MMA
インタビュー

【超RIZIN】三浦孝太と対戦するブンチュアイ、MMAの練習は1カ月で挑むも「パンチとヒジを主体に組み立てる」タイの女性ファンは80%が三浦を応援

2022/09/23 12:09
 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナ『超RIZIN/RIZIN.38』に出場する全選手の個別インタビューが、23日(金)都内にて行われた。 『超RIZIN』RIZIN MMA特別ルールのフェザー級(66.0kg)3分3Rで三浦孝太(BRAVE)と対戦する、ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(タイ/サーイゲーオボクシングジム)は「試合を前にして緊張している状態です。この大会に参加できることが出来て嬉しいです」とコメント。 「普段はタイでムエタイをやっていて、現在はボクシングをアマチュアでやっていてそれが活動の主体になっています。今回が初のMMAの試合なので緊張しています。初めての挑戦です」と言い、「今回MMAの試合でオファーを受けてから約1カ月練習してきました。出来る事はしてきました。ムエタイの経験もあるのでそれを駆使しながら、いい試合になるように頑張ります」と、試合のオファーを受けてから1カ月間のMMAの練習で三浦戦に臨むという。 「オファーが来て迷いはなく、すぐにOKしました。いい経験になると思うので、初挑戦ですがやってみようと思いました」とチャレンジのつもりで受けたとする。 「寝技の研究はしてきた」と言うが、「自分はムエタイの経験が他の選手と比べたら多くはないが、ボクシングをやってきたので。MMAは初めての経験でやりにくい部分もあるかと思いますが、パンチとヒジを主体に組み立てていって対応できればと思っています」と、ボクシングのパンチとムエタイのヒジで対応したいとした。  三浦がタイで行ったブアカーオとのエキシビションマッチは見ていて「いい選手だと思いました」と評し、「日本のスーパースターと対戦出来て嬉しい。いい経験になると思う。タイでも三浦選手の女性ファンがたくさんこの試合を見ると思うので自分にとっていいことだと思います。タイ人女性が“コウタ!”と応援している声をよく聞いていて、今回の試合も80%は三浦選手を応援していると思います(苦笑)。出来るだけ面白い試合をしたいですね」と、タイの女性は同国人の自分よりも圧倒的に三浦を応援するだろうと苦笑した。  自分の一番の武器は「パンチ」だとし、「どのパンチでも使えるし、MMAの中でも使える」とかなり自信がある様子。また、「ケージには慣れていませんが、リングはムエタイと同じなので、そんなに緊張しないと思う。その点は有利だと思います」と、慣れ親しんだリングで行う試合には安心感があるとした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント