習を挟むとやっぱり総合格闘技が一番楽しいなって思ったので早く総合の練習と試合をしたいですね」と、メイウェザー戦を終えて早くMMAに復帰したいと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント