K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】1回戦で外敵迎え撃つ大夢「このリングの怖さを知らないと思うので僕が教えてあげようと思ってます」=初代王座決定トーナメント

2022/09/22 20:09
 2022年9月24日(土)東京・後楽園ホール『Krush.141』にて、「初代Krushフライ級王座決定トーナメント」に出場する大夢(WIZARDキックボクシングジム)が京都の所属ジムにて公開練習を行った。  大夢はこれまでK-1 JAPAN GROUPで3戦3勝2KOとフライ級の中でも抜群の攻撃力を持つ選手として注目を集めている。この日のミット打ちでも破裂音のような音を響かせ、トレーナーの持つミットを弾き飛ばすような強烈なパンチを披露した。 「調子はいいですね。いつどんな時でも戦えるようにと教わっているのでいい感じです」と、既に臨戦態勢で「フライ級って言ったら軽いって思われてるんですけど、軽いだけじゃなくて最速で相手を倒せる階級っていうのを僕が体現していくので楽しみにしていてほしいです」と、Krushらしい激しい攻防に、フライ級らしいスピーディーさも加えた試合内容に注目してほしいと話す。  今回のオファーを受けた時の心境を「フライ級は役者が少なかったので、まだ(トーナメントは)できへんやろなと思ってたんですけど、こうやってすぐ組まれて嬉しかったですね」と話す大夢。「Krushフライ級ができて、僕はK-1 JAPAN GROUPでしっかりフライ級でも倒せるところは見せられていると思っています。前の萩原(秀斗)選手との試合で言わせてもらったんですけど、僕がフライ級にいるので安心してって感じです」と、トーナメント制覇に向けて自信に満ち溢れている。  トーナメント1回戦で対戦する天馬はWMC日本ライトフライ級王座を獲得し、今回がKrush初参戦。天馬の印象を「ムエタイスタイルでいい選手」と評する大夢だが「このリングの怖さを知らないと思うので僕が教えてあげようと思ってます」と一刀両断。外敵を迎え撃つというほどの意識はしていないというが「他団体のチャンピオンと聞いているので楽しみですね」と、気負いは一切なく「自分の動きをしたら完璧にしたら勝てるかなって感じです」と完全勝利を掲げた。  今年8月に開催されたK-1フェザー級世界最強決定トーナメントで準優勝した斗麗、その弟“狂拳”迅とともにWIZARDキックボクシングジムの一員として注目される大夢は、「2人とは昔から一緒に試合よりきつい練習をしてきました。仲間が活躍するのは嬉しいですし、仲間が負けて辛い時は僕も辛い。二人に負けへんぞっていう気持ちです。今、WIZARDって言ったら斗麗・(“狂拳”)迅ってなるかもしれないですけど、その中で一番最初に大夢と言われる存在になっていきたいですね」と自身も新世代を代表する1人になると誓った。  そして「最速で相手を倒す。フライ級がそういう階級だと実現させていきたい」と意気込んだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント