キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】“職業イケメン”壱「僕のオーラは女性には分かるので男性には分からないかもしれない」=スーパーバンタム級王座決定トーナメント出場4選手コメント

2022/09/22 19:09
【KNOCK OUT】“職業イケメン”壱「僕のオーラは女性には分かるので男性には分からないかもしれない」=スーパーバンタム級王座決定トーナメント出場4選手コメント

優勝候補と目されている壱・センチャイジム

 2022年9月23日(金・祝)東京・後楽園ホール『KNOCK OUT 2022 vol.5』の前日計量&記者会見が、22日(木)都内にて正午より行われた。


 今大会から開幕する「第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント」。準決勝の第5試合で対戦する壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム)は54.9kg、大野貴志(士道館新座ジム)は55.0kg、第4試合で対戦する森岡悠樹(北流会君津ジム)と炎出丸(クロスポイント吉祥寺)は共にリミットちょうどの55.0kgで計量をパス。


(写真)大野貴志

 炎出丸は「やることはやってきたので明日は森岡君をぶっ飛ばしたいと思います」と言い放ち、森岡は「この試合に懸けるために最高に仕上がりました。炎出丸選手のキャリアは3倍以上ありますが全局面で上回って勝ちたいと思います」と意気込む。


(写真)森岡悠樹

 大野は「今日まで出来ることは全部やり切ったので、あとは明日結果を残すだけです」と言い、壱は「実力差と華を試合で魅せます」と微笑んだ。


(写真)炎出丸

 以下、会見での質疑応答。

――今日のためにどんなことをやってきたか。また、どう勝ちたいか。

炎出丸「いつも通り自分を高めることをやってきました。森岡君のアゴにパンチを当てることを意識してやってきたので明日はコツンと当てて倒したい」

森岡「自分は炎出丸選手にスタミナがないとか言われてしまったので、そこを大事に3R最後まで倒せるようにしてきました。炎出丸選手は得意技が首相撲くらいかなと思って仕上げてきたので、そこを見せたいです」


大野「倒すことは考えていますが、自分の中にこれで倒せるという技が何個かあるので、それをどこで出そうかなって感じです」

壱「特別な練習はしていないので、これで決めるという技を決めているので、ひとつREDらしい技で決めます

――目の前にあるベルトを見てどう思う?


炎出丸「目の前にあるけれど足元をすくわれないように。とにかくまずは明日ですね」

森岡「明日はベルトのためのただのステップだと思っています」

大野「自分も明日勝って、その次にまたベルトのことを考えたい」

壱「このベルトが似合うのは俺しかいない。キラキラしていて俺にしか似合わないと思っています」


――形容で見た相手の印象・感想は?

炎出丸「特に何も感じはしませんが、気持ちが乗っているのかなと。ただ、のりすぎていると足元をすくわれるよと伝えておきたいです」

森岡「キャリア70戦だから落ち着きはあると思いますが、僕はまだフレッシュさで明日は行きたいと思います


大野「自分で言っているオーラが計量では見えなかったので、明日はそれが見えたら嬉しいと思っています」

壱「顔を見ちゃうとスイッチが入るので、なるべく相手の顔は見ないようにしています。あと、僕のオーラは女性には分かるので男性には分からないかもしれないです」


――最後にファンへのメッセージ。

炎出丸「会場に来れない人はツイキャスで、会場に来れる方はアツい応援をしてもらえればなと思います」

森岡「トーナメントの初戦が自分たちなので、価値あるトーナメントにするために盛り上げていきます」


大野「自分が出るからには絶対に盛り上がる大会になるので、それをみなさんに証明したい」

壱「明日は試合で全てを咲かせます」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント